に投稿 コメントを残す

ナショナル・ニュートリション・ウィーク(全国栄養週間):驚くべきコーヒーの健康的な効果

9月から始まるナショナル・ニュートリション・ウィーク(全国栄養週間)の前に、コーヒーの背景にある、あまり知られていないコーヒーの健康的な効果とそれにまつわる科学を紹介します。

あらゆる飲み物の中で、コーヒーはいつも愛おしく、平日の憂鬱さを打開し、ロマンチックなデートの雰囲気を保つために用いられています。けれども、元気にしてくれるという事実以外は見過ごされがちではありますが、コーヒーは抗酸化物質が多く含まれており、健康に良い栄養素が複数含まれているのです。

複数の研究によると、他の飲料と比較してコーヒーを飲む人は、いくつかの深刻な病気のリスクがはるかに低いといわれています。 9月から始まるナショナル・ニュートリション・ウィーク(全国栄養週間)の前に、コーヒーの背景にある、あまりよく知られていない健康的な効果とコーヒーにまつわる科学についてお伝えしましょう。これらの事実は、それがどれほど直観に反するものであるかどうかに関係なく、目覚めた時から眠りにつくまで、私たちをとりこにするのです。

うつ病と戦ってくれます

コロナの流行で、家で仕事をするほかなく、家でおこるあらゆる困難に対処する以外に行く場所もなく、やることもほとんどないため、日常を輝かせるのにコーヒーよりも優れているものはないのです。 うつ病の発症リスクを下げることから、自殺のリスクを劇的に減らすことに至るまで、コーヒーはすべてに効果があるのです。

2011年に発表されたハーバード大学の調査によると、1日につき4杯以上のコーヒーを飲んだ女性は、うつ病になるリスクが20%低いことがわかりました。別の研究によると、1日に4杯以上のコーヒーを飲んだ人は、自殺で死ぬ可能性が53%低いことがわかっています。

コーヒーを飲んで昼寝することの効果

短時間だけ寝るとき、その前にコーヒーを飲むと、アデノシンに影響を与えます。アデノシンは、睡眠を促進し、カフェインを受け取る脳の能力を高めます。 就寝前ではなく、15分から20分の短時間の昼寝をする直前に、カフェインを摂取することを専門家は提案しています。

昼寝前にコーヒーを飲むことにより、30分以上の睡眠となる徐波睡眠に陥るのを防ぐことができます。コーヒーを飲んでおこなう仮眠は、徐波睡眠中に目覚めるときに起こる眠気と方向感覚の喪失がおこる睡眠慣性を防ぎます。

また、夜間の睡眠障害を避けるために、就寝時刻の6時間以上前にコーヒーを飲んだ状態で昼寝をすることをお勧めします。 洗顔をしたり、明るい光を浴びたり、コーヒーを飲まずに昼寝をする、またはコーヒーを飲んでずっと目覚めているよりも、コーヒーを飲んでから行う昼寝は、カフェインの摂取で深い睡眠に入らない時には、目覚めたときに元気と注意力を高める効果があるのです。

ガンの発症リスクを下げます

人体で無秩序な細胞増殖をおこなうことを特徴とするガンは、世界中の人々の主要な死因です。コーヒーはこの病気の発病リスクにさえも、対抗する効力を発揮します。コーヒーを飲む人は肝臓癌と結腸直腸癌の発症リスクが低いことがわかります。これは、複数の研究で、145杯のコーヒーを飲んだ人は、結腸直腸癌のリスクが15%低く、肝臓癌のリスクが40%低いことが示されているためです。

2型糖尿病の発症リスクを減らします

2型糖尿病は、現在、世界中で数百万人に影響を及ぼしている深刻な病気ですが、コーヒーを飲む人は、いくつかの理由で2型糖尿病を発症するリスクがはるかに低くなっています。 457922人を対象とした18件もの研究調査では、毎日のコーヒーを1杯飲むことで2型糖尿病のリスクを7%低下させることに関連していることが明らかになりました。

