オーストラリアのコーヒー文化

世界中のコーヒーが集まる     オーストラリア人は、世界中で見ても。コーヒー愛好家の特に多い国の一つといえます。 オーストラリアは、世界のほとんどの国から、コーヒー豆を輸入し、受け入れています。 さらに、オーストラリアのコーヒー文化は都市の中心部、トレンディなビーチサイドの休暇のための保養地に縛られているわけでは無く、多数の国の町、ワイン産地、と関係しています。 コーヒーは、1788 年に、最初の艦隊に積まれて持って来られました。品質に関しては疑問符の残るものでしたが、1950年台に質の良いエスプレッソ コーヒーが導入されるまで続いていました。 これは主としてヨーロッパからの移民の影響が大きく、イタリア、ギリシャ、フランス、トルコ、オーストリア、ハンガリーなど、いつも自宅でコーヒーを楽しんでいた家族たちの影響ですが、彼らにするとオーストラリアで、常に近所のカフェで、人気のエスプレッソやラテを見つけることは簡単ではなかったようです。       コーヒーの消費量は劇的に増加     過去数十年、コーヒーの消費量は劇的に増加し、現在、オーストラリア人一人当たりの年間コーヒー消費量は2.9 kg。50年前はわずか0.6 kgでしたから、その増加ぶりが分かります。     カフェの大規模なオープンもありますが、屋外の飲食に最適な気候で、ショッピング モール、ビーチ、公園、路上のカフェ、テーブルでコーヒーを楽しむことができるのも一因となっているようです。    

ベトナムのコーヒー文化

独自のコーヒー   現在、ベトナムのコーヒーは、重要なビジネスとなっています。それは、単にこの可能性のある飲物を味見だけでは十分でありません。準備方法を学ぶことは、完璧なコーヒー経験の重要な一部です。     ベトナムのコーヒーは世界中で知られており、世界中至る所から来た人々は、この国に来て、コーヒーを味わい、その産業と1800年代中頃にまえ遡る文化を知る事になります。     ベトナムのコーヒー文化はフランスの影響とベトナムの深いルーツの間で混じりあい生まれました。しかし、現在では、ベトナムのコーヒーはその独自の評価を得て、 あのコーヒーとは一線を記しています。       ベトナムでのコーヒーは、その味だけでなく、飲み方、準備方法を学ぶことが、ベトナムコーヒーの真髄を理解する鍵となります。     コーヒードリンクを調合する正しい方法は、特別で、一つの一つ、金属フィルタ・カップと圧縮を使うこと。基本のコーヒーはフィルタ(プレスでの突き固められたダウン)にスプーンで移されます、そして、熱湯は金属カップを通して注がれます。       プロセスにほんのわずかな時間がかかりますが、旅行者にとっては、フレッシュなコーヒーの香りを楽しむ時間となるでしょう。       その独特の方法で抽出される濃いコーヒーにはコンデンスミルクを加えることで甘くし、カフェダ(cafe da)と呼ばれます。       カフェススアダ(Cafe sua da)は、カフェダを背の高いグラスの氷とともに注いで、 ストローがついてくるものを指します。       コーヒーの供給地   中部ベトナムにあるDak Lak省のブオン・ママ・トート高地は、ベトナムコーヒーの中心地と考えられています。     比較的有名ではありませんが、キリ(Khiri)は、そのコーヒー・プランテーションで、 外すことのできない確かな場所な場所であると考えられています。異なる種類のコーヒーを飲んでみることは、とても面白いはずです。      

イタリアのコーヒー文化

悪魔の飲み物   コーヒーは赤道気候で育つもので、イタリア原産のものはありません。ここではコーヒー豆の潜在的な香りを高めるための準備方法をご紹介します。 コーヒーは、約 800万袋が毎年輸入され、イタリア文化のとって不可欠な存在とっています。イタリア人は、萌香鍋、カフェ、レストランがあれば、自宅でも職場でも、エスプレッソ コーヒー メーカーで作られるコーヒーを、様々な場所で飲みます。 ヴェネツィアで、1570年にコーヒーの取引開始し、1683年にサン ・ マルコ広場で最初のコーヒー店が開設されました。 さまざまな教会のメンバーはコーヒーを「悪魔の飲み物」と命名し、導入に反対しました。 ところが、教皇クレメンス8世は、コーヒー1杯を飲んだ後「このような美味しい飲み物は、非信奉者によってだけ飲まれています。我々はこの飲み物に祝福を与えることで、キリストの飲み物とし、サタンを打ち負かしましょう。」と言いました。 このことで、コーヒーはイタリア中に広がり、エレガントなコーヒーショップにも、謙虚な家庭的施設にも、芸術家、政治家、作家にも広まり、好まれることになりました。 エスプレッソ コーヒーメーカーの発明 イタリア語で「エスプレッソ」という用語は「即席で作られた」を意味します。この方法は、カフェやレストランでのコーヒー準備時間を短縮する方法として完成したもの。 エスプレッソ コーヒー メーカーの最初のプロトタイプは 1855 年までさかのぼり、パリ万国博覧会で発表されたものです。数年後、1901年にミラノ出身のエンジニア、ルイージ ベゼラ(Luigi Bezzera)が、最初の蒸気エスプレッソ コーヒー メーカーを作成します。ベゼラの研究とラ ・ パヴォーニやトリノのビクトリア オーデュイノを含む、多くのイタリア企業の先端テクノロジー技術の進歩によるものです。 1948 年にアキレス ガジア (Achille Gaggia)が、香りの良い、コンパクト高圧抽出システムを紹介し、これが、現在、我々がよく知っているエスプレッソマシーンです。 1940年代と1950年代初頭の間、エスプレッソ コーヒー メーカーの製造業者は彼らの生産を工業規模に拡大。1949 年には、よく知られている建築家のジオ ・ ポンティにはラ ・ パヴォーニで制作された、水平釜で最初のエスプレッソ システムが設計されています。この発明が、コーヒー メーカーの美学の分岐点を示したとも言えます。 コーヒーメーカーは、さらに進化して 1961年ファエマ(Faema)によりE-61 コーヒー メーカーが準備されました。その熱サイフォン システムのおかげでコーヒー メーカーが長い間稼働していなくても、一定温度を維持することができるようになりました。 自家製コーヒー: モカ・ポット アルフォンソ ビアレッティによって 1933 年に発明された、モカ・コーヒー・ポットは、長年にわたってそのデザインを変更されていません。それはもともと「モカ ・ エクスプレス」という名前で、ベークライトのハンドルとともに、4つのアルミニウム製メインパートから成りたっています。現在のモカ・コーヒー・ポットは、鋼から作られていますが、アルミニウム製のものも、まだまったく同じ方法で動作します。 エスプレッソ システムとモカ・コーヒー・ポットは、イタリア人の準備方法やコーヒーのの味方に革命をもたらしたらしました。 そして、その後、コーヒー メーカーは進化を続け、常に完璧なエスプレッソを目指し続けています。