コーヒーはどのようにして脳を保護し、記憶をサポートするのか?

コーヒーを飲むことがエネルギーレベル、消化、さらには運動能力に影響を与えることは誰しも知っています。 これらの物理的影響は一般に即効性ですが、コーヒーの消費も脳の健康に長期的な影響を及ぼします。 さまざまな研究機関が、コーヒーが記憶機能をサポートし、認知症などの神経変性疾患を低下させる可能性があることを示唆しています。   コーヒーと脳の健康。 2017年にBoukje van Gelder氏とその同僚は、コーヒーが認知機能低下から守ったかどうかを確認するために10年以上研究してきた676人の高齢男性について報告しました。 彼らは、コーヒーを飲んだ男性は飲まなかった男性よりも認知機能低下が少ないことを発見しました。 1日に3杯のコーヒーを飲んだ人に最大の効果が見られました。3杯に対し、多い、少ないに関しては、劇的な効果は見られませんでした。 2009年の別の研究では、Marjo Eskelinenと彼女の同僚は、コーヒーが認知に役立つかどうかを確認するために21年以上追跡してきた人々のグループについて報告しました。 彼らは、中年期のコーヒーを飲む人は、コーヒーを飲まなかった人や1日2杯まで飲んだ人と比較して、認知症とアルツハイマー病のリスクが晩年に低いことを発見しました。 認知症のリスクが最も低いのは、1日に3〜5杯のコーヒーを飲んだ人でした。 コーヒーが脳をサポートする3つの方法。 コーヒーが脳を保護する方法はいくつかあります。 これらはほんの一部です:   カフェイン:カフェインはセロトニンとアセチルコリンを増加させます。これらは脳を刺激し、血液脳関門を安定させるのに役立ちます。   ポリフェノール:コーヒーに含まれるポリフェノールは、フリーラジカルや、脳血管の閉塞による組織の損傷を防いでくれます。   トリゴネリン:コーヒー豆には高濃度のトリゴネリンが含まれており、抗酸化物質を活性化して脳血管の保護してくれます。 他の物よりも良いコーヒーはありますか? 利点にもかかわらず、コーヒーのすべての物質が役立つわけではありません。 ろ過されていないコーヒーには、ジテルペンと呼ばれる天然油が含まれており、LDLコレステロール値を上昇させます。 これらは潜在的に脳内の動脈壁の肥厚と硬化を引き起こす可能性があります(ただし、有用な抗炎症作用があります)。 コーヒー豆を焙煎すると形成される化学物質であるアクリルアミドは、神経伝達を阻害し、ドーパミンニューロンを破壊し、酸化ストレスを増加させる可能性があります。 コーヒー中のアクリルアミドの量は変動する可能性がありますが、一般的には、暗く(深く)焙煎した物や、新鮮なコーヒー豆は、量が最も少なくなります。   結論。 コーヒーにはさまざまな化学物質が含まれているため、コーヒーが認知症を防ぐことができるかどうか、研究者は断定できません。 ただし、適度に摂取すると、悪いどころか、より良い効果があります。 さらに、それは人生の後半に利点があるかもしれません。 1日2〜4杯、または1日あたりカフェイン400 mg未満をお勧めします。深く焙煎した挽きたてのコーヒー豆を飲むと、不要な化学物質を減らすことができます。

コーヒー豆は、脳の健康に良い?

先週、あなたは、「エナジードリンクは心臓発作を引き起こす可能性がある」という主張を見たと思います。   そのような見出しを読んでいると、あなたは正しい方法で999に電話をしなければならないかもしれませんが、カフェインをカットする必要はまったくありません。   いよいよ明らかになります。この研究は実際には2つの主張をしています。   ・成分の組み合わせはリスクをもたらす可能性があります:これらはカフェイン、タウリン、砂糖、様々なハーブ成分 ・心疾患の既往のある人は主にリスクがあります   単独で摂取すると、これらの成分が健康に害を及ぼすという証拠はほとんどありません。カフェインが関係しているところでは、科学界は良いものとしてみています。   最近の研究では、コーヒーそのものが非常に「神経保護性」があることが示されています。   コーヒーを飲むことは、アミロイド – ベータタンパク質の形成を妨げる可能性があります。これらのタンパク質は、アルツハイマー病およびパーキンソン病などの状態に関連しています。   しかし、そこで終わりません。コーヒーの脳を保護する特性は、病気の予防を超えているのです。   カフェインは運動の知覚速度を低下させます。これは、ジムに行く前にコーヒーを飲むことで、スクワットやベンチプレスの重いセットを簡単にこなすことができることを意味します。   持久力のスポーツがあなたの紅茶(またはこの場合はコーヒー)のカップというなら、科学としては、また良い読みものとなるでしょう。ある研究では、カフェインは疲労を経験していたサイクリストのパフォーマンスを改善しました。   どのくらいのカフェインが健康に良いのですか?   トピックについての研究では、体重1キロあたり少なくとも3ミリグラムが最適であることを示しています。   体重が80キロの場合、それは約240ミリグラムのカフェインです。これは、ほとんどの中程度のアメリカンコーヒーで見ることができる量です。

コーヒーが新しい方法であなたの脳を保護することができるこ判明?

世界中の何百万人もの人々は、毎日コーヒーを飲む必要があります。そして、コーヒーのカップは、あなたの足元に小さな拍手を加えるよりもはるかに多くのことをしています。ここでは、コーヒーがあなたの脳を病気から守る方法について新しい研究もまじえながら、あなたの体に影響を与えるいくつかの方法を紹介します。   コーヒーと脳   コーヒーのカフェイン含有量は、あなたの脳に最も明白な影響を与えますが、新しい研究では他の成分から利益を見出すことに成功しました。カフェインは中枢神経系を刺激すると、ヘルスライン(Healthline)は述べています。そして順番に、注意力、敏捷性、理解度、反応時間および気分を改善することができます。   研究者らは、カフェインがどのように記憶に影響するかを調べています。 「一部の研究では、カフェインが短期記憶を改善する可能性があることが分かりましたが、他の研究では効果が認められていない」とHealthlineは述べています。同様に、ある研究では、カフェイン消費後の長期記憶の改善が見られましたが、その上は、もっと研究が必要です。 そして今、新しい研究は、カフェインを超えて、コーヒーの特定の化合物がアルツハイマー病およびパーキンソン病のリスクの低下に関与していることに着目しています。   コーヒーは、アルツハイマー、パーキンソンから脳を保護しているかもしれません   すでに、アルツハイマー病およびパーキンソン病に対するコーヒーおよびその保護に関する研究は行われています。例えば、毎日3〜5杯のコーヒーを飲むと、アルツハイマー病や認知症発症リスクが65%低下することが判明しましたが、コーヒー・カフェイン、抗酸化物質などのどの特性がその保護をしているかは正確には分かりませんでした。もう一つの研究では、毎日約3杯のコーヒーを飲むとパーキンソン病のリスクが低下しましたが、カフェインがその一因であることは指摘されています。   しかし、Krembil Brain Instituteの新しい研究では、コーヒーそのものがアルツハイマー病とパーキンソン病の両方の発症を防ぐことができることが分かりました。この研究では、軽いロースト、ダークロースト、ディカフェインダークローストの3種類のコーヒーを試験しました。最初の試験では、カフェインとディカフェインの両方が病気に対して防御効果を示しました。   研究者らは、ユニバーシティヘルスネットワークによると「フェニルインダンスとして知られている化合物群を同定しました。これは、コーヒー豆の焙煎プロセスの結果として出現するもの」になります。フェニルインダンは、アルツハイマー病およびパーキンソン病の両方に関与するタンパク質を阻害することができています。そしてローストによりそれらの数を増えるので、ダークローストのコーヒーがより脳を保護したという説明になります。   Krembil Brain Instituteの共同ディレクター、ドナルド・ウィーバー博士は、これらの病気を引き起こすタンパク質と相互作用する天然化合物を見つけることは、「大きな利点」であるとユニバーシティヘルスネットワークに語りました。「母なる自然は、私たちよりもはるかに優れた化学者です」と彼は言いました。「複雑な化合物があれば、それを作るよりも、作物の中で栽培し、作物を収穫し、作物を粉砕した方がいい」しかし、病気の治療のためには、もっと研究が必要です。   より健康的なコーヒーの利点   脳へのプラスの効果に加えて、コーヒーはいくつかの他の健康上の利点を提供しています。   ・それは重要な栄養素と抗酸化物質を含んでいます:コーヒーのカップは主に水です。しかし、リボフラビン(ビタミンB2)の11%を含んでいます。パントテン酸(ビタミンB5)6%; 3%のカリウムおよびマンガン;ナイアシン(ビタミンB3)、チアミン(ビタミンB1)、マグネシウムの2%が含まれています。さらに、ヘルス・ラインによれば、研究により、「コーヒーは、どの食品群よりも多くの抗酸化物質を食事中に提供しています」と言われています。   ・コーヒーは2型糖尿病のリスクを減少させます:American Chemical Societyによると、1日3〜4杯のコーヒーを飲むと2型糖尿病を発症するのを防ぐことができます。インスリン分泌を促進することができるコーヒーには2つの化合物があり、筋肉細胞ではグルコースの取り込みをさらに高めます。   ・コーヒーはあなたの肝臓を保護します:国立がん研究所の研究は、コーヒーを異常な肝臓酵素のレベルの低下に結びつけました。研究者らは、カフェインまたはデカフェインでコーヒーを3杯以上飲むと、肝臓の健康状態が改善することを発見しました。   ・コーヒーはあなたの癌リスクを軽減させる可能性があります:コーヒーを飲むことは、結腸直腸および肝臓を含む特定のタイプの癌に対して保護するようです。ある研究によると、一日に4杯以上のコーヒーを飲んだ人は、結腸癌と直腸癌のリスクが低いことが分かりました。別の調査によると、コーヒーを飲むことで、参加者の肝がんリスクは43%減少しました。   ・あなたが長く生きるのに役立つかもしれません。約50万人の参加者の研究によると、コーヒーを飲む人は死ぬリスクがコーヒー以外の飲酒者よりも低いことが分かりました。これは、コーヒーの種類(カフェイン、デカフェイン、インスタント、グラウンドなど)に関係なく真実です。実際、8杯以上のコーヒーを飲んだ人々でさえ、死亡率と非飲酒者のリスクが14%低かったのです。     しかし、公正であるために、コーヒーはすべてが良いものではありません。そのカフェインの内容は、特にあなたが一日の後半にそれを消費する場合、あなたの睡眠を混乱させる可能性があります。それはまた、不安を引き起こし、悪化させ、あなたの胃を動かし、血圧をわずかに上昇させる可能性があります。カフェインには中毒性の特性があり、それがないと離脱症状を引き起こす可能性があります。さらに、多くの人々が不健康な量の砂糖でコーヒーを消費します。   それでも、あなたがコーヒーを飲むときに悪影響を経験しなければ、そのメリットはあなたの健康にとって価値があるかもしれません。