別の研究では、2型糖尿病になるリスクが23%から50%低いことが示されています。他のいくつかの研究からは、最も大きく減少した数値は67%であったことがわかりました。

長寿に結びつきます

コーヒーを飲むことにより健康的な効果が得られることや、様々な病気にかかる発症リスクを低めるというメリットを享受している人はほとんどいません。しかし、実際、コーヒーを飲む人は早世のリスクを低く抑えていることが、20年にわたる研究によるとわかります。研究では、コーヒーを飲んだ2型糖尿病の人の死亡リスクが30%低いことが明らかになり、他のいくつかの研究では、18年から24年間コーヒーを摂取すると、女性の死亡リスクが26%低下し、男性の死亡率が20%低下することが明らかになりました。

脂肪を燃焼させ、身体能力を改善することのほかに、多くの重要な健康上の良い点を備えているコーヒーは、まさに私たちの喜びの杯だといえるでしょう。

に投稿 コメントを残す

ドリップコーヒーVSカプチーノ:なにが違ってとどっちがいいの?

世界でも2番目に有名な飲み物であるコーヒーは、人々に元気をもたらします。コーヒー愛好家やコーヒー通の人々は、コーヒーが、元気をくれるだけでなく、たくさんの健康に良いことをもたらしてくれることを認めているでしょう。様々な研究者たちによると、コーヒーは抗酸化物質、ビタミンB2B3、マグネシウムといった栄養素がたくさん含まれているといわれています。コーヒーを飲むことで2型糖尿病のリスクを低減させるという研究結果も提出されています。それだけではありません。コーヒーは、肝疾患や心臓血管疾患の発症から守ってくれるのです。研究のなかにはコーヒーを飲むことで、脂肪が素早く燃やされ、代謝率を高めることができると明らかにしたものもあります。

コーヒーの種類

世界中でコーヒーが人気であることを踏まえると、手に入れやすい、いくつかの種類のコーヒーがあります。しかし、世界には2つのコーヒーの種類しか存在しません。それは、エスプレッソとドリップコーヒーです。残りの、人々が思い浮かべるであろう、あらゆるコーヒーの類は、エスプレッソに分類されます。エスプレッソは、沸騰させ、浸され、圧をかけてつくられます。ドリップコーヒーは醸造機やフィルターマシーンを使ってつくられます。

エスプレッソコーヒー

エスプレッソコーヒーは人気のあるコーヒーのひとつで、好みに応じて、カフェモカ、カプチーノ、フラッペ、ラテなどの名前が付けられます。すべての親しんで用いられる名前のなかで、カプチーノは最も定番なコーヒーで、簡単につくることができます。 カプチーノはイタリア語で「ちいさな帽子」を意味します。 伝統的なカプチーノは、エスプレッソを12ショット、泡状のミルクを重ねてつくります。この知識がなくても、カプチーノはつくられ、いつでも飲むことができるのです。

南インディアンコーヒー

従来のドリップコーヒーは、フィルターマシーンでコーヒーを淹れることでつくられています。 けれども、南インディアンコーヒーの醸造方法はそれとはまったく異なっていて、味は醸造方法によっても違います。南インディアンコーヒーには、ゴールドコーヒーとペーパーフィルターの2つの種類があります。 フィルター・カピ、ディグリー・コーヒー、マイソール・フィルター・コーヒーとも呼ばれます。 このコーヒーのレシピは、2つの円筒形の容器でつくられている、南インディアンコーヒーフィルターで作られています。 このフィルターでは、上の容器は穴があいており、挽いたコーヒー豆に水を注ぐと、下の容器に淹れたてのコーヒーが出てきます。 コーヒーを入れるには、約1012分かかります。 コーヒーが準備できたら、鍋で牛乳を沸騰させ、コップに注ぎ、砂糖を加えます。ミルクとコーヒーの比率は、飲みたいコーヒーの味の濃さによって異なります。

