コーヒーは体に良くないの?適度な摂取を心がければ、コーヒーにはたくさんの健康に良い点があるんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「ピックアップ注目!!」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆オーガニック(有機栽培)コーヒー https://coffeeeee.net/product-category/coffee-categories/organic/ ◆ハーブティー https://coffeeeee.net/product-tag/%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc/   コーヒーは多くの健康的に良い点があります。しかし、同様に少数のリスクも伴います。 ・コーヒーは、適度な摂取を心がけるならば、体に悪いわけではありません。 ・コーヒーはたくさんの健康に良いことがあります。元気になったり、必要な栄養が含まれていたり、心臓病や、2型糖尿病のような長期にわたる病気のリスクを低減させたりもします。 ・しかしながら、コーヒーを大量に摂取したり、コーヒーにたくさん砂糖を入れて飲むならば、コーヒーは体に害をもたらす可能性があります。この記事では、適量かどうかを知る手がかりを紹介します。 ・この記事は、かかりつけ医であり、テキサス・A&M・カレッジ・オブ・メディシンの臨床助教授であるジェイソン・R・マックナイト氏(MD,MS)によって医学的に記されました。 アメリカ人のうち、およそ49%の大人が、コーヒーを日常的に飲んでいます。では、コーヒーは健康に良いのでしょうか、悪いのでしょうか。研究によると、摂取量に応じて、良い点と悪い点の可能性が指摘されています。 この記事では、コーヒーを飲むことについて、知っておくべき利点とリスクを紹介します。また、コーヒーの優れた効果を得るために、どの程度の量を摂取すれば良いのかも紹介します。 コーヒーを飲むことで、元気になり、集中力を高めます コーヒーは集中力や注意力を高めます。朝の気怠さから目覚めさせ、コーヒーを飲むことで元気を得ます。コーヒーにはカフェインが含まれているからです。このカフェインは、向精神薬のひとつです。中枢神経系を刺激し、注意力、集中力、幸福感を感じるように気分を変化させます。この効果は通常、約4時間持続します。 参考に、8オンス(226グラム)のコーヒー中には、約133ミリグラムのカフェインが含まれています。同量のお茶の中には、わずか53ミリグラムのカフェインしか含まれておらず、12オンス(340グラム)のソフトドリンク中には、わずか65ミリグラムのカフェインしか含まれていません。 コーヒーは偏頭痛の痛みをやわらげます 偏頭痛の発症時には、脳内の血管が拡張し、血流が増加します。コーヒー中のカフェインは血管を縮小させ、脳内の血管を狭くすることで、血流を低下させ、痛みを和らげます。 頭痛の治療法の多くにカフェインが使用されているのは、そのためです。たとえば、市販薬のエキセドリンやBCパウダー、処方箋医薬品のフィオリセットがそれにあたります。 コーヒーは長期にわたる健康を支えます ジャーナル・ディベート・ケアが2006年に発表した研究では、デカフェであるかどうかにはかかわらず、コーヒーを飲むことで、中年からより若い年齢の女性の2型糖尿病の発症リスクが低くなったと示されています。これらの結果からは、インスリン値を一定に保つことに関して有益であるのは、カフェインだけには限らないということがわかります。 「コーヒーは、老化防止剤や微量栄養素が含まれているために、心臓発作や脳卒中を引き起こす循環器疾患のリスクを減らすとも考えられています」と、キュレーティブ・ニュートゥリションのオーナーであり、プライベート・ニュートゥリション・カウンセリング・プラクティスであるキャロル・パディソン(RDN,LD)氏は述べます。 コーヒーには、日常的に摂取されるべき他の栄養素の大部分は含まれていない一方で、以下のビタミンやミネラルが含まれています。 ・ナイアシン 1杯のコーヒーには約0.5ミリグラムのナイアシンが含まれています。肌を健康にし、消化を助ける作用のあるビタミンB群の仲間です。 ・カリウム 1杯のコーヒーには約16ミリグラムのカリウムが含まれています。心臓の動悸を正常に保ち、筋肉と神経系の働きを助けます。 ・マグネシウム 1杯のコーヒーに約7ミリグラムのマグネシウムが含まれています。重要な 調節酵素であり、骨を強くし、心臓を健康に保ちます。 コーヒー飲料の中には不健康な材料が含まれていることもあります しかし、どのようにコーヒーを飲むのかが重要です。「コーヒーは健康に役立ち得ます。ただし、砂糖を大量に入れたり、むやみに摂取しない限りにおいては、です」と、パディソン氏はいいます。「健康を害さないためにブラック・コーヒーを飲まなければならないというわけではありません。かれども、どのようにコーヒーに味を加えるかには注意を払わなければなりません」。 スターバックスのような人気のコーヒー店では、多くのドリンクに液状の砂糖が大量に含まれています。その代表的な例がホワイト・チョコレート・モカです。430カロリーのラージサイズのドリンクで、53グラムの砂糖と18グラムの油分が含まれています。 摂取のしすぎは健康を害する場合もあります コーヒーによって受ける影響は人によって異なります。刺激物としてのコーヒーの効果に著しく耐性を示す人もいれば、たった1杯で神経が過敏になる人もいます。 もしコーヒーに対して耐性が低いと感じるのであれば、通常よりも多くコーヒーを飲むと、次のような体の症状があらわれるでしょう。 ・頭痛 ・心臓の動悸 ・神経過敏 ・不眠症 ・お腹の不調 ・いらいらする コーヒーをどのくらい飲めば良いのでしょうか コーヒーを飲むことで健康的な恩恵を受け、リスクを最小限にするためにも、1日につき4杯8オンス(226グラム)以下の量のコーヒーを飲むべきだと、マヨ・クリニックは奨励しています。これはカフェイン400グラムに相当します。 しかしながら、アメリカン・アカデミー・オブ・ペディアトリックスによると、12歳から18歳の青少年は、1日につき1杯のコーヒーしか飲んではいけないとしています。加えて、妊娠中の女性は、1日につきカフェイン量の摂取は2杯未満に留めなければならないとしています。 重要なこと 全体的に、コーヒーを飲むことで自分自身がどのように感じるのかに注意を払うことが重要です。ある人はコーヒーの効果にとても敏感でしょう。日常的にカフェイン入りの飲料を飲むのに慣れていない人は特にです。けれども、毎日4杯8オンス(226グラム)以下の量を飲むように注意するのであれば、コーヒーは多くの健康的な恩恵をもたらしてくれるでしょう。

