オーストラリアのコーヒー文化

世界中のコーヒーが集まる     オーストラリア人は、世界中で見ても。コーヒー愛好家の特に多い国の一つといえます。 オーストラリアは、世界のほとんどの国から、コーヒー豆を輸入し、受け入れています。 さらに、オーストラリアのコーヒー文化は都市の中心部、トレンディなビーチサイドの休暇のための保養地に縛られているわけでは無く、多数の国の町、ワイン産地、と関係しています。 コーヒーは、1788 年に、最初の艦隊に積まれて持って来られました。品質に関しては疑問符の残るものでしたが、1950年台に質の良いエスプレッソ コーヒーが導入されるまで続いていました。 これは主としてヨーロッパからの移民の影響が大きく、イタリア、ギリシャ、フランス、トルコ、オーストリア、ハンガリーなど、いつも自宅でコーヒーを楽しんでいた家族たちの影響ですが、彼らにするとオーストラリアで、常に近所のカフェで、人気のエスプレッソやラテを見つけることは簡単ではなかったようです。       コーヒーの消費量は劇的に増加     過去数十年、コーヒーの消費量は劇的に増加し、現在、オーストラリア人一人当たりの年間コーヒー消費量は2.9 kg。50年前はわずか0.6 kgでしたから、その増加ぶりが分かります。     カフェの大規模なオープンもありますが、屋外の飲食に最適な気候で、ショッピング モール、ビーチ、公園、路上のカフェ、テーブルでコーヒーを楽しむことができるのも一因となっているようです。    

日本のコーヒー文化

コーヒーの紹介   日本は1700年頃から長崎の出島でオランダと交易をすることになり、 このときコーヒーが紹介さました。 江戸時代(1603-1867)の初期に 徳川家康はキリスト教布教を禁止する一方、鎖国政策を広げ、 外国との交易を禁止させましたが、 布教活動をしていないオランダ、中国は例外として貿易を続け、 後日、日本がヨーロッパの文化を受け入れることができる きっかけを用意したことになります。 当時は、出島に出入りが許可されていた商人や 貿易従事者など一部に限られていた人だけが、 コーヒーを飲むことができました。 一般の人が飲み始めたのは、 しばらく後の1854年に開港した江戸時代末期から 明治時代明治時代(1868-1912)になってからのことです。 日本コーヒーの歴史の始まり 出島は、長崎沖に人工的に造られた扇形の島で、 オランダ商人は、ここに居住し、日本と貿易を続けました。 日本人の出島出入りは管理や商人などの 許可を受けた少数の人員のみでしたが、 彼らによって初めて日本でコーヒーが飲用され始めました。 しかし、日本全域にコーヒーが伝播され、 日常的に飲用され始めたのは、これよりはるかに後の1854年です。 1854年ペリー提督によって函館と下田を開港し、 日本では、この両方の港をはじめ、 長崎、横浜などにも外国人滞在者が多くなりました。 それらの関係で外国商人が自然に入ってくると、 このとき、外国人との接触のあった多くの日本人たちによって コーヒーが飲まれ始めました。 一方では、留学生、視察団、欧米旅行者が海外旅行中、 西洋の食生活を直接体験しながら コーヒーを飲む習慣を持ち込むようになった。 明治時代初期の日本人が経営する 西洋料理店が東京のホテルでオープンし、 食べ物と一緒にコーヒーを提供し始めたのが 広告や複数の新聞や雑誌に掲載され、知られるようになります。 日本初のコーヒーハウス 日本初のコーヒーハウスは1888年4月23日、東京でオープンした。 日本のコーヒー業界は、この場所に標石を立て、 自国コーヒーの歴史の記念碑的瞬間を称えています。 日本初のコーヒーハウス 1988年UCCコーヒー博物館が発行した「日本初のコーヒー店」によると、 日本のコーヒーハウスの始まりは、 1888年4月23日、東京にオープンした、日本最初の「可否茶館」である。 この本には、新聞報道と広告スクラップ、 作家たちのスケッチなどが詳細に紹介されている。 1877年浅草のコーヒー店に関する記事など 数箇所にコーヒー店の広告が載っていて、 日本初のコーヒーハウスについて議論の余地がないわけではありませんが、 まさに喫茶店を最初のコーヒー店と十分に伝えることができる 調査と研究がよく整理されていています。 1888年、前年火災で焼失した東京中心部の200坪の土地に8セル、 5セル建て木造2階洋館を建てた。 コーヒーにミルクが入ったコーヒー、 キューバから来た葉巻、ボルドーから酒とパンとバターが用意されている 本格的なコーヒー店だった。 青いペンキで塗られた2階建ての建物の地下には、 ビリヤード台があった窓ガラスが付いた玄関のドアを通って 1階には碁盤、将棋盤、シンムンチョルなどが置かれていた。 トランプ遊びをしたり、 筆と硯があり文章を書くことができる別の部屋あった。 2階はコーヒーを飲む空間でのラウンドと 正方形のテーブルが一団となっており、 籐の椅子を二つおり、単独で座ることができる席も設けていた。 壁紙に優雅に装飾した天井のランプは、 華やかさを加えて、米国やヨーロッパのコーヒー店のような姿をしていた。 主に知識人層がゲストとして出入りひていた。 当時、コーヒー1杯の値は決して安くはなかった。 現在の日本のコーヒー店 日本の代表的コーヒーメーカーであるUCCがコーヒー博物館を運営するなど、自国のコーヒーの歴史と文化を発掘して保存するのに先立っている。 日本のコーヒーの歴史は1700年頃まで遡る。 開店45年が過ぎた日本のコーヒーハウス、ルノーアールは、 現在でも若い顧客に人気があり繁盛している。