違いはなんでしょうか

カプチーノとドリップコーヒーは、想像を絶するほど、あらゆる点で異なります。 それぞれのコーヒーを醸造する方法もかなり異なっています。 カプチーノは、提供できるコーヒーにするために、わずか23分しかかからない、加圧式のコーヒーマシーンを使用します。一方、ドリップコーヒーは、準備に10分から12分程かかる、一般的なコーヒーマシーンを使用してつくられます。 他の大きな違いには、カプチーノの見た目が挙げられます。カプチーノは、滑らかに、コーヒーを泡状の温かい牛乳と混ぜてつくられます。 ドリップコーヒーは、クリーム状または泡状に盛り付けられることはなく、沸騰したミルクを、コーヒーと砂糖に好みに応じて入れます。 味も同じく異なっていて、ドリップコーヒーはカプチーノよりも酸味が弱く、ほのかなコーヒーの味がします。

ドリップコーヒーとカプチーノ、どちらがいいの?

この質問に対する答えは、自分で決めなければならないものです。結局はその人の好みによるからです。多くの人にとっては、コーヒーを作る過程も心を落ち着かせてくれるものです。ただ、より本格的なコーヒーの味を追求するならば、ドリップコーヒーが最適だといわれています。けれども、結局のところ、それはその人のコーヒーの好みによるものであり、どんなふうな点でコーヒーが好きなのかにもよります。 コーヒーの味は、コーヒー豆の品質と焙煎方法によって変わります。それ以上に、コーヒーの本来の味を引き出すには、豆の産地も重要なのです。

に投稿 コメントを残す

コーヒーに塩を加える背景にある奇妙な科学について

このコーヒーの専門家は、このライフハックを「神秘」とよびます。

安いコーヒーカップのままで、リッチな気分を味わいたいですか?塩を加えてみてください。いえ、冗談ではなく、真剣に。

最近ではコーヒー愛好家たちは、ちょっとだけ塩を加えることで、安いコーヒーをより美味しくする「ライフハック」を楽しんでいます。 けれども、本当にいつものコーヒーに塩を入れる必要があるのでしょうか? コーヒーの専門家であるジェームズ・ホフマン氏によるこの内容に関するYouTubeビデオによれば、答えは「そうではないとは思うのですが、あり得るかもしれません」というのです。詳しく見ていきましょう。

塩は、酸味や甘味、苦味、うま味とともに、5つの基本的な味のうちのひとつだと考えられています。 ホフマン氏によると、これらの5つの味は相互に作用し合う可能性があります。塩辛さは甘みを増幅させ、苦味を和らげる効果があります。

うまくドリップされ、上質のコーヒーであるなら、おそらくコーヒーに塩を入れる必要はありません。

「コーヒーを飲むことの楽しみのひとつには、うまくいったときにはビールやチョコレートのように、適切な苦味の類が感じられることが挙げられます」とホフマン氏は動画で述べています。 「苦味のなかには、甘さとちょっとの酸味のバランスが適切にとれていて、飲んでいて喜びを感じるものもあります。 コーヒーとは、全体的に、複雑で楽しいことだといえます」。

「けれども、もしうまくドリップできなかったり、安いコーヒーを使ってしまって、苦いコーヒーになってしまったら、そのコーヒーをより飲みやすくするのに、塩を入れるのは良いかもしれません」。

「ミルクやクリーム、砂糖のような味付けの一つとして、塩を考える必要があります」とホフマン氏はいいます。「塩を入れることで飲み物はより飲みやすくなります。けれども、飲み物を変化させてしまうことは注意すべきでしょう。ある意味で、本来の姿を覆い隠してしまうのです」。

コーヒーを間違えて入れてしまったり、安いものを使ったり(それは問題ありません、あり得ることです)したなら、コーヒーに塩を加えると苦味を和らげることができます。 ホフマン氏によると、人によって苦味を感じる程度は違うため、コーヒーに塩を加えることは、砂糖やクリームを加えるのと同じように個人的なことだといいます。 しかし、ホフマン氏は、苦味を感じる度合いにかかわらず、繊細な方法を用いることを勧めています。