ナショナル・ニュートリション・ウィーク(全国栄養週間):驚くべきコーヒーの健康的な効果

9月から始まるナショナル・ニュートリション・ウィーク(全国栄養週間)の前に、コーヒーの背景にある、あまり知られていないコーヒーの健康的な効果とそれにまつわる科学を紹介します。 あらゆる飲み物の中で、コーヒーはいつも愛おしく、平日の憂鬱さを打開し、ロマンチックなデートの雰囲気を保つために用いられています。けれども、元気にしてくれるという事実以外は見過ごされがちではありますが、コーヒーは抗酸化物質が多く含まれており、健康に良い栄養素が複数含まれているのです。 複数の研究によると、他の飲料と比較してコーヒーを飲む人は、いくつかの深刻な病気のリスクがはるかに低いといわれています。 9月から始まるナショナル・ニュートリション・ウィーク(全国栄養週間)の前に、コーヒーの背景にある、あまりよく知られていない健康的な効果とコーヒーにまつわる科学についてお伝えしましょう。これらの事実は、それがどれほど直観に反するものであるかどうかに関係なく、目覚めた時から眠りにつくまで、私たちをとりこにするのです。 うつ病と戦ってくれます コロナの流行で、家で仕事をするほかなく、家でおこるあらゆる困難に対処する以外に行く場所もなく、やることもほとんどないため、日常を輝かせるのにコーヒーよりも優れているものはないのです。 うつ病の発症リスクを下げることから、自殺のリスクを劇的に減らすことに至るまで、コーヒーはすべてに効果があるのです。 2011年に発表されたハーバード大学の調査によると、1日につき4杯以上のコーヒーを飲んだ女性は、うつ病になるリスクが20%低いことがわかりました。別の研究によると、1日に4杯以上のコーヒーを飲んだ人は、自殺で死ぬ可能性が53%低いことがわかっています。 コーヒーを飲んで昼寝することの効果 短時間だけ寝るとき、その前にコーヒーを飲むと、アデノシンに影響を与えます。アデノシンは、睡眠を促進し、カフェインを受け取る脳の能力を高めます。 就寝前ではなく、15分から20分の短時間の昼寝をする直前に、カフェインを摂取することを専門家は提案しています。 昼寝前にコーヒーを飲むことにより、30分以上の睡眠となる徐波睡眠に陥るのを防ぐことができます。コーヒーを飲んでおこなう仮眠は、徐波睡眠中に目覚めるときに起こる眠気と方向感覚の喪失がおこる睡眠慣性を防ぎます。 また、夜間の睡眠障害を避けるために、就寝時刻の6時間以上前にコーヒーを飲んだ状態で昼寝をすることをお勧めします。 洗顔をしたり、明るい光を浴びたり、コーヒーを飲まずに昼寝をする、またはコーヒーを飲んでずっと目覚めているよりも、コーヒーを飲んでから行う昼寝は、カフェインの摂取で深い睡眠に入らない時には、目覚めたときに元気と注意力を高める効果があるのです。 ガンの発症リスクを下げます 人体で無秩序な細胞増殖をおこなうことを特徴とするガンは、世界中の人々の主要な死因です。コーヒーはこの病気の発病リスクにさえも、対抗する効力を発揮します。コーヒーを飲む人は肝臓癌と結腸直腸癌の発症リスクが低いことがわかります。これは、複数の研究で、1日4〜5杯のコーヒーを飲んだ人は、結腸直腸癌のリスクが15%低く、肝臓癌のリスクが40%低いことが示されているためです。 2型糖尿病の発症リスクを減らします 2型糖尿病は、現在、世界中で数百万人に影響を及ぼしている深刻な病気ですが、コーヒーを飲む人は、いくつかの理由で2型糖尿病を発症するリスクがはるかに低くなっています。 45万7922人を対象とした18件もの研究調査では、毎日のコーヒーを1杯飲むことで2型糖尿病のリスクを7%低下させることに関連していることが明らかになりました。 別の研究では、2型糖尿病になるリスクが23%から50%低いことが示されています。他のいくつかの研究からは、最も大きく減少した数値は67%であったことがわかりました。 長寿に結びつきます コーヒーを飲むことにより健康的な効果が得られることや、様々な病気にかかる発症リスクを低めるというメリットを享受している人はほとんどいません。しかし、実際、コーヒーを飲む人は早世のリスクを低く抑えていることが、20年にわたる研究によるとわかります。研究では、コーヒーを飲んだ2型糖尿病の人の死亡リスクが30%低いことが明らかになり、他のいくつかの研究では、18年から24年間コーヒーを摂取すると、女性の死亡リスクが26%低下し、男性の死亡率が20%低下することが明らかになりました。 脂肪を燃焼させ、身体能力を改善することのほかに、多くの重要な健康上の良い点を備えているコーヒーは、まさに私たちの喜びの杯だといえるでしょう。

