コーヒーを飲むのに最適な時期はいつ?

コーヒーは世界で最も人気のある飲料の1つです。カフェインと呼ばれる非常に知られている興奮剤が含まれています。 多くの人々は、起床後すぐにこのカフェイン入りの飲料のカップに手を伸ばしますが、他の人は、数時間待った方がより有益であると考えています。 この記事では、利点を最大化し、副作用を最小限にする最適なコーヒーを飲むタイミングを説明しています。 コルチゾールとコーヒー 起床後、またはそのすぐに1杯、人によっては3杯のコーヒーを楽しむ人は多くいます。 ストレスホルモンであるコルチゾールが最大に達するので、起床直後、すぐにコーヒーを飲むとコーヒーのエネルギー効果が低下すると考えられています。 コルチゾールは、注意力と集中力を高めることができるホルモンです。 また、代謝、免疫系の応答、血圧を調整します。 ホルモンは、あなたの睡眠–覚醒サイクルに特有のリズムに従います。高レベルは、起床してから30〜45分後にピークに達し、その日一日の残りの時間でゆっくりと低下します(2)。   とはいえ、コーヒーを飲むのに最適な時間は、コルチゾール値が低い、午前中から昼前であることが言われています。 午前6時30分頃に起きるほとんどの人にとって、この時間は午前9時30分から11時30分の間です。 これにはいくらかの真理があるかもしれませんが、朝のコーヒーを遅らせることで、起きてすぐに飲むことと比較して、優れたエネルギー効果を観察した研究はこれまでありません。   朝のコーヒーを遅らせることが推奨されているもう1つの理由は、コーヒーのカフェインがコルチゾールレベルを増加させる可能性があることです。   コルチゾールレベルがピークに達したときにコーヒーを飲むと、このホルモンのレベルがさらに上昇する可能性があります。 長期間にわたるコルチゾール濃度の上昇は、免疫システムを損ない、健康上の問題を引き起こす可能性があります それでも、コーヒーを飲むことによるコルチゾール上昇の健康への影響に関する長期的な研究はありません。 さらに、カフェインによって誘発されるコルチゾールの増加は、カフェインを定期的に摂取している人では減少する傾向があります。   とはいえ、起床数時間後というよりも起き上がり直後にコーヒーを飲みたい場合でも、害はないと考えられます。 しかし、朝のコーヒーの習慣を変更したい場合は、コーヒーの摂取を数時間遅らせるとより多くのエネルギーが得られるかもしれません。   概要 コーヒーを飲むのに最適な時間は、ほとんどの人のコルチゾールレベルが低い午前9時30分〜11時30分であると考えられています。 これが本当かどうかは、まだ確証が得られていません。 カフェインはコルチゾールを増やすことができますが、これの長期的な健康への影響は不明です。   コーヒーは運動能力を高める   コーヒーは、覚醒を促進し、注意力を高める能力で知られていますが、カフェインの含有量が多いため、コーヒーは運動能力を高める事でも効果的です。   更にコーヒーは運動前の飲料(プレワークアウトパウダー)のような カフェイン含有サプリメントよりもはるかに安価な代替品となります。   カフェインが運動疲労を遅らせ、筋肉の強靭さと強さをを改善できることを示すいくつかの研究があります。   起床直後か、起床から数時間後にコーヒーを楽しむかどうかに大きな違いはないかもしれませんが、コーヒーからのカフェインが運動能力に与える影響は時間に依存します。 