Youtubeのなかでホフマン氏は、濃すぎたコーヒーを用いて塩を入れる実験を試みています。あまりにも細かい粉を用いて、長時間抽出したコーヒーです。塩を加えずに一口飲んだ時には、ホフマン氏は、これはひどいもので「あんまりよくない」と述べました。つぎに彼は200ミリリットルのコーヒーに1グラムの塩を入れました。これはまだましだが、自分にとっては非常に塩辛いと述べました。

つぎに、ホフマン氏は、超低価格のインスタントコーヒーでこの実験をおこないました。塩辛くなりすぎない程度に、「良い」味になるよう、塩を加えました。インスタントコーヒーでも可能なのかを試したのです。

「これは香りが本当に悪い、」とホフマン氏は、淹れたてのコーヒーついていいます。「すごく悪い」。

なにも入れない時点での「苦痛の味」を試したのちに、ホフマン氏は200ミリリットルのコーヒーに3グラムの塩を入れました。ましにはなりましたが、完璧ではありませんでした。そこで、もう少し加えることにし、6グラムまで増やしました。すると幾分ましになりました。

「これはかなり神秘的なことです、本当に」とホフマン氏は語ります。 ホフマン氏は塩がコーヒーの苦味と口当たりの悪さを改善したといいますが、あまりよくない香りは変わりませんでした。

コーヒーに塩を入れるときには、ひとつまみの塩をそのまま入れるのではなく、20%の食塩と80%の水で食塩水を作って入れることを勧めています。 そうすることで、より正確に量を調整でき、塩辛くなりすぎずに完璧な味にすることができます。

に投稿 コメントを残す

コーヒーは高コレステロールの原因となる可能性があります

質問:夫のコレステロール値は悪い方向へと向かっていました。何年もの間、180から190mgdlの間でしたし、医者はスタチン系製剤をよく勧めていました。しかし夫と私の家族には、双方ともにスタチン系製剤によって脳機能の低下が見られた家族がいます。そのため、その薬品には頼りたくありませんでした。けれども、一度、夫のコレステロール値が202mgdlに達すると、医者はしつこく強要しました。残念ながら一度試してみた薬品はうまくいきませんでした。234mgdlにまで上がったのです。控えめに言っても医者は残念そうでした。

最終的に私はオンライン上で見かけ、別の解決法を見出しました。フレンチプレス・コーヒーが高血圧の原因ではないかというのです。フレンチプレスで入れることは変えませんでしたが、その後に、ペーパーフィルターを使うことにしたのです。これをはじめて6ヶ月経った現在、夫のコレステロール値は179mgdlまで下がりました。このようなちょっとした変化が効くとは、私たちは本当に驚き、感謝しています。さらに、コーヒーフィルターをつかって飲む方が、コーヒーは味が良いことがわかりました。

この簡単な変化は多くの人々を助けると思います。運動の重要性は変わりませんが、もし家でフィルターを使わずにコーヒーを飲んでいる人がいるならば、特にそのような人々にとっては、この変化を簡単に取り入れることができると思います。

回答:興味深いご報告をありがとうございます。数十年前から研究者たちによって、フィルター処理していないコーヒーはコレステロール値を上げ、対照的にフィルター処理しているコーヒーはコレステロール値を上げないことが報告されてきました(『メタボリズム』198511月)。最近の研究では、20年以上前から、人々がフィルター処理したコーヒーを飲むことで、長生きすることが明らかになっています(『ユーロピアン・ジャーナル・オブ・プリベンティブ・カーディオロジー』 2020年、422日)。1日にフィルター処理していないコーヒーを9杯飲む人は、その間に死亡する可能性が高いことがわかります。

フィルター処理してないコーヒーは、コレステロール値を上昇させる、カフェストールやカーウェオールと呼ばれる化合物を含んでいます。フィルター処理をしているコーヒーはすべてこの化合物を取り除いているのです。すばらしい働きですね。