コーヒーはあなたの健康に良いか?科学的見解

何年もの間、コーヒーは不健康な嗜好品であり、発がんの可能性もあるとさえ見なされてきました。しかし最近の研究では、コーヒーは発がん性物質ではなく、適度に飲用しさせすれば、より健康的な効果を得られると、ニューヨークタイムズのマックキーンは報告しています。 コーヒーは発がん性があると考えられていました。 コーヒーの悪評の一部は、それが発ガン性物質であるという疑念から生じました。コーヒー豆を焙煎すると、化学物質であるアクリルアミドが生成されます。これは、米国癌協会(ACS)によると、動物の飲料水に一定量で入れたときに、マウスとラットの癌のリスクを高めることが示されています。「人々が食品にさらされるレベルよりも1,000から10,000倍高い。」その疑念は2010年に訴訟になり、カリフォルニアのコーヒー業界に焙煎プロセスからアクリルアミドを排除し、飲料に警告ラベルを含めるように働きかけました。   しかし、公衆衛生の専門家は動物実験の結果を人間に外挿法によって推定することに対して警告を発しており、最近の研究ではコーヒーが実際にいくつかの癌を発症するリスクを減らす可能性があることさえ示唆しています。その結果、2016年の世界保健機関は、「発がん性の可能性がある物質」のリストからコーヒーを削除し、「コーヒーを飲むことによる発がん性の影響に関する決定的な証拠はない」と述べています。   コーヒーはどのようにして悪評を覆したのか。   マックキーンの報告によると、WHOが「発ガン性物質の可能性あり」リストからコーヒーを削除したのとほぼ同時に、この飲み物のイメージが米国の食事ガイドラインから大きく躍進したとのことです。2015年にHHSは、健康的な食事の一部として初めて適度なコーヒーを飲むことを推奨する食事ガイドラインを発表しました。   マックキーンの報告によると、コーヒーに関するこれまでの研究では、コーヒーを大量に飲む人は喫煙者でもあるかどうかなどのライフスタイルの要因は考慮されていませんでした。それが行われると、それはコーヒーが実際にあなたにとって良い物だと示すはずです。   National Cancer Instituteの研究員であるエリカ ロフトフィールドによれば、「コーヒーが死亡リスクの低下と関連しているという証拠はかなり一貫しています」。   BMJの 2017年の1つのレビューでは、ほとんどの場合、コーヒーは健康上の利益に関連しており、害にはならないことがわかりました。そのレビューのために、研究者らは他の200件以上の研究レビューを検討し、適度なコーヒー消費が心血管疾患の発生率の低下とすべての原因による早期死亡に関連していることを発見しました。 とはいえ、エジンバラ大学の教授であり、BMJ研究の共著者でもあるジョサン ファローフィールド氏は、コーヒーの健康効果に関する研究の多くは観察的であり、したがって因果関係ではなく相関であると警告しました。「コーヒーが健康上の利点の原因であるかどうかは、はっきりとはわからない」と彼は言います。「これらの発見は、コーヒーを飲む人に存在する他の要因や行動が原因である可能性があります。」   節度を覚えること。   また、最近の研究ではコーヒーの消費量と健康との関連が指摘されていますが、科学者たちはカフェインを過剰ではなく適度に摂取することを覚えておくことが重要であると述べています。 HHSの食事ガイドラインによると、1日あたり400ミリグラムを超えるカフェインがどのように人の健康に影響を与えるかについてはあまり研究されていませんが、カフェインの高用量がカフェイン中毒を引き起こし、震え、緊張、そして 不整脈になるとされています。 マックキーンは、カフェインの消費を制限することは特定の人たちにとって特に重要であると報告しています。 たとえば、一部の医療提供者は、カフェインが胎盤から胎児に移動する可能性があるため、妊娠中の母親がカフェインの消費量を1日200ミリグラム以下に制限することを推奨しています。 とはいえ、アメリカ産科婦人科学会によると、妊娠中に消費しても安全な量のカフェインについて調査研究中です。   マックキーン氏は、コーヒーを飲むときに注意すべきもう1つのグループは、カフェインをゆっくりと代謝する人々であると報告しています。イタリアのカターニア大学で人間栄養学の助教授を務めるグロッソ氏によれば、一部の人々はカフェインの代謝を遅らせ、コーヒーは数杯飲ませるが、カフェイン摂取は1杯しか可能でない遺伝的変異を持っている。   しかし、平均的な人にとって、適度にコーヒーを飲んでも心配はないと医師たちは言う、とマックキーン氏は報告している。NYUスクールオブメディシンの消化器専門医で臨床准教授のソフィー バルゾラ氏は、「コーヒーから人を奪うことは残酷のようだ」と述べています。

コーヒーから得ることができる5つの驚くべき健康上の利点とは?

朝、コーヒーを飲むのは好きですか?しかし健康面でその効果を心配しているのでは?もう心配しないで構いません。コーヒーはいくつか健康面に関し、不利な点がありますが、各種リスクを気にしなくて良いほどのとても良い面があります。 あなたがコーヒーから得ることができるたくさんの健康上の利点があります。知ればきっと実行しますよ。   1.コーヒーは心臓病を防ぐのに効果があります。 コーヒー豆の挽き方を勉強したとき、心臓への弊害を防ぐ効果も合わせて勉強したのではないでしょうか。コーヒーは炎症を防ぎ、その事が心臓病へのリスク低減に向けて働きかけてくれます。動脈へのダメージを防ぐことでリスクを下げ、その事が心血管系全体へのダメージを下げてくれます。 2.コーヒーはあなたの癌のリスクを下げるかもしれません コーヒーの抗酸化物質の数が多いことは、癌の予防という点でかなり大きな利点があります。 いくつかの研究は、コーヒーが一部の人々の肝臓癌、黒色腫、および子宮癌のリスクを減らすことを記録しました。 コーヒーに含まれているものが健康上で良いということを明確に証明することはできませんが、健康上の利点がないということではありません!       3.コーヒーは糖尿病の予防に役立つ 糖尿病のリスクが心配ですか? まあ、コーヒーはその脅威をかわすのを助けるかもしれません。 カフェイン入りのコーヒー1杯あたりの糖尿病のリスクが7〜9%低下することが示されている研究もあります。 ただし、これはブラックコーヒーにのみ当てはまります。砂糖、牛乳、スプレンダ、またはクリームをコーヒーに追加すると、朝のコーヒーの健康効果が低下する可能性があります。     4.コーヒーはあなたを幸せにします コーヒーが多くの人々のグループのうつ病の率を下げるのに働きかけたという研究もあります。 これは特にカフェイン入りのコーヒーを飲む女性によって示されました。 コーヒーには、フェルラ酸を含むいくつかの異なる酸が含まれています。フェルラ酸は、うつ病を悪化させると考えられている神経細胞の炎症を軽減すると考えられています。 基本的に、コーヒーは、あなたが幸せを獲得し、幸せであり続けるのを手助けしてくれます。そうでない時と比較して。     5.たくさんのコーヒーを飲むと、多発性硬化症のリスクが減るかもしれません。 あなたが大量のコーヒーを飲んでいるなら、あなたにとってより良い健康上の利点があるかもしれません。最近のいくつかの研究では、1日に少なくとも4杯のコーヒーを飲むと、多発性硬化症を発症する可能性が低くなることが示されています。 それだけではありません。コーヒーを飲むと、アルツハイマー病や認知症を引き起こす他の病気のリスクが低下するという証拠もあります。あなたの老後まであなたを健康に保つことができるコーヒーにはたくさんの健康上の利点があります!       コーヒーから得られる健康上の利点を過小評価することはできません コーヒーは間違いなくあなたの健康に良い影響を与えます。ただし、コーヒーを飲むことがすべての人に推奨されるわけではないことに注意してください。過去にコーヒーを飲む習慣がなければ、医師に相談してみてください。 コーヒーがなくなるまで、お気に入りのブレンドを楽しむ時、気にしてみて下さい。 他の同様のトピックについて詳しく知りたいですか?私たちの他のブログのいくつかをチェックしてください!

