世界のコーヒー事情を考える、世界中で250億杯のコーヒーを摂取する日

コーヒーのない世界は想像するのが難しいです。今世紀の終わりには、人間は世界中で250億杯のコーヒーを摂取し、その貿易、消費、供給は着実に増加してきました。   コーヒーの習慣は、取引と文化的要因に基づいて世界中で異なります。コーヒー文化は、習慣、儀式、ライフスタイル、社会的相互作用とポジショニング、貿易、雇用、貧困、不平等、生態系の低下、観光に密接に関連しています。   このコメントでは、健康および生態学的影響のいくつかを検討し、惑星の健康を改善するために消費者主導の戦略を提唱することで、世界的なコーヒー市場のチェーンを簡単に探究します。   Ponte氏は、世界的なコーヒー市場チェーンのノードとネットワークを研究するとき、コーヒーは「長い道のりを歩み、多くの手が豆からカップに変える」と認めました。   Ponte氏は、小規模農家、土地、植物耕作者、国内トレーダー、協同組合、農民グループ代理店、マーケティングボード、輸出業者などの生産国と国際消費者(ブローカー、ロースター、インスタントコーヒーメーカー、小売業者スーパーマーケット、レストラン、カフェなど)の構造を描きました。コーヒーの栽培、収穫、輸出は、豊かな消費国で完了し支配される最高の付加価値を持つ生産国(チェーンでは消費電力の少ない非発展地域)に分かれます。     コーヒー生産は60カ国以上で行われ、2,500万人の農家(主に協同組合や協会の小規模農家)と1100万ヘクタール以上の土地が「世他の作物よりも多くのコーヒーを栽培する人々」を抱えています。コーヒー業界は年間約600億ドルの収益を上げていますが、生産に関わる10%以下の人々は市場、不確実性、生態系の健康を脅かす環境的に持続不可能なプラクティスの変動にも挑戦しなければなりません。それはコーヒー市場のチェーンで明らかであり、食品市場を支配する米国、英国、北欧のロースターやスーパーマーケットが管理しています.     1公正取引は、これらの不平等を緩和し、持続可能な発展を改善し、生産者の生活の質を改善します。公正取引は時には生態系の持続可能性の向上に関連していますが、この分析は決定的ではなく、不平等、生活の質、社会的影響に関する問題は存続しています。     不平等な貿易関係、労働集約的作物、コーヒー生産に伴う経済的不確実性、コーヒー栽培の栄養価の低さなど、健康と福祉への影響は、栄養失調、貧困、学校入学率の減少、森林破壊、農薬や肥料への依存なども挙げられます。研究者は、ライフサイクルアセスメントを通じてコーヒー市場チェーンの環境影響を測定しようとしています。これらの環境影響は大きく異なります(輸送や製造に伴う炭素排出量、廃棄物など)が、気候変動に取り組むためには変化する必要があることも示唆されています。これらの発見は決定的ではありませんが、使い捨てカップの環境への影響を調査する研究は決定的であり、消費者が比較的簡単に対処することができるものです。     これらの環境問題に取り組むためには、コーヒー市場チェーンのすべての規模と段階で政策とプログラム的行動が必要です。消費者の段階では、廃棄物削減に取り組むための洗練された現地戦略や行動の変化が必要な廃棄物やリサイクルへの注意が必要です。 Smythらが確認したように、使い捨て飲料容器に付随する過剰な廃棄物に対処することは、始めるのに適しています。高等教育セクターは、学術的研究を行い将来の世代の行動に影響を与える能力のために、地方規模でこの廃棄物削減問題に取り組む上でかなりの役割を果たす可能性がある。大学のキャンパスでは、学生やホスピタリティ、学術、専門職スタッフを含むさまざまな人々が集まり、食べ物や飲み物のサービスを含むさまざまな施設で構成されています。さらに、世界中で何億人もの学生が毎年大学に入学しています。したがって、これらの設定は、人々がより広いコミュニティで見ることを望むかもしれない種類の変化を実施する機会を提示する社会のミクロコスモスとして見ることができる。     私たちは、使い捨てのコーヒーカップの使用を減らすために、大学が主導的役割を果たすべきであると提案します。 そのような行動は、学生の行動を変える戦略が財政的インセンティブ、詰め替え可能なカップ、意識の向上、マーケティングに関わっている一部の大学で取られています。 大学の廃棄物管理戦略は大きな可能性を秘めていますが、廃棄物の生産と管理についてのより深い理解が必要です。 この改善された理解は、大学がコーヒー飲用文化を変え、知識を増やし、既に廃棄物の影響を最小限に抑えるリサイクル廃棄物管理システムを開発すべきであると思います。    

コーヒー豆に代わってエネルギーを押し上げてくれるものとは?