コーヒーが脳の健康を守る? カフェインだけでない、その作用とは?

コーヒーは健康増進のためにかなりの注目を集めています。 数々の研究では、適度にコーヒーを飲むことで、健康に有益なことが証明されており、多くの場合、その高いカフェイン含有量とむずびつきがありました。 しかし、脳の健康の問題になってくるとコーヒーは通常の薬のよりも多くの利益を提供していることが新しい実験研究から分かってきています。   この研究は、コーヒー消費がアルツハイマー病およびパーキンソン病のような神経変性疾患を発症するリスクの低下と相関するという以前の研究があったのはなぜかという疑問で始まりました。   「なぜコーヒー中のどの化合物が関与しているのか?、年齢関連の認知機能低下にどのように影響するのかを調査したかったのです」と主任研究員のドナルド・ウィーバー博士は述べています。   理由を調べるために、研究チームは、カフェインダークロースト、カフェインライトロースト、カフェインダークローストの3種類のコーヒー豆で、焙煎プロセス中に放出されたいくつかの化合物(カフェインを含む)を評価しました。   この分析は、化合物がアルツハイマー病の発症に関連した毒性タンパク質であるアミロイドβおよびタウとどのように相互作用するかに焦点を当てています。 これまでの研究の結果から、コーヒー化合物は、これらのタンパク質がアルツハイマー病患者の脳に見られる破壊的な凝集塊を形成するのを抑制することにより、神経保護効果をもたらすことが示されています。   研究者らは、焙煎プロセス中に形成されるフェニルインダン類として知られている特定の化合物のセットを徐々に取り入れ、コーヒーにその逆説的に楽しい苦味を与える。 研究チームは、フェニルインダンが実験室条件下でアミロイドベータとタウの両方を阻害することを見出しました。   「フェニルインデンは二重の阻害剤であるため、我々はそれを期待していませんでした」とウィーバー博士は述べています。   研究者らは、コーヒーを飲むことから最大の利益をもたらす化合物の組み合わせである可能性が最も高いと述べていますが、結果として、カフェインとデカフコーヒー(ダークローストでは多少)に存在するフェニルインダンが神経保護効果の中心であることが示されています。   これは、コーヒー化合物と体外の毒性タンパク質との相互作用を調べた実験研究であるため、次のステップは、一度摂取したヒト被験者において同じ結果が出現するかどうかを調べることです。 結果はまだ決定的なものではありませんが、これらの化合物が毎年より多くの人々に影響を与える脳破壊疾患の原因となるタンパク質とどのように相互作用するかを研究する重要な出発点です。 研究者らは、コーヒーがこれらの病気の治療薬であることを示唆していないことに注意しています。   「この研究の目的は、疫学的証拠を取り、それを精緻化し、認知機能低下を予防するのに有益な成分がコーヒー中にあることを実証することです」とロスマンチニ博士は述べています。   「次のステップは、これらの化合物がどれほど有益であるか、血流に入るか、血液脳関門を通過する能力を有するかどうかを調べることです。」