栄養士によると、コーヒーの6健康上の利点

私はコーヒー好きです。私はその匂い、味、そして熱いマグカップやジャワの氷のガラスで私の一日を始める儀式が大好きです。数年前にカフェインフリーに行った後でさえ(これについては以下の詳細)、私はコーヒー愛好家のままです。そして、管理栄養士として、私はしばしばコーヒーの長所と短所について尋ねられます。 私の仲間のコーヒー狂信者にとって良いニュースは、最愛の飲料(8オンスカップあたりわずか2カロリー)がいくつかの健康上の利点を提供していることです。ここでは、注意すべきいくつかの潜在的な問題と、decafがどのように適合するかを6つ紹介します。 コーヒーは幸福を支えます 数年前の1つの研究は、私たちの多くが直感的に信じていることを確認しました:コーヒーは幸せなジュースです。研究者は、コーヒーを飲むことは、喜び、優しさ、愛情、満足感、友情、穏やかな、そしてはい、幸せを含む肯定的な感情にリンクされていることを発見しました。調査結果はまた、否定的な感情はコーヒーの消費に結びついていなかったと指摘した。 50,000人以上の女性の別のハーバード大学の研究は、カフェイン入りのコーヒー消費量が増加するにつれてうつ病リスクが減少することを発見しました。 コーヒーには抗酸化物質が含まれています コーヒー豆は、実際には小さな真っ赤または黄色の果物の中の種子です。種子も果物も抗酸化物質が豊富です。実際、ある研究では、コーヒーが総抗酸化摂取量の唯一の最大の貢献者であることがわかりました. これは、アメリカの成人の65%がコーヒーを飲むと言っているのに対し、10人に1人だけが果物と野菜の最低5人の毎日のサービングを食べるからです。言い換えれば、コーヒーはデフォルトで抗酸化物質のトップソースになります。 それにもかかわらず、コーヒー中の抗酸化物質は健康保護にリンクされています。クロロゲン酸は、コーヒーに豊富なポリフェノールで、炎症を軽減することが示されており、肥満を含む慢性疾患に対する保護に重要な役割を果たす可能性があります。 コーヒーフルーツについて疑問に思っている場合に備えて、堆肥に変えたり、乾燥させてお茶として醸造することができます。果物にはカフェインも含まれているため、エナジードリンクなどの製品にも使用されています。 コーヒーは2型糖尿病のリスクを減らすかもしれない 30以前に発表された研究の2018メタ分析は、コーヒーの消費は2型糖尿病のリスクと逆に関連していると結論付けました。研究者は、病気を発症する可能性がコーヒー消費量の1日あたりのカップごとに6%減少することを発見しました。科学者は、リンクの考えられる理由は、コーヒーの抗酸化および抗炎症効果、カロリー燃焼を高める能力、および健康保護腸内微生物の内容と多様性への影響を含むと言います。 コーヒーは他の病気の低い率に結びついている 研究は、コーヒーの消費は、特定の癌から保護することができることを示しています , 大腸, 子宮内膜, 前立腺癌, 心臓病やパーキンソン病.生涯コーヒー/カフェインの消費も認知機能の低下の予防に関連付けられている、 脳卒中のリスクの減少. 脳の健康の面で, カフェイン入りのコーヒーは覚醒をアップし、また、消費後24時間までの記憶を改善することができます. コーヒーはあなたのトレーニングを後押しするかもしれません いくつかの研究は、適度に, カフェインは、運動性能を高めることを示しています。.効果は、改善された循環を含みます,筋肉の強さの増加, 持久力, 力, プラス痛みの減少.それはあなたがトレーニング中に少し難しくプッシュするのに役立ちます, 筋力や持久力のより良い改善をもたらす. 応用生理学のジャーナルに掲載された研究は、アスリートが徹底的な運動に続いて炭水化物とカフェインの両方を消費するとき、筋肉炭水化物店がより迅速に補充されることを発見しました。炭水化物単独と比較して,このコンボは激しい運動の4時間後に筋グリコーゲン(炭水化物の貯蔵形態)の66%の増加をもたらした。エネルギーのこの急増は、あなたの心拍数を上げる準備ができている次の時間に、より一生懸命に運動する能力を高めます。 コーヒーは一貫している場合は脱水状態ではありません カフェインは長い間、その利尿効果のために脱水症状に寄与したことで批判されてきました, 流体損失を引き起こします.しかし、新しい研究は、一貫したカフェイン摂取の約4日後に、あなたの体が調整し、脱水効果を否定することを示しています。トリックは、あなたが一貫性を持っている必要があります。言い換えれば、朝にコーヒーを1杯飲んだり、時には3杯いたり、午後に手を伸ばしたりする場合は、頭痛や低エネルギーなどの利尿副作用を感じることがあります。 デカフェはまた、利点を提供することができます カフェインをやめた後、私はより良い睡眠を取り始め、私のエネルギーの均一性が向上しました。私はまた、カフェインの刺激効果によってマスクされていない、私の本当のエネルギーレベルにもっと調整を感じました。そして幸いなことに、デカフは依然として抗酸化物質、疾患保護(2型糖尿病を含む)、さらには覚醒の増加などの健康上の利点を提供しています。だから、あなたが私のようにコーヒーを楽しむが、カフェインがあなたに同意しない場合は、あなたはまだカフェインレスの形でその報酬の多くを得ることができます。 考慮すべき潜在的な欠点 カフェインがあなたの体に与える影響は、あなたの遺伝子にリンクされています。.カフェインの遺伝的に遅い代謝産物である人々は、実際にはカフェイン入りのコーヒー消費量を増加させた後、心臓発作、高血圧、および糖尿病のリスクが高いのに対し、速い代謝器はこれらのリスクを運びない。遅い代謝物の, 研究はまた、カフェインが運動性能を阻害することを示しています, むしろそれを高める. カフェイン代謝に影響を与える変異体の遺伝子をテストすることは、通常、あなたの医者から要求できるものではありません。しかし、研究ベースのテストは、利用可能です. 一部の人々のためにカフェインはまた、胃の火傷を含む消化神経刺激を引き起こすだけでなく、胃の不調、不安、急速な心拍、およびリバウンド疲労を引き起こす可能性があります。最後に、妊娠中のコーヒー消費量は、低出生体重、早産、妊娠喪失に関連しています。 ボトムラインのアドバイス コーヒーが好きなら、その利点をお楽しみください。しかし、一貫性を目指し、それをやり過ぎない – 1日に5杯以下(スターバックスから5ショートカップまたは2.5のグランデカップの量)を飲む必要はありません。また、人工甘味料や大量の砂糖を加えたような望ましくないアドインでそれをドクターアップしないでください。通常のコーヒーを飲む場合は、他の覚醒剤と組み合わせておらず、睡眠を最適化するために少なくとも6時間前にカフェイン摂取量を遮断してください(あなたに影響を与えないと思う場合でも)。