あなたは、朝のコーヒーにちょっと酔っているかもしれないと心配していませんか?強力なカフェインを飲まなければあなたの一日を始めることができないような気がしますか?あなたが一日に取り組むために必要な強さを与えるものは、コーヒー以外にあることを知っていましたか?   ほとんどのものと同様に、コーヒーにもその作用はあります。しかし、あなたが毎日多くのアメリカンコーヒーを飲んでいる場合、あなたの習慣を変えることで、あなたの健康に大きな違いをもたらすことができます。   あなたは一日に何杯のコーヒーを飲むべきでしょうか? 専門家からの一般的な意見は、あなたが1日に消費すべきカフェインは最大量が400mgであるということです。それは約3-4カップと同じです。あなたが現在それ以上コーヒーを飲んでいる場合は、あなたの健康に悪影響を及ぼしている可能性があります。これは、あなたのやる気を減速させる可能性があるのです。あなたのカプチーノ摂取量を減らすために、いくつかのサインがあります:   低エネルギー:あなたはエネルギーを増やすためにコーヒーを飲んでいるかもしれませんが、あまりにも多すぎると逆効果であり、午後のやる気がなくなる可能性があります。 体重増加:ストレスホルモンのコルチゾールはカフェインによって増加することが知られており、これは体重増加につながることが証明されています。 睡眠の欠如:カフェインは体内に4〜6時間残るため、午後遅くのラテが眠るのを妨げる可能性があります。 ミネラルの欠乏:カフェインは身体の鉄分吸収能力に影響し、健康に不可欠な亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルの貯蔵を減らしてしまいます。   あなたが健康的であり、できるだけ安静に過ごしたいと思っていて、それでもなお必要なエネルギーを増やしたいのであれば、ここではコーヒー以外の5つの良いものがあります:   コーヒーに代わる最適な5つの選択肢 1.抹茶 抹茶は、植物が提供している良さを保つために緑茶の葉を細かい粉に粉砕することによって作られています。抹茶はコーヒーの代替品として世界中で急速に普及しています。   抹茶の標準的な2グラムサービングは、コーヒーより少ないカフェインですが、アミノ酸含量のおかげではるかに遅く吸収されます。抹茶の活性化効果は6〜8時間持続しますので、午前中の抹茶で一日中あなたのやる気を持続させます。   抹茶は、あなたの健康と究極の仲間でもあり、体重減少の性質やガンと戦う抗酸化物質でいっぱいです。それはまた、アミノ酸L-テアニンの最高の天然濃度を誇っています。集中力と記憶には素晴らしいです。   抹茶を準備するには、抹茶粉2杯をお湯に溶かし、かき混ぜてから座って楽しんでください。   2.水 あなたはしばしば、一見何の理由もなく、疲れていると感じますか?もしそうなら、あなたは脱水症状なのかもしれません。疲労はあなたが十分な水を飲んでいないという主な徴候の1つです。脱水になると体が弱くなります。アスリートの研究では、脱水症状が低いパフォーマンスに結びついていることが実際に分かったので、身体機能に最も効果的な効果があると想像してください。   そして、あなたが脱水になっている場合、睡眠パターンを妨げ、あなたを落ち着かせることができないので、一晩中あなたのエネルギーレベルを補充することができません。   あなたの生産性レベルを高く保ち、エネルギーを増やすために、日中は水分を溜めておいてください。あなたが一杯の水を飲むために喉が渇くまで待っているなら、これは脱水の最後の兆候の1つです。   