質問:読者の一人が、MSMを摂取することで、髪質がよくなると書き込んでいました。私はそのサプリメントを購入し、驚くべきことに、服用して6日後には(1日に31グラムを摂取しました)嗅覚が戻ってきたことに気づきました。服用時にはほかのサプリメントは摂取しましせんでしたし、他の薬も服用していません。

私は嗅覚を15年前に失いました。私の医者が、骨密度が低いために、カルシトニン点鼻スプレーを処方してからです。どんな医者も私の無嗅覚症を治すことはできませんでした。「無嗅覚症と生きてください」と言われました。カルシトニン点鼻スプレーをやめても、結果は変わりませんでした。

MSMは無嗅覚症に効くといった研究を、私は見つけていません。私は看護教育の修士号をもつ、登録看護師です。インターネットや大学のデータベースを探してみましたが、何も見つかりません。けれど、回答者さんはきっと関心を持ってくださいますよね。

回答:カルシトニン点鼻スプレーを使用して、嗅覚の衰え(無嗅覚症)を訴えた人は質問者さんがはじめてではありません。けれどもあなたの発見はとてもおもしろいですね。

この非常に扱いにくい問題を解決するような、MSM(メチルスルフォニルメタン)を服用することに関する医学文献の研究はありません。この抗炎症サプリメントは安全な薬品ですので、他の方があなたの事例を再現したいと思うかもしれません。

質問:私は何年間も、家事をしているときに、血が出る小さな怪我をしたとき、家庭的な治療を行ってきました。傷口が見えなくなるまで、傷口に黒胡椒をふり、血が固まるまで放置しておくというものです。

焼いたり、傷つけたりはしないんだね。多くの人はこれを聞くとそう言います。ほとんどの小さな傷はキッチンででき、ほとんどのキッチンには黒胡椒があるでしょうから、これは簡単にできます。

血が固まったら、黒胡椒を洗い流し、傷口に消毒液をつけ、絆創膏を貼ります。 私は何年も前に叔母からこれを学びました。 それ以来、私の生活の知恵になっています。

回答:傷口に黒胡椒を振るということを初めて聞いたのは、20年前になります。イエローストーンでキャンプをしていた家族が、頭に切り傷をつくるという不運な事故に遭遇しました。出血は非常に多く、病院に行くには遠すぎました。この怪我をした人物は、黒胡椒について、彫刻仲間から話を聞いていた木彫り師でした。傷はたちまちよくなったのです。

一部の医療専門家は、黒胡椒が感染症につながる恐れがあるため、この救済策に反対しています。血が固まった後は、黒胡椒を洗い流し、抗菌剤を塗布するというあなたの選択は、感染症につながる恐れを避けるのに良いでしょう。

に投稿 コメントを残す

コロナ時代のコーヒー

国内の雇用者たちは、細心の注意を払いながら従業員たちを職場に呼び出しはじめています。経営者たちは、コロナウイルスの拡大によって生じた損害を補う機会を得ました。しかし、経営者は、お客様とお客様に接する従業員たちの信頼を得るためにも、職場のコーヒー・サービスを安全に管理しなければなりません。従業員、特にお客様と面会する役割を担う人は、適切な働き方を学ぶことから始めなければなりません。

「自分たちの職場の休憩室では、すべての従業員が、現場で予想されることに対応できるようにしています。そして彼らと常にチェックし合っています」とシアトル・メトロポリタン・エリアのポトゴールド・サービスで、海外の販売やマーケティングを行っているブレイク・ジョーンズ氏はいいます。「お客様に接するとき、従業員は必ず、グローブ、フェイスマスク、消毒液といったコロナ対策グッズを身に付けています。道具や備品は清潔な状態にし、ソーシャル・ディスタンスを必ずとるようにしています」

従業員が確実にコーヒー・サービスを利用できるよう、休憩室では、サービスの利用者と協力して、安全面に関する注意書きをわかりやすい位置においています。そうすることで、経営者は、職場のコーヒー・サービスの運営に関するあらゆる不便さをなくすよう努めることができます。