コーヒーは科学的にあなたの健康に良いのか?

何年もの間、コーヒーは不健康な甘やかしとさえ発がん性物質とみなされていましたが、最近の研究はコーヒーが発がん性物質ではないことを示し、飲料が適度に消費されたときにより良い健康結果に関連していることを示唆していると、ドーン・マッキーンはニューヨークタイムズのために報告しています。 コーヒーは発がん性物質と考えられていた コーヒーの悪いラップの一部は、それが発がん性物質であるという信念から生じました。コーヒー豆を焙煎すると、化学アクリルアミドが生成され、 米国癌学会(ACS)によると、マウスとラットが動物の飲料水に投与される際の癌のリスクを高めることが示されている”1,000〜10,000倍高い人々が食品にさらされる可能性があるレベルよりも高い。」という信念は、2010年にカリフォルニアのコーヒー産業にアラムライドを排除する訴訟を促した。 しかし、公衆衛生の専門家は、動物実験からヒトへの結果を外挿しないように警告しており、最近の研究では、コーヒーが実際にいくつかの癌を発症するリスクを減らす可能性さえ示唆されています。その結果、2016年に世界保健機関(WHO)は、コーヒーを飲むことの発がん効果に関する決定的な証拠はないと述べ、「可能な発がん性物質」のリストからコーヒーを削除しました。 コーヒーが悪いラップを揺るがした方法 WHOが”可能な発がん性物質”リストからコーヒーを取り除いたのと同じ頃、飲み物のイメージは米国の食事ガイドラインから大きな後押しを受けた、とマックキーンは報告している。2015年、HHSは健康的な食事の一環として適度なコーヒーを飲むことを初めて推奨する食事ガイドラインを発表しました。 コーヒーに関する以前の研究は、重いコーヒーを飲む人も喫煙者であるかどうかのようなライフスタイル要因のために制御されていなかったと、マックキーンは報告しています。それが行われたら、それはコーヒーが実際にあなたのために良いことを示しました。 国立がん研究所のエリカ・ロフトフィールド研究員によると、コーヒーは死亡リスクが低いと結びついているという証拠はかなり一貫しています。 BMJの2017年のレビューの1つは、ほとんどの場合、コーヒーは害ではなく健康上の利益に関連していることがわかりました。そのレビューのために, 研究者は、以上を見ました 200 他の研究レビューと適度なコーヒーの消費は、心血管疾患の低い率とすべての原因による早期死亡に関連付けられていることを発見しました.. しかし、エディンバラ大学の教授でBMJ研究の共同執筆者であるジョナサン・ファローフィールドは、コーヒーの健康上の利点に関する研究の多くは、因果関係ではなく観察的であり、したがって相関的であると警告した。「コーヒーが健康上の利点の原因かどうかははっきりとは分かりません」と彼は言いました。「これらの知見は、コーヒーを飲む人に存在する他の要因や行動に起因する可能性があります。 モデレーションを記憶する そして、最近の研究はコーヒーの消費と健康の関連を指摘していますが、科学者は、過剰ではなく、適度にカフェインを消費することを覚えておくことが重要であると言います。 HHSの食事ガイドラインによると、1日に400ミリグラム以上のカフェインが人の健康にどのような影響を与えるかについての研究はあまりありませんが、カフェインの高用量がカフェイン中毒を引き起こし、震え、緊張、不規則な心拍につながる可能性があります。 カフェインの消費を制限することは、特定の集団にとって特に重要です, マッキーンレポート.例えば、一部の医療従事者は、カフェインが胎盤を通って胎児に移動することができるので、母親が1日200ミリグラム以下でカフェイン消費をキャップすることを期待することをお勧めします。しかし、米国産婦人科医会によると、研究はまだ妊娠中に消費できるカフェインの量を決定していません。 コーヒーを飲むときに注意する必要がある別のグループは、ゆっくりとカフェインを代謝する人々です, マックキーンレポート.イタリアのカターニア大学で人間の栄養学の助教授を務めるジュゼッペ・グロッソ氏によると、カフェインの代謝を遅くする遺伝的変異体を持つ人もいます。 しかし、平均的な人にとって、医師は適度にコーヒーを飲むことは何の懸念も引き起こすべきではないと言う、とマックキーンは報告する。NYU医学部の消化器内科医で臨床医学准教授のソフィー・バルゾラは、「コーヒーを飲む人を奪うのは残酷そうだ」と言いました