1日に2リットルの水を目指してください。少し面白くしたいのであれば、スパイス、ハーブ、または低糖度のフルーツ(新鮮なミント、キュウリ、根の生姜を考えてください)を加えてください。   3.グリーンジュース 私たちはいつも緑色のものを食べるべきだと言われていますが、あなたはそれらを飲むべきです!野菜はあなたの体にとって信じられないほど良いものです。ただ、実際の見た目としては、砂糖が少なく、カロリーが少なく、抗酸化物質が多い緑色のものです。ケールは、例えば、あなたの血圧をチェックし、心臓病を防ぐのに役立つカリウムでいっぱいです。ほうれん草は貧血を防ぐ素晴らしい鉄の源です。   一日に緑のジュースを1回飲むだけで心臓の健康を守ることができ、1日当たり300mlの6週間で9%ものLDLコレステロールが低下することが明らかにされました。   すばやく簡単なレシピには、ほんのりとしたホウレンソウ、ケール、キュウリ、セロリ、新鮮なジンジャー2かけのスライス、緑色のリンゴ2個をスライスします。あなたは健康的でスーパーブーストをしたい場合は、スピルリナ、オオムギ、または抹茶粉などのサプリメントに混ぜることもできます。   4.イエバ・メイト あなたが南アメリカに行ったことがあるなら、地元の人々がイエバ・メイトについてどのように情熱的であるかを知っているでしょう。イエバの葉から作られたメイト(発音としてはマテ)は、緑茶と同じ方法でソースされ準備されており、味も同様です。   メイトはコーヒーに含まれるカフェインの含有量の約75%がありますが、抹茶と同じ健康なアミノ酸を持っていますので、より長期間安定して放出されます。   メイトを準備するには、葉を熱くではなく沸騰しない水で沸かしてから、伝統的な木製のボウルに特別な金属製のわらを添えてください。   メイトには強力な作用があるので、就寝直前に飲むのは避けてください!   5.タンパク質ベースのスムージー タンパク質はあなたの体を最高の状態にさせるための必要な燃料であることがわかります。研究では、良いタンパク質を含むバランスの取れた食事は、脳の化学オレキシンの生産を高め、集中力を高めることを示しています。   あなたの体に一定のエネルギーを与え、一日中持続するエネルギーを与えるために、毎日のスムージーに少量のタンパク質を加えてください。     絹の豆腐、ナッツバター、生カシューのようなスムージーに簡単に加えることができるタンパク質がたくさんあります。植物系スーパーフードもたくさんあります。あなたのスムージーでもっと一貫性のあるものを試したい場合には、ヘンプのハート、チアの種、アマニの種、またはオートムギを試してみてください。   私たちのお気に入りのタンパク質スムージーを試してみるには、アーモンドミルク3杯、アーモンドバター2杯、生クリーム¼カップ(水で一晩)、冷凍バナナ(細かくカット)1杯、オートムギ2杯、シナモンを少々混ぜると良いでしょう。   要約すれば ほとんどの人にとって、最愛のコーヒーを捨てる必要はなく、通常は、健康に良い影響を与えています。しかし、日替わりのカップのいくつかは、今の私たちのリストを入れておいてください。   健康的なドリンクを飲むとダイエットにプラスの効果があり、体と心は両方ともメリットを感じます。そして、抹茶粉のようなスーパーフードを加えることで、あなたは毎日、最大限に活用するための必要なエネルギーを得ることができます。   最も重要なことは、水分を保ち、水をたくさん飲み、エネルギーレベルを高く保ち、健康を最高に保つため、たくさんのたんぱく質を消費することなのです。

コーヒーを飲む、もう一つの健康利点とは?