「職場や休憩室ではソーシャル・ディスタンスを確実に守るよう、サービス利用者にお伝えしてきました。機器を使用する際は、確実に一度に一人だけが使うようにしてきました」とジョーンズ氏はいいます。「洗浄液、手の消毒液、コロナ対策グッズは、幅広く準備しており、職場全体で使用するよう勧めています。マドラーなどの用具は個別に包装され、利用者が休憩室で使われても安全なものにしています。」

コロナウイルスの影響により、休憩室から使い捨てプラスチックをなくそうとする動きは、なくなるには至らなかったとしても、中断されるようになりました。長期的な最適解ではないでしょうが、プラスチックの袋にくるまれた製品は、利用者の安心につながります。

「安全のためには共用よりも使い捨て品のほうが望ましいです。クリームや砂糖の入った共用の容器は用いず、小包装された物を使うことになります」と食堂の最高情報責任者であり、最高戦略責任者任のマイク・コフィー氏は述べています。「小包装されたコップやマドラーが必要とされています。コロナ以前は、持続可能な資源や、持ち運びができる水筒が注目されていました。いまでは、ウイルスの得体のしれなさや恐れから、プラスチック包装されたものが浸透しています」。

しかし、包装されていない物も、数少ない場においては安全に用いられることもあります。

「包装されていない物を使うときでも、コップを検出して飲み物を入れる自動センサーを用いるといった安全な使い道もあります」とコフィー氏は述べます。「多くのメーカーでは、空のポットにコーヒーを入れるシステムとして、職場のコーヒースペースの容器にはハンドル付きの機械が導入されているのです」

利用者が機械に特定の容器を入れる際にその容器に触れてしまう場合がある一方で、豆を容器に入れる機械の中には、触らなくても使用できるものもあります。

「基本的に、QRコードを読み取ると、機械のバックエンドからURLを読み込み、携帯で操作できるようになります」とコフィー氏はいいます。

カフェクション|エヴォカの、ソフィア・タッチレス・ソリューションは、IOTテクノロジーによって、一切触れることなく、コーヒーを入れることができる製品を提供しています。

「コーヒー産業や利用者がより安全に用いることができる代替法を、ソフィア・タッチレス・ソリューションは提供します」とカフェクション|エヴォカのCEOであるフランソワ・バロン氏はいいます。「より清潔で安全な代替法への関心が高まってきたなかで、画面つきのカフェクション製造機に導入できるようなタッチレス機能をつくりたいという考えが生まれてきました。ソフィア・タッチレス・ソリューションでは、OCSの経営者によって安全なコーヒーを入れる環境をつくりだすことに成功しました」。

多くの場合、OCSの経営者は、15分以内の簡単なソフトウェア・アップデートを行うことで、タッチレス機能を使用可能になると、バロン氏は加えていいます。

メーカーでは、触れずにコーヒー以外の飲み物も入れることのできる方法を、職場に導入することを提案しています。ペプシコでは、最近、環境に優しく、モバイル対応のドリンクウォーターサーバーの新作、ソーダ・ストリーム・プロフェッショナルは秋の販売が発表されました。このウォーターサーバーでは、モバイル・アプリを使用することで、自分の好みの味付けや、炭酸の量、温度の調節ができます。ユーザーは水分摂取量を記録することができたり、お気に入りの味付けをアプリに登録できたり、どれほどペットボトルを節約できたかを知ることができます。

「ビジネスが再開するにつれて、人々の健康と地球環境保全の結びつきについて、広く検討されるようになりました」ペプシコのグローバル・フードサービス統括技術企画官である、アジール・リヴァーズは述べます。「安心感やセルフサービスによる個人化のシステムをともないつつ、利用者には、多様性を提供することを望む経営者にとっては、これは興味深い挑戦になるでしょう。これこそが、コロナ以後の世界において、経営者に理想的な選択肢のひとつとして、ソーダ・ストリーム・プロフェッショナルが機能する理由なのです。ソーダ・ストリーム・プロフェッショナルによって、これまでのウォーターサーバーは、デジタル・インターフェースやモバイルアプリとの連携を通じて、すべてが人々の好みにカスタマイズされる新たな体験を提供するようになるのです」。