コーヒー、紅茶の提供は、健康上の利点の様々なを提供する?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  今日の 「ピックアップ注目!!」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆薬用茶 http://coffeeeee.net/product-category/%e8%96%ac%e7%94%a8%e8%8c%b6/ ◆ロングリーン コーポレーション(Longreen Corporation) http://coffeeeee.net/product-category/coffee-brand/longreen-corporation/ ◆オーガニック(有機栽培)コーヒー http://coffeeeee.net/product-category/coffee-categories/organic/ ◆ライトロースト http://coffeeeee.net/product-category/roasted-coffee/light-roast/ 研究は、コーヒーと紅茶が健康上の利点の様々な提供を示しています。. 寒い冬の間、おいしい暖かい飲み物は魂のための薬になることができます。そして、おそらくより良いまだ、最も人気のある暖かい飲み物のいくつかは、健康上の利点を提供しています。 米国の人口の少なくとも半数が毎日お茶やコーヒーを飲むと推定されているので、2月はハートヘルス月間なので、これら2つのお気に入りが人間の心臓にどのように良いかを見直しましょう。 紅茶やコーヒーを飲まない人は、健康的な食事と定期的な運動によって同様の健康上の利点を得ることができることに注意してください。 紅茶もコーヒーも、ポリフェノールと呼ばれる天然化合物が含まれており、フリーラジカル(体内や細胞に酸化やストレスを引き起こす化合物)と闘う抗酸化物質であり、炎症を軽減し、病気のリスクを軽減します。 研究は、これらの最愛の飲料の特定のタイプの消費からいくつかの可能な健康上の利点を発見した理由です。 紅茶やコーヒーの処理は、ポリフェノール化合物の一部を破壊することができます。したがって、ある種の品種は他のタイプよりも多くのポリフェノールを持っています。茶のポリフェノール含有量に関する研究は、緑茶が抗酸化物質の量が最も高いことがわかりました。 お茶の生産国は中国、インド、スリランカ、ケニアの4大国です。黒、緑、白、ウーロンの4種類の茶は、すべて同じ植物のカメリア・シネンシスの葉から来ていますが、これらのお茶は処理方法によって異なります。 第五の茶は、多くの異なる植物や根、葉、花などの植物の異なる部分から作られているハーブティーです。 お茶のカフェインの量は、醸造とお茶の急などのくらいの時間によって直接影響を受けます;例えば、8オンスのサービングサイズを比較すると、紅茶には約48mgのカフェインが含まれていますが、ウーロン茶は約38mgのカフェインを持ち、緑茶は約29mgでカフェインの最小量を提供しています。 カフェインの総摂取量は400mgを超えてはならないが、これは紅茶の約6杯または4杯以下のブラックコーヒーに相当する。カフェインレスティーとほとんどのハーブティーは、カフェインの非常に少量を持っています. より多くの研究が必要ですが、お茶の消費は体重管理、糖尿病、癌を助け、心臓病のリスクの減少に関連していると考えられています。 いくつかの研究は、緑茶と紅茶を定期的に飲む個人が心臓病のリスクを減らす可能性があることを示しています。. コーヒーにはクロロゲン酸が含まれており、がん、糖尿病、心臓病との闘いに関連する抗酸化物質です。コーヒー豆は、コフィー植物の果実のロースト種子であり、熱水または冷水のいずれかで粉砕し、醸造することによって飲み物のために準備されています。 コーヒーは、東南アジア、アフリカ、南北アメリカを含む世界70カ国以上の赤道付近で栽培されています。 コーヒーの2つの主要なタイプは、消費のために栽培されています:コフェアアラビカ(作物の約70%)とコフォアロブスタ(30%)。 ローストの種類は、コーヒーのカフェインの内容を決定しません。むしろ、カフェインの含有量は、コーヒーを淹れるときに使用されるコーヒー豆の量または密度に基づいて決定されます。 軽く焙煎されたコーヒーは、粉砕や醸造の前に軽く焙煎された豆が密度が高いため、重く焙煎されたコーヒーに比べてより多くのカフェインが含まれます。 醸造コーヒーの8オンスカップは、カフェインの95〜200mgから含むことができます。 そして、カフェインレスコーヒーでさえ、8オンスカップあたり2〜4mgのカフェインが含まれていることに注意してください。 研究は、1日に1〜5杯のブラックコーヒーを飲むことが健康に有益であることが示されていますが、全体的な消費アドバイスはカフェイン入りのコーヒー摂取量を1日あたり2つの8オンスカップに制限することです。 コーヒーの保守的な消費は、心臓発作のリスクを減らすことができます。.研究は、毎日1〜3杯のコーヒーを飲んだ人は、コーヒーを飲んでいない人よりも心血管イベントを起じるリスクが低いことを示しました。 無地のブラックコーヒーを飲むのが最善です。コーヒーに牛乳、砂糖、シロップなどのアイテムを追加することは、それ以外の非常に低カロリーの飲料に砂糖、脂肪、カロリーを追加することを意味します。 私たちの多くはすでに私たちのお気に入りの暖かい飲み物のすべての一口を楽しんでいますが、おそらく彼らも心が健康であることを知ることは、すべてのカップを少し楽しくします。 ステイシー・リードは、ランカスターのペンステートエクステンションを持つ教育者で、食品の安全性と栄養を専門としています。彼女のコラムは、LNPの食品セクションで月の第2水曜日を実行します。