  アメリカ人のほぼ60パーセントがコーヒーを飲んでおり、多くの人にとって毎日の習慣となっています。コーヒーについては、飲むとたちまちパワーとエネルギーを与えてくれ、悪習あるいは依存症以上のものがあると永らく考えられてきました。けれども、コーヒーの健康増進効果が明らかになるにつれ、悪習だとか依存症だとかという考え方は変わりつつあります。 これは、毎朝コーヒーを1杯飲むのが習慣となっている人たちにとっては、とてもいい知らせです。なぜなら、この習慣が、1日のスタートを切るのにとても健康的なやり方であることが明らかになったからです。 けれども、コーヒーは殺虫剤が最も大量に散布されている作物だということをお忘れなく。飲むときは、有機栽培で、公正に取引されたものであることを確認してください。(ただし、このようなコーヒーは全体の3パーセント足らずですが) 毎日のコーヒーが大腸がんの生存率を向上 進行性(ステージ3)の大腸がんの患者では、1日にカフェイン入りコーヒーを4杯以上飲むと、まったく飲まない患者に比べて、再発や死亡のリスクが52パーセント低減するという研究結果があります。 1日2~3杯のコーヒーを飲んだ場合でも、再発や死亡のリスクが31パーセン低減します。ト 研究者たちが強調しているのは、ソーダなどその他のカフェイン入り飲料では同じ効果は得られないということです。カフェイン抜きコーヒーと結腸がん再発のリスクとの関係は明らかではありません。 さらにまた、偶然による関連性も見られません。これは、コーヒーを飲む人は全般的に健康的なライフスタイルを守る傾向にあり、そのことがリスクの軽減につながっている可能性があることを意味しています。しかしながら、コーヒーに含まれる酸化防止成分やその他の有益な植物性化合物は、あらかじめ慢性病のリスクを低減することにつながっています。 実のところ、コーヒーは、2型糖尿病の発症リスクの低減にも関係があります。この病気は、結腸がんにかかるリスクを高めることで知られています。コーヒーに含まれる成分が、同じような理由でいくつかの慢性病のリスクを低減しているのかも知れません。 ニューヨークタイムズ報道 「研究者たちの仮説によれば、2型糖尿病の発症リスクを高める肥満、運動不足などのライフスタイルや、高インスリン血症などの要因も、結腸がんの発症を促進します」フックス博士はこう語っています。 「また多くの研究が示しているように、コーヒーの摂取は結腸がんの発症リスクを高める慢性病である2型糖尿病の発症リスク低減と関係があります。」 「私たちは、心臓病や糖尿病の一因となるエネルギー経路はまた、がん細胞の増殖にも関係があると考えています。」フックス博士はこう述べるとともに、さらなる研究が必要だと強調しています。  「この分析では、コーヒーと関連のあるリスクの低減はカフェインによるものだと結論付けています。一つの仮説は、カフェインが人体のインスリン感受性を高め、それがホルモンの必要性を減らすというものです。その代わり、糖尿病とがんのリスク要因となる炎症が減少します。」 その他にコーヒーとがんについて研究結果が示すものは? 多くの研究がコーヒーの摂取はがんの発症リスクを高めることを示していますが、複数の研究を分析して見ると、メタ分析でも同じですが、その関連性は消えてしまい、むしろがんに対して保護的であることが分かります。 たとえば、2007年に行われたメタ分析によれば、1日2杯コーヒーを飲む量を増やすと、肝臓がんの発症リスクが43パーセント低減します。この結果は、最近の研究でも確認されています。 言うまでもなく、コーヒーを飲むと、肝臓の健康や、肝臓病から肝硬変への進行遅延、C型肝炎への反応改善、肝硬変患者の死亡リスク低減にも効果があります 肝臓を健康に保つのにコーヒーが非常に効果的があるのは明白なので、研究者たちは、慢性肝臓病の人たちに毎日コーヒーを飲むことを薦めるべきだと表明しています。 59の研究が含まれるもう一つのメタ分析では、1日1杯コーヒーを飲む量を増やすと、がんの発症リスクが3パーセント低減することが明らかになっています。研究者たちによれば: 「コーヒーを飲むことで、膀胱、乳房、頬および咽頭、結腸直腸、子宮内膜、食道、肝細胞、白血病、膵臓、前立腺のがんの発症リスクが低減します。」 コーヒーを飲むと皮膚がんの発症リスクが低減することを示す研究もあります。カフェイン入りのコーヒーを毎日4杯飲むと、皮膚がんの中で最も危険な悪性黒色腫の発症リスクが低減します。 研究者たちによれば: 「コーヒーの成分は、紫外線B波が誘発する皮膚の発がんを抑制し、細胞のアポトーシスを誘発し、酸化ストレスとDNA損傷から保護し、表皮細胞の炎症を減らし、DNAメチル化の変化を阻害します。 1日3杯より多くコーヒーを飲む女性は、1月に1杯未満しか飲女性よりも、基底細胞がん(非メラノーマ皮膚がん)の発症率がかなり低くなっています。 焙煎コーヒーには1,000以上の成分が含まれ、がんとの戦いを助ける コーヒーには、いくつかの潜在的な抗がんの要素があります。前述のようにカフェインはその一つで、がんによって、また処方されるときにもよりますが、腫瘍を刺激すると同時に抑制することが示されています。 コーヒーに含まれるリグナン植物エストロゲン、フラボノイドなどのポリフェノールやその他のポリフェノール類は、カフェイン酸と同様、抗がん属性を持つことで知られており、腫瘍の成長に関わるいくつかの要因を不活性化します。その中には、細胞周期調節、炎症とストレスへの応答、アポトーシスも含まれます。 研究者たちは雑誌BMC Cancerでこう述べています。 「コーヒーには二つのジテルペン、カフェストルとカワヴァルが含まれています。これらの成分は、抗発がん性と同等の生物学的な効果を生み出します。その中には、発がん物質の解毒に関与する第II相酵素の誘導、発がん物質の活性化に関与する第I相酵素の活性の特異的阻害、細胞内の刺激が含まれます。 コーヒーはまた、酸化防止効果に寄与するクロロゲン酸の主要な供給源です。クロロゲン酸を摂取すると、ラットのグルコース濃度が減少することが示されています。また、クロロゲン酸の分解生成物であるキニデスを摂取すると、インスリン感受性が高まります。 慢性高インスリン血症とインスリン抵抗性は、何らかのがんが存在する高い可能性を示すマーカーとみなされています。」 コーヒーのもたらす恩恵:心臓から脳まで コーヒーが健康増進効果をもたらすことが十分確認されたことから、政府の諮問委員会は2015年版のアメリカ人の食事ガイドラインで、初めてカフェインを推奨することになりました。この報告書では、アメリカ人はコーヒーを毎日5杯(カフェイン約400ミリグラム)飲んでも、健康上の不利益を受けることはなく安全だと述べています。 カフェインの推奨は、複数のメタ分析や慢性病とコーヒーの関連を評価する研究に基づいています。その慢性病の中には、がん、2型糖尿病、心臓病、パーキンソン病、そしてアルツハイマー病が含まれます。次に、これらの研究が示している事例をいくつかあげてみましょう。 心臓の健康 25,000人を対象に行ったある研究では、普通の量のコーヒー(毎日3~5杯)を飲む人は、まったくコーヒーを飲まない人や5杯よりも多く飲む人に比べて、冠状動脈のカルシウム沈着が少なくなっています。 動脈プラークの大部分は、カルシウム沈着(アテローム性動脈硬化症)から成っており、それで「動脈硬化」と呼ばれるのです。冠状動脈のカルシウムは、将来的な心臓病の発症リスクを判断する材料として重要なものです。 それに加えてある研究では、適度にコーヒーを飲んでいると、心臓の鼓動に問題が起きて入院する確率が減少することが示されています。また別の研究では、小血管の血流を30パーセント増加させる可能性があることが判明しており、それによって心臓の負担が少なくなります。 さらに、11の研究と約48万人のデータを使ったメタ分析では、コーヒーを1日2杯から6杯飲むと、脳卒中の発症リスクが低減することが示されています。 多発性硬化症とパーキンソン病 コーヒーを毎日4~6杯飲むと、大量のコーヒーを5年から10年飲み続けるのと同じく、多発性硬化症の発症リスクが低減します。研究者たちによれば、「カフェインには神経保護特性があり、前炎症性サイトカインの産出を抑制します。」コーヒーとカフェインを大量に摂取すると、パーキンソン病の発症リスクが低減します。」 認知症 カフェインは、神経伝達物質のセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンの産出を促進し、脳由来の神経栄養因子(BDNF)を放出させ、これによって脳幹細胞を活性化して新たなニューロンへと変換し、それによって脳の健康状態を改善します。 軽度の認知障害があり、コーヒーを飲むことでカフェインの血中濃度が高い人では、完全な認知症に進む可能性は少なくなります。「カフェイン入りコーヒーを飲むと、特に既に軽度の認知障害がある人にとっては、認知症の発症リスクが低減し、あるいは発症を遅らせます。」と研究者たちは述べています。 若年死 ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンに掲載された研究によれば、コーヒーの摂取は若年死と逆向きの関連があります。コーヒーをたくさん飲むほど、心臓病や呼吸器疾患、脳卒中、けが、事故、糖尿病、感染症などによる死亡リスクが低くなるのです。 アメリカではコーヒーが酸化防止成分の供給源ナンバー1 コーヒーがアメリカ人の健康にとても劇的な効果をもたらすもう一つの理由は、コーヒーがアメリカの食事では酸化防止成分の供給源ナンバー1だからです。アメリカ化学学会の第230回全国会議で発表された研究によれば、アメリカ人はコーヒーを飲むことにより、他のどの食事による供給源よりも多くの酸化防止成分を摂取している、とのことで、研究者たちは「これに匹敵するものはない」と述べています。 コーヒーの酸化防止成分には、かなりの分量のヒドロケイ皮酸とポリフェノールが含まれています。酸化防止成分は、活性酸素(ROS)やフリーラジカルからの攻撃に対し、細胞に適切な防御手段を与える自然のやり方なのです。 フリーラジカルは1種の高反応性代謝産物で、正常な代謝とエネルギー生産の結果として人体で自然に作られます。これは、煙草の煙や太陽光、化学物質、宇宙からの放射線と人工の放射線などの環境毒素に対する人体の自然な生物学的反応で、医薬品の重要な特徴でもあります。人の体は、運動しているときや体の中に炎症があるときにもフリーラジカルを生産します。 これらの重要な微量栄養素を摂取している限り、人体は、毎日汚染物質にさらされることによる老化に抵抗できます。フリーラジカルを抑える手助けをする酸化防止成分を十分摂取できないと、酸化ストレスにさらされることになり、細胞増殖と臓器損傷をもたらすことになります。 ベリーなどの果物や野菜は、酸化防止成分の理想的な供給源ではありますが、多くのアメリカ人は推奨されている分量を食べていません。ですから、毎日ベースで飲むコーヒーが、酸化防止成分の食事による摂取量の大部分を占めることになるのです。コーヒーを飲まない方でも、新鮮な農産物を食べれば酸化防止成分の摂取を簡単に増やすことができます。それに、コーヒーを飲む方であっても、様々な種類の供給源から酸化防止成分を摂取することは大事なことです。 カフェイン抜きコーヒーは健康にいい選択? カフェイン抜きコーヒーに使われるコーヒー豆は、カフェインのほとんどを取り除く処理をします。カフェイン抜きコーヒーのラベルを貼るためには、元々のカフェイン含有量の97パーセントを取り除かなければなりません。これは、カフェイン感受性の高い人にとっては望ましいことですが(たとえばレギュラーコーヒー一杯で神経過敏になるなど)、考慮すべきことがいくつかあります。第1に、コーヒーの健康増進効果に関する研究の中には、カフェイン入りコーヒーの方がカフェイン抜きコーヒーよりも効果的であること示すものがあることです。 特に、カフェイン入りコーヒーが肝障害の発症リスク低減、代謝率の増進、うつ病と自殺思考の発症リスク低減、運動能力の向上をもたらすのに対し、カフェイン抜きコーヒーにはこのような効果はありません 最もよく使われる手法は、直接法です。これは、コーヒー豆からカフェインを取り除くために化学塩化メチルを使います。例えば、スターバックスはこの処理過程を多くのカフェイン抜きコーヒーをいれるのに使います。(「自然に近い方法で処理した」カフェイン抜きコーヒースマトラブレンドも提供していますが) 国立がん研究所は、塩化メチルを発がん物質の可能性があるとしてリストに載せていますので、このようなカフェイン抜きコーヒーは避けたほうがよいでしょう。(微量の塩化メチルがたまにカフェイン抜きコーヒーで検出されますが、普通は1ppmを下回る量です。)自然プロセスの脱カフェインは、酢酸エチル(植物ホルモン)か二酸化酸素をカフェインを取り除くのに使いますが、スイスウオータープロセスは水だけを使います。コーヒーでは二酸化炭素方式かスイスウオーター方式だけが有機的と認証されます。カフェイン抜きコーヒーを選ぶときは、これら二つの方式で脱カフェインしたコーヒーを選ぶようにしましょう。 もう一つの選択は、単にカフェイン含有量の少ないブレンドを求めているのであれば、アラビカ種の豆を選ぶことです。アラビカ種の豆は元々、ロブスタ種の豆の半分しかカフェイン成分が含まれていないのですから。また、カフェイン抜きコーヒーであっても、カフェインゼロではないということを忘れないでください。(普通のカフェイン抜きコーヒー1杯には3~18ミリグラムのカフェインが含まれており、レギュラーコーヒー1杯には140~300ミリグラムのカフェインが含まれています。) 次に、妊娠中の女性が知っておかなければならない重要なことです。公衆衛生当局は、妊娠中の女性は1日のカフェイン摂取量を200ミリグラム(又はコーヒーを1日2杯)に制限することを提案しています。しかしながら、カフェインは成長中の胎児に重大な影響を与える可能性があります。 カフェインは胎盤を自由に通り抜けることができ、またカフェインは赤ん坊に何ら健康増進効果をもたらすこともなく、ただ害悪をもたらす可能性があるだけであり、私は声を大にして、妊娠中の女性はいかなる形のカフェインであれ避けるべきことをお薦めします。 コーヒーをだめにする飲み方 健康増進のためコーヒーを飲みたいのならば、コーヒーをブラックで飲むことです、砂糖も、非乳製品のクリーマーもクリームも、香料も入れないで。コーヒーにクリーマーや非乳製品クリーマー、砂糖、その他の甘味料、香料などを入れると、治療効果が失われ、健康を損なう恐れがあります。 ポリフェノール酸化防止成分の自然状態での混合物質は、コーヒーを実に健康的なものにさせます。しかしながら、コーヒーに乳製品を加えると、健康増進効果のあるクロロゲン酸類の体内への吸収を妨げることを示す研究もあります。一方、コーヒーに砂糖を加えるとインスリン濃度が上がり、インスリン抵抗性を引き起こします。 また、コーヒー豆は最も大量に殺虫剤が散布されている作物の一つです。ですから、有機栽培と認定されたコーヒー豆以外選んではいけません。忘れてならないのは、殺虫剤やその他の化学物質を振り撒かれたコーヒーを飲んでしまうと、どんな健康増進効果も帳消しになってしまうということです。可能であれば常に、今現在も続いている熱帯雨林とそこに生息する鳥たちの滅亡を防ぐ一助となるように、持続可能な「木陰栽培」コーヒーを購入しましょう。 木陰栽培のコーヒーは良い味がするという人はたくさんいます。それに、皆さんは古くなったコーヒーではなく、香りと味が新鮮なコーヒー豆の粒を買いたいと思うでしょう。コーヒーに心地よい香りがしなければ、おそらく腐っています。腐敗を防ぐためには自分でコーヒー粉を挽くことです。あらかじめ粉にひかれたコーヒーは、家に持って帰るまでに腐臭を発するかも知れないのですから。ドリップコーヒーメーカーを使うときは、必ず非漂白フィルター使うようにしましょう。明るい白色のフィルターは塩素漂白されており、コーヒーをいれるときこの塩素がいくらかフィルターから浸出します。漂白されたフィルターは、ダイオキシンなど、消毒の際に出る危険な副産物で満ちていることでも悪名が高いのです。 最後になりますが、ほどほどのコーヒーは健康増進効果があるものの、飲み過ぎないように気をつけましょう。1日に10杯以上コーヒーを飲むと、かえって悪い影響が出るとの研究結果もあるのですから。カップ1杯のコーヒーというとき、多くの研究はそれをカフェイン約100ミリグラムを含む5~8オンス(約150~240ミリリットル)と考えていますが、多くのコーヒー店では、小カップが12オンス(約360ミリリットル)で始まり、大カップは20~24オンス(約400~480ミリリットル)になります。実際に自分がどのくらい飲んでいるのか、はっきり知っておきましょう。