リヴァーズは「ソーダ・ストリーム・プロフェッショナルによって、一度も機械に手を触れることなく、100種類以上の味付けの組み合わせの飲み物を楽しむことができる」と述べています。

「スマートフォンを使用すると、自分好みの飲み物を登録することができ、さらに一回のタップでマイボトルに飲み物を入れることもできます」とリヴァーズは続けて言います。「マイボトルには、特別なQRコードを搭載することで、お気に入りの飲み物や、これまで飲んだ飲み物を確認することができます。アプリをもっていない方にも使っていただけるよう、ソーダ・ストリーム・プロフェッショナルは画面選択をほんの数回だけ必要とします。また注ぎ口は、手で栓をひねることなくボトルに飲み物を入れられるようにしています」。

ジョーンズは、ポトゴールドは、OCSの利用者のためにタッチレス機能を搭載し、この分野の新技術に常に注意を払っているといいます。

「現在も十分設備は整っており、タッチレス機能を搭載した多くの機会が職場には設置されています——これは間違いなく、業界のターニングポイントだといえるでしょう。準備が整い、待ち遠しくもあります」とジョーンズ氏は述べます。「これらの機器を生産していメーカーにいち早く気づき、お客様にお伝えしたことで、お客様からは、多くの関心と優れたフィードバックをいただけました」。

コロナの流行によって在宅勤務がおこなわれたときは、OCSの経営者たちは多くの場合、利用者の低減を経験しました。しかし、職場に人々が訪れる限り、コーヒーを飲むことが期待されるという強い確信がここには見られます。

「この分野におけるコーヒーは、少し従来とは異なるものになるでしょう。しかし、それは必要なことだと考えています」とコフィー氏は述べる。「人々はコーヒーを必要としているのです」。

に投稿 コメントを残す

コーヒーを「改善し」、身体も改善する

1日に何時間もかけて身だしなみを整える人がいます。指摘されなければ気づかないであろう身体の欠陥について、始終、文句を言います。

身体の同じ部分に何度も何度も、美容整形手術を施します。「整った」見た目が得られないという理由だけで、自殺を考えます。

このような人々は、強迫性障害のひとつである、身体醜形障害(BDD)に苦しんでいるのです。この障害については非常に興味深いものと思われますが、ここでは深入りしません。

大まかな推測であっても国内のBDDの割合は、2%以下です。カーボン郡やスクーカル郡での事例はおよそ半分以下になるでしょう。つまり、ラマやランボルギーニを所有する人のほうがより見かけやすいといえるのです。

しかし、コーヒーを飲む人を知らない人はいるでしょうか。事実、自身が日常的にコーヒーを飲むという人は、50%の確率を超えているのではないでしょうか。

また、最近、コーヒーを飲むことで健康的になるという研究を、一つあるいは二つも読まなかった人はいるのでしょうか。

「コーヒーをもっと?」というタイトルの記事を書いたフィル・マフェトン氏は、自身のサイトでコーヒーを飲むことの利点をまとめています。適量のコーヒーを飲むことは、血糖値を改善し、糖尿病の予防になります。脳を活性化させ、アルツハイマー病の発症のリスクを減らす可能性があります。免疫システムを支えます。老化につながり、病気を発生させる酸化ストレスを減らします。心血管疾患、肝臓や神経系の状態、ガン、総体的には死亡リスクを減少させます。脂肪燃焼効果を高めます。