栄養の専門家による健康のための最高のコーヒー注文とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今日の 「ピックアップ注目!!」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆ロングリーン コーポレーション(Longreen Corporation) http://coffeeeee.net/product-category/coffee-brand/longreen-corporation/ ◆オーガニック(有機栽培)コーヒー http://coffeeeee.net/product-category/coffee-categories/organic/ コーヒーは世界で最も人気のある飲み物の一つで、毎年約1,000万トンの飲み物を通り抜けています。しかし、私たちの多くはカフェインが提供する利点のためにそれを賞賛するが、あなたの朝の順序は、実際にあなたが思っている以上にあなたの人生に影響を与えている可能性があります。 米国に拠点を置く栄養士のマックス・ルガヴェレは最近、私たちの健康に関しては、すべてのコーヒーベースの飲み物が等しいわけではないことをInstagramに伝えました。フラペチーノなどの冷たいコーヒードリンクは、砂糖と脂肪で垂木を詰め込みます。 例えば、スターバックスウルトラキャラメルフラペチーノを取ります。ユーバー甘い飲み物の12オンスバージョンは、350カロリー、砂糖の44グラムと脂肪の17グラムが含まれています。アメリカ心臓協会は、平均的な男性のための砂糖の推奨される1日の摂取量は砂糖の37.5グラムでなければならないと言うとき、あなたはすぐに甘い飲み物の過度の消費で発生するいくつかの問題を見ることができます。 解決策は? マックスは、あなたがする必要があるのは、通常のアイスロングブラックに注文を切り替える必要があると言います。それはゼロカロリーが含まれているだけでなく、より多くのコーヒーを得て、健康上の利点をたくさん得るでしょう。彼はParkらの2017年の研究に言及している。この研究では、1日に1杯のコーヒーを摂取する人々(デカフを含む)は、16年間にわたり心臓病、がん、脳卒中、糖尿病、呼吸器疾患で死亡する可能性が12%低く、コーヒーを全く飲まなかった人に比べて、多様な民族的背景と年齢を使用していることがわかりました。 さらに、多民族参加者の大規模なグループに対して行われた別の研究では、定期的なコーヒー消費は肝硬変に感染するリスクを減らすことができ、3番目の研究ではコーヒー消費量の増加が誰かの精神的な幸福を改善し、自殺のリスクを減らすことが判明しました。 そして、日中に少しのライブナーが好きな人にとって、2-3杯を飲んだ人の死亡リスクは18%少なかった。 再利用可能なテイクアウトカップ?次に喫茶店に並んだ時は、注文についてもう一度考えてみてください。あなたの体はあなたに感謝するだけでなく、「長い黒」を注文すると、「アイスモカフラペチーノ、スキニー、余分なクリーム」よりもはるかに少なく聞こえます。

コーヒーは健康な飲み物ですが、飲みすぎに注意

ほとんどの南インド人はコーヒーとチコリの混合物を飲む 健康飲料としてのコーヒーに関する同様の分析は、特殊医療対話の2019年11月28日号に掲載され、ヒナ・ザヒド博士は、「コーヒーは、精神的なパフォーマンス、スポーツパフォーマンス、体液バランス、2型糖尿病、肝機能、神経変性疾患、妊娠、癌、心血管疾患の分野で発表された広範な研究で、私たちの食事の最も研究されたコンポーネントの一つであり、間違いなく私たちの食事の最も研究されたコンポーネントの一つです。メタボリックシンドロームは、世界中で10億人以上の人々に影響を与えると推定され、冠状動脈性心疾患や脳卒中を含む心血管疾患のリスクを増加させる状態です。コーヒー科学情報研究所(ISIC)の報告書は、メタボリックシンドロームと状態を発症するリスクを減らす際のコーヒー消費の潜在的な役割を強調している:「メタ分析の新しい報告書は、1日あたり1〜4杯のコーヒーを飲むことは、観察研究におけるメタボリックシンドロームのリスクの減少に関連していることを示唆している」 メタ分析は、同じ質問に取り組む多くの科学的研究の結果を組み合わせ、これらすべての結果を分析し、それらが同じ結論につながるか、そしてそれらが互いにどのレベルで異なるかを特定します。したがって、主な結論と受け入れ可能な「持ち帰りメッセージ」のより堅牢な要約を提供します。ギセッペ・グロッソ博士らは、イタリアのカターニア大学の同僚たちは、コーヒーの摂取は2型糖尿病、高血圧などのリスクを減少させると結論付けている(グロッソら参照)。栄養の年次レビュー 2017, 37;131-156). ナバロらによる別のメタ分析;臨床栄養2019 Feb.,38 (1): 389-397 は、コーヒーの定期的な消費が高血圧のリスクを減らすのに役立つことを示しています。 これらはすべてコーヒーが健康飲料であることを示唆しているが、少量(3〜5杯の日)で飲み過ぎるのも悪い。メイヨークリニックは、これを超えて行くことは過剰摂取であり、増加したカフェインレベルは片頭痛につながることをアドバイスします, 不眠症, 落ち着きのなさ, 筋肉の震え, 速い心拍.したがって、カップを制限することが賢明です。また、それは子供たちに与えるべきではありません。妊娠中の母親は、さらにカップを制限することができます。 インド到着 もともとエチオピア出身のコーヒーは、すぐに引き継がれ、イマームと信者に警告する(ワインが禁止されていたので)彼ら自身の飲み物としてアラブ人によって引き継がれ、しっかりと保持されました。 16世紀のスーフィー聖ババ・ブダンがアラブ独占から数種の種子を密輸し、1670年にミソレ王国のチクカマガルに植えたと記載されています。しかし、それはアラブのトレーダーによって早くマラバル海岸に持ち込まれたかもしれません。このようにコーヒーはカルナタカ、ケララ、タミルナドゥで植えられ、栽培されました。最近では、アンドラ・プラデーシュ州のアラク渓谷でも栽培され、最近ではインド北東部の「七人姉妹」の州の一部でも栽培されており、何世紀にもわたってインド半島でコーヒー飲料が人気となっているようです。 しかし、その後、ほとんどの南インド人は純粋なコーヒーではなく、コーヒーとチコリの混合物を飲みます。チコリは、スペイン、ギリシャ、トルコの地中海地域で栽培され、栽培されています。ヨーロッパでは単独でもコーヒーの追加としても人気となりました。 それ以来、コーヒーチコリのデュオが人気になりました。英国の作家チャールズ・ディケンズ(「デビッド・カッパーフィールド」と「二つの都市の物語」の名声)は、「コーヒーと少しチコリの組み合わせによって、コーヒーの風味は破壊されませんが、味の豊かさを注入に追加されます。、そして色の深さ – 体 – それは飲み物として歓迎よりもはるかに多くの人々にそれをレンダリングします”そして、植民地時代のイギリス人は、彼らが「キャンプコーヒー」と呼ばれるもの、水、砂糖、4%カフェインフリーのコーヒーエッセンスと26%のチコリエッセンスの秘密のブレンドを導入することによって重要な役割を果たしました。そして、インドの兵士と大勢の人々がそれに温めました。時間が経つにつれて、南インドのコーヒーは、80%のコーヒーと20%のチコリパウダーからより一般的な60-40の比率まで、様々な比率でコーヒーとチコリの混合物を意味するようになってきました。また、インドでは、土壌と気候が最も適したグジャラート州とUP州でチコリを栽培しています。 南インドを越えて 伝統的に、南インドコーヒーは4つの南部の州に閉じ込められ、お茶は北部でほぼ独占的に人気があり、広く飲み込まれましたが、彼らはアッサム、西ベンガル州、そして気候と土壌の条件が植物に最も適している北東部の州の一部で茶工場とその葉を生産、収穫、販売しました。しかし、最近では、より多くの「サウス」も、代替としてではなく、さらに、お茶に取っています。そして、コーヒーに「ノーザンズ」、再び追加。その背景にある大きな理由は、マーケティングです。ここでも、「フィルターコーヒー」とは別に、エスプレッソ、カプチーノ、西洋の紹介など、特に都市住民の間で他のジャンルがあります。あらゆる種類の議論、議論、会議(またはそうでない)、そしてサティヤジット・レイが彼の映画「アガントク」でエピソードしたお茶の上に起こった新しい政治的アイデアは、今では「コーヒーでたくさん起こり得る」と宣伝されているコーヒーショップ(無料Wi-Fi接続付き)を追加しました。

コーヒーが健康に良い可能性とは?

「過去20年間にコーヒーについて学んだ最も重要なことは、それがあなたに悪いという兆候がほとんどないことです」と、ハーバードT.H.チャン公衆衛生大学院の疫学と栄養学の教授、エドワード・ジョヴァンヌッチは言います。「どちらかといえば、飲むのが健康的かもしれないという証拠はもっとある」 利点は、おそらくコーヒーに自然に見られる抗炎症剤と抗酸化物質のためです: ポリフェノール (クロロゲン酸やキニン酸など) とジテルペン (カフェストールやカーウェールなど).コーヒーの健康特典の多くは、カフェインのみで、これらの他の化合物ではなく、カフェインのみが除去されるため、おそらくあまりにも、カフェインに及びます。 研究は、コーヒーは、癌のいくつかの形態を含む様々な条件や疾患のリスクにプラスの効果を持っていることを発見しました。しかし、すべての利点は、それらの背後にある証拠の同じ強さを持っているわけではありません。もちろん、コーヒーにクリームと砂糖の負荷を加えると、そこから得られる利点の一部が相殺される可能性があります。 一般に、人々は安全に1日あたりカフェインの400 mgまで、コーヒーの2〜4 8オンスカップの量を消費することができます。 コーヒーが飲み過ぎると胃を刺激し、不安やジッターを引き起こし、睡眠を妨げ、心臓の動悸の頻度を増加させるものもあります。1日に3杯以上のカップが、偏頭痛を引き起こしやすいように見える。そして、妊娠中の女性、骨粗鬆症のリスクがある人、特定の薬物(一部の抗生物質、抗うつ薬、抗精神病薬を含む)を服用している人は、カフェイン入りのコーヒーの摂取を制限すべきである。 健康に関する主張はどのくらいしっかりしていますか? ジョヴァンヌッチは、現在の研究がしっかりしている場所と、より多くの調査が必要な場所に重点を置いています。 ●最も強い証拠:コーヒーは、子宮内膜癌、胆石、非アルコール性脂肪性肝疾患、肝線維症、肝硬変、肝臓癌、口腔癌および2型糖尿病のリスクを低下させます。 ●適度な証拠:コーヒーは、大腸癌、冠状動脈性心疾患、心不全、脳卒中、黒色腫および非黒色腫皮膚癌、パーキンソン病および呼吸器疾患のリスクを低下させる。そして、それは覚醒、集中、焦点、エネルギーレベルと気分を向上させます。 ●いくつかの証拠:コーヒーは、加齢に関連する認知機能低下のリスクを低下させます, アルツハイマー病, 乳癌, うつ病, 膵臓癌, 前立腺癌;そして、それは腸内の健康な細菌の多様性を増加させます. ●限られた証拠:コーヒーは、おそらくカフェインが覚醒や反応時間を増加させるため、高齢者によって体重増加と落下のリスクを低減します。