コーヒーの運動パフォーマンスへの有益な効果を最適化したい場合は、ワークアウトやスポーツイベントの30〜60分前に飲むのが最善です。   これは、体内でカフェインレベルがピークになるまでの時間なのです。   運動能力を改善するためのカフェインの有効量は、体重1ポンドあたり1.4〜2.7 mg(1 kgあたり3〜6 mg)です。 150ポンド(68 kg)の人の場合、これは約200〜400 mgのカフェイン、または2〜4カップ(475〜950 mL)のコーヒーに相当します。   概要 コーヒーからのカフェインの運動パフォーマンスの利点は、飲料を飲んでから30〜60分以内に体験できます。 不安と睡眠障害 コーヒーに含まれるカフェインは、覚醒を促進し、運動能力を高めることができますが、一部の人々には睡眠や不安の問題を引き起こす可能性もあります。     コーヒーからのカフェインの刺激効果は3〜5時間持続し、個人差にもよりますが、摂取したカフェインの約半分は5時間後に体内に残ります。 夕食時など、就寝前にコーヒーを飲みすぎると、睡眠障害を引き起こす可能性があります。 カフェインが睡眠を崩壊させる影響を回避するために、就寝前の最低6時間はカフェインの摂取を避けることをお勧めします。 睡眠障害に加えて、カフェインは一部の人々の不安を増加させる可能性があります。 もしあなたが不安症状を持っているならば、コーヒーを飲むことは、それを悪化させることがあり、その場合には、消費量を減らしたり、完全にコーヒーを飲むことを避ける必要があるかもしれません。 また、コーヒーのカフェインに対して3分の1が含まれている緑茶に切り替えることもありです。 この飲料には、リラックス効果となだめる効果を兼ね備えたアミノ酸L-テアニンも含まれています。   概要 カフェインは就寝時刻に近づきすぎると睡眠障害を引き起こす可能性があります。 また、一部の人々の不安を高める可能性があります。 どのくらいのコーヒーが安全ですか? 健康な人は毎日最大400 mgのカフェインを消費できます—約4カップ(950 mL)のコーヒーに相当します。 妊娠中および授乳中の女性に対する推奨事項は、カフェイン1日あたり300 mgであり、安全な上限は1日あたり200 mgです。 安全なカフェイン摂取のためのこれらの推奨事項は、あらゆるカフェイン源からの総量です。 一般的に他にカフェインを含む物とし、お茶、ソフトドリンク、栄養ドリンク、さらにはダークチョコレートが含まれます。       概要 健康な成人は1日あたり最大400 mgのカフェインを摂取できますが、妊娠中および授乳中の女性は1日あたり最大300 mgのカフェインであり、一部の報告では200mgが安全圏とうたっています。 重要な点 コーヒーは世界中で人気のある飲み物です。 コーヒーを飲むのに最適な時間は、コルチゾールのレベルが低い午前中から昼前であることが言われていますが、このトピックに関する研究は欠けています。 ワークアウトやスポーツイベントの30〜60分前にコーヒーを飲むと、疲労を遅らせ、筋肉の強靱さと強さを高めることができます。 コーヒーからのカフェインの刺激効果は、就寝時刻に近づきすぎると睡眠障害を引き起こし、一部の人では不安を増大させる可能性があることを覚えておいてください。

病気の予防ではなく、喜びのためにコーヒーを飲む?

概して、研究は中程度の量のコーヒーを消費することによる健康リスクをほとんど示さない、と研究者達は主張しています。  コーヒーは多くの潜在的な健康上の利点と結びついていますが、人々は病気の予防ではなく、喜びのためにそれを飲むべきです。 これは、最新の調査研究の主な結論の1つです。 その中で、研究者はコーヒーとカフェインに関する証拠の概要を示しています。それは長年にわたる多くの健康研究の目的です。 「世界中の多くの人々が頻繁にさらされている事もあり、他の食事要因がないこともあるので、健康へのコーヒー消費の影響は重要です」とレビューの主執筆者であるロブ・ファン・ダムは言いました。 そして全体として、彼のチームは、このニュースはコーヒー愛好家にとって良いことだと発見しました。カフェイン入りのコーヒーは病気のリスクを高めるようには見えず、代わりにさまざまな病気の確率を下げることに関連しています。 また、中程度の量のカフェインは、一般的にほとんどの人にとって安全です。 ただし、「中程度」が重要です。 カフェインが多すぎると、睡眠が妨げられたり、人々が不安になったりする可能性があります。 「嬉しくない副作用を引き起こすカフェインの量は人によって大きく異なります」とシンガポール国立大学のヴァン教授は言います。 彼は、人々がカフェインが眠りに落ちる能力に影響を与えるように思われるか、または「興奮または不安」につながるかどうかに関心を持つことを提案しました。 「そうすれば、日中の摂取量や摂取のタイミングを調整できる」とヴァン氏は語りました。     それはほとんどの大人のためのアドバイスです。 ただし、妊娠中の女性は、カフェインの摂取に特に注意する必要があります。 根拠に基づいて、ヴァンのチームは、彼女らは1日200ミリグラム以下のカフェインに制限するべきであると言いました。 それは大体12オンスのコーヒーの量です。 妊娠していない人のために、ヴァン氏は、人のカフェイン耐性に応じて、1日に最大8オンスのコーヒーカップ5杯が良いかもしれないと言いました。     「カフェインが良いか悪いかについては、長年にわたってあらゆる所で議論がありました。」と評議に関与しなかったライト氏は言いました。 「証拠を元にして進めるのは良いことだ」とも言っています。 一般的に、カフェインの刺激剤としての評判が悪いにも関わらず、カフェイン入りコーヒーは高血圧を発症するリスクを高めたり、既存の血圧の問題を悪化させたりすることはないことが研究により示されています。 実際、コーヒーの消費は、心臓病やその他の深刻な状態を引き起こすリスクの低下に関連しています。 考察によると(低下させる病気の)リストには、2型糖尿病、特定の癌、パーキンソン病、肝疾患、胆石が含まれています。 しかし、これらの研究のどれも、コーヒーまたはカフェインがよりリスクを低減させる要因であることを証明していない、とライト氏は述べました。 彼女は、人々が病気を防ぐためにジャワ(産のコーヒー)に頼るべきではないという報告に賛成の立場です。 「しかし、コーヒーとカフェインは健康的なライフスタイルの一部であり得る」とライト氏は言います。 フィルター処理されたコーヒー(たとえば、ドリップコーヒーメーカーからのコーヒー)が、フィルター処理されていないコーヒーよりも健康的かどうかという疑問があります。 後者には、エスプレッソ、ボイルドコーヒー、フレンチプレスで作られたコーヒーなどが含まれます。 ヴァン氏によると、研究では、ろ過されていないコーヒーが血中コレステロール値を上げることがある、と示してます。 しかし、ライト氏は、「あなたがコーヒーに入れるものは、それ(コーヒー)が濾過されているか、濾過されていないかよりも、本当に重要なことだ」と述べた。 つまりは、コーヒーのカップに砂糖とクリームを入れるのを避けるべきなのです。 「人々が買うコーヒー飲料のいくつかは、ミルクセーキに似ています」とライト氏は言います。 「お茶、ソーダ、チョコレートなど、他にもカフェインの摂取源があります。 とはいえ、ほとんどの場合、それらには少量しか含まれていない」と ライト氏は述べた。 彼女が指摘した2つの例外は、エネルギードリンクと「ショット(カクテル)」であり、これは一杯のコーヒーと同じかそれ以上のカフェインを含んでいます。 レビューによると、これらの飲料を大量に摂取すると、血圧や動悸が急上昇する可能性があるとのことです。 カフェインは特定の薬と相互に作用する事もあります。 薬物療法について質問がある場合、薬剤師に相談するように。とライト氏は語っています。

コーヒーを飲む人は、骨が強い?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  今日の 「ピックアップ注目!!」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆オーガニック(有機栽培)コーヒー http://coffeeeee.net/product-category/coffee-categories/organic/ ◆ライトロースト http://coffeeeee.net/product-category/roasted-coffee/light-roast/ 新しい研究では、定期的にコーヒーを飲む人は、そうでない人よりも強い骨を持つ傾向があることがわかりました。 過去の研究は、ジャバが骨の健康をサポートしているか、または損なわれたかについて決定的ではありませんでした。 私たちのほとんどは、朝のコーヒーは、特定の目的を果たしています:私たちは目を覚ますために.しかし、新しい研究によると、それはまた、あなたの骨を強化することによって、あなたのステップでより堅牢にそのキックを作っているかもしれません。 香港大学の研究者によるこの研究は、骨粗鬆症研究に入学した564人の中国人成人を調べ、定期的にコーヒーを飲むと言った人の骨ミネラル密度とそうでない人を比較した。 彼らは、全体的に、ジャバ愛好家は、強い骨のマーカーである骨ミネラル密度が有意に高いことを発見しました. 具体的には、コーヒー消費量と骨折の可能性が低い強い骨の両方に関連する3つの特定の分子を同定しました。 研究は比較的小さく、人々のコーヒー消費量の自己報告(不完全な方法)に基づいていましたが、研究に関与していない専門家は、過去の研究が行われているので、スコアを解決するのに十分な堅牢な証拠であると言いましたコーヒーが骨に及ぼす影響について決定的ではない。 「コーヒーをたくさん飲み、コーヒーの健康への影響を懸念しているすべての人々にとって、これは良いニュースです」と、研究に参加しなかったクリーブランド・クリニックのチャド・ディール博士はプレスリリースで述べています。「コーヒーは、一般的に、おそらく骨の健康に良いことを示しているようです。 最も堅牢な研究のいくつかは、米国の40万人以上の人々の2012国立衛生研究所の研究から来ています。コーヒーを飲む人は、醸造所を飲まない人よりも、心臓病、脳卒中、糖尿病などの原因で死亡する可能性が低いことがわかりました。 2017年に50万人以上のヨーロッパ人を調査した別の研究が同じ結論に達しました。 この研究は、コーヒーが心臓に及ぼす影響に関しては特に強く、2017年の200の研究レビューでは、1日に3〜4杯飲む人は心血管疾患で死亡する可能性が19%低くなる可能性があると結論付けています。. そして、ヒト組織とラボマウスに関する2018年の研究は、飲み物が細胞内の特定のタンパク質を若く保つように見えるので、1日4発のエスプレッソが心臓の健康に最適であることを示唆した。 「エスプレッソを4~5杯飲むと、研究著者のヨアヒム・アルチュミードは以前Insiderに「それは私たちの細胞の強豪の機能を改善するようで、したがって保護的なようです」と語りました。 コーヒーは、肝臓病、いくつかの癌、認知症とアルツハイマー病、うつ病のリスクが低いにリンクされている、あまりにも他の利点を持っています。 それはあなたがコーヒーを飲むことができるという意味ではありませんが、もちろん、あなたの健康のために何もしません、アルチュミードは付け加えました。「それは他のものに取って代わるものではありません」と、アルチュミードは以前Insiderに語りました。「スポーツを続け、健康的に食べ、食事にコーヒーを加えなさい」

コーヒーを飲む、8つの健康的な理由とは?

コーヒーの香りが好き、という形でひきつけられますが、多くの科学的証拠が出る中で、コーヒーを飲むべき理由はさらに増えています。   〇 苦味を味わう能力を高めるための遺伝的変異=より多くのコーヒー消費   ノースウェスタン大学とオーストラリアのQIMR Berghofer Medical Research Instituteの研究者 は、イギリスの40万人以上の男性と女性の苦味と飲み物消費の因果関係を調べるための調査を行いました。   Scientific Reports に 掲載された研究で見つかったことは、 コーヒーの苦味を味わう能力を高めた人は、「嫌なことをそれに関連付ける」ために、嫌な苦味を避けるのではなく、もっと飲むということでした。   興味深いことに、苦みを味わう事 ( 苦い味の遺伝的構造 )は、身体の自然の警告システムとして進化し、有害物質から身を守っています。   だからこそ、私たちはそれを吐き出したいと思っています。 どのようにアラートコーヒーがあなたを感じさせる、良い時代と経験との心理学的な関係は、研究が示唆した良いもののいくつかである可能性が高くなっています。     〇 コーヒーは健康な食事の一部になることができます 観察研究および無作為化比較試験のメタアナリシスでは、コーヒーが乳癌、結腸癌、結腸直腸癌、および子宮内膜癌のリスクの減少と関連していることを明らかにした。   また、2型糖尿病、パーキンソン病、および心血管疾患および死亡を含まれています。研究者らは、妊娠の損失や血清脂質の上昇、血圧上昇の危険性が高いとの結果もありましたが、コーヒーの全体的な利点は、食物の考慮に含めることを指摘した。   この研究は、 Annual Review of Nutrition に掲載されています。       〇 腹部手術後のコーヒーを飲むと回復が促進される   術後腸閉塞は、手術技術の進歩およびアフターケアにもかかわらず、腹部手術後の頻繁な合併症です。   研究者 は、一般的なコーヒーの健康上の利点と、特に腹部の手術後の回復に影響を及ぼす十分な科学的証拠を考慮して、腹部手術後に患者がコーヒーを飲むように勧告しました。   例えば、コーヒーは腸の動きを誘発し、消費直後に大腸の運動活動を刺激する。 事実、研究者らは、コーヒーの消費が、最初の排便、鼓腸、聴覚腸の音、固形食品の耐性までの時間を大幅に短縮することを発見しました。   もう1つのプラスは、術後のコーヒー消費が患者の入院をわずかに減少させるという知見であった。 研究者らは、実行された外科手術の複雑さが増すにつれて、その利益が増加するように見えることに注目しています。       〇 記憶機能を維持するために、コーヒーは安全   最大415,530名の参加者 の 2018年のメタアナリシス は、習慣的なコーヒー消費の因果的な長期的影響を中期以降の世界的認知や記憶に実証する証拠はないが、有害な影響はないと結論づけた。   彼らは、「記憶機能を維持することに関して少なくともコーヒーを消費することは安全である」と述べています。       〇 コーヒーの利点   世界で6番目によく診断され、3番目の主要な癌死因である肝臓癌に対するコーヒーの消費が、肝臓の健康にあたえる利点を明らかにしようとしました。   研究者らは、コーヒー摂取とそれに続く肝がんまたは慢性肝疾患の死亡のリスクとの関連性を評価するためにデータを分析。 British Journal of Cancer に 掲載された 2013年の研究 は、フィンランドの喫煙者(男性)の将来のコホートでもあり、コーヒー調製方法に関するデータもありました。   彼らの所見:1日2杯以上コーヒーを摂取した参加者は、1日1杯未満のコーヒーを飲んだ人に比べ、肝がんリスクが50%近く低下していた。   毎日4カップ以上のコーヒーを飲む人にとって、肝臓癌による死亡率の減少は90%以上であった。 肝臓癌や慢性肝疾患のコーヒーと関連して、喫煙期間も強度も変化しておらず、アルコール飲料の量が少なかったり多かったりした男性でも同様の結果が得られた。       〇 ハニープラスコーヒーは持続する感染性の咳治癒を助けます   持続感染後の咳は、一般的な風邪または上気道感染後に数週間または数ヶ月間残る咳を意味する。 一般的な治療法にはステロイドやハニープラスコーヒーが含まれます。   研究者らは、 2013年 に Primary Care Respiratory Journal に 掲載さ れた 研究 で両方法の科学的治療効果を比較した 。最も古い既知の医薬品の1つである蜂蜜は、寒さと咳の症状からいくらかの軽減を提供することができる。   カフェイン(コーヒー中)は、呼吸を刺激すると思われる気管支拡張剤です。 また、低麻酔性であり、いくつかの抗炎症作用を有する。   さらに、中枢神経系を刺激する世界で最も一般的に消費される精神活性物質であるカフェインは、精神運動能力および警戒感を改善し、自己報告疲労および眠気を減少させ、自己報告レベルの覚醒度を高める。 […]