ごく最近では、コーヒーの脂肪燃焼メカニズムについてのより深い洞察を、研究者たちは示しています。

事実、贅肉だらけの太ももや、脇腹の贅肉といった身体に蓄えられている脂肪は、白色脂肪です。この白色脂肪は不活性で、カロリーを消費しません。

しかし、不快なほど寒さを感じるときに、脂肪を燃焼する約3オンス(85グラム)の褐色脂肪が生じます。3時間で最大250カロリーを消費するのです。

白色脂肪は褐色脂肪に変化しない一方で、カロリーを消費する白色脂肪と褐色脂肪の混合物にはなり得ます。それはベージュ脂肪といいます。専門家の中には、ベージュ脂肪をつくることが、肥満解消の鍵だと考えている人もいます。しかし、その過程については、なお課題が多く残っています。

けれども、寒さに震えていないときにも、褐色脂肪がカロリーを燃焼する方法も存在します。イギリスのノッティンガム大学で行われ、サイエンティフィック・レポートで6月に発表された研究によると、褐色脂肪は、1杯のコーヒーを飲むときに、カロリーを燃焼するのだというのです。

さらに、褐色脂肪はかなりの量の白色細胞を燃焼させ、血糖値やコレステロール値を改善するのです。上述のコーヒーを飲むことによる利点のすべてからは、12杯のコーヒーを飲むことが健康に良いことがわかります。加えて、コーヒーに正しいものを加えることで、さらに健康に良いものになります。

その良い例が、ココアです。

ボディービルダーが、コーヒーにココアを入れているという記事を見て、この記事を描いているちょうど同じときに、スプーン一杯分のココアを加えはじめました。ボディービルダーは、ココアとコーヒーの相乗効果でより優れた予備練習のキックを繰り出せたというのです。

私は試しにしてみてから、はまってしまいました。1993年に発表した小説の主人公にも、ココア入りコーヒーを飲ませたほどでした。

その主人公はその飲み物をココア・ボムと呼び、長距離ランニングの前に飲んだのです。

私がこのキャラクターと版権について話した理由は、私が高く評価している栄養学の専門家であるウィル・ブリンクが、2014年以降、彼自身のウェブサイトで、ボム・プルーフ・コーヒーと呼ぶオリジナルのミックスジュースを強く推薦していたからです。

ココアはフラボノイドとフラバノールが豊富です。これらの物質は、病気や老化につながる活性酸素・フリーラジカルに抵抗するために、抗酸化物質として体内で用いられます。ココアは、抗炎症性の少量のマグネシウムを含んでおり、ストレス・ホルモンであるコルチゾールを統制し、睡眠の質をあげます。

ブリンクは、心血管系疾患、脳卒中、抗インスリンの危険性を少なくするために、ココアを飲むことを勧める研究を引用していますが、ダッチドココアとして知られるように、ココアがアルカリ化剤で処理するとココアの効果が減少することを強調しています。

水と混ぜると、味がしない、色もない、飲むのが面倒になる、そのような理由から、ブリンクは、自身のボム・プルーフ・コーヒーに、日々摂取する量のうちの少量のクレアチンを加えています。初めて飲んだ日から25年後でも、この筋肉強化飲料は、筋肉量を増加させるだけでなく、歳をとっても筋肉量を維持できる安全な方法として広く受け入れられています。

私は1日の初めのココア・ボムに、毎日摂取する10ミリグラムのクレアチンのうち、5グラムを加えています。

クレアチンは熱いコーヒーにすぐ溶け込んでしまう一方で、ココアを溶かすには少しかき混ぜなければなりません。ブリンクはこの問題をココナッツオイルを加えることで和らげています。ただしブリンクは、ココナッツオイルによって得られる栄養価は「おおげさに誇張されて報道されている」と考えています。ブリンクは、私が加えていないもう2つの材料を、自身の飲み物に入れています。少量のスキムミルクとチロシンです。チロシンとは、精神力を高める効果があると考えられてきたアミノ酸の仲間です。

このようなわけで、もしいつものコーヒーを、より健康的な飲み物にしたいと思うのであれば、過去に何度も提案してきたことをやってみてください。いわば実験です。

まずは、私のココア・ボム、あるいはブリンクのボム・プルーフ・コーヒーから始めてみてください。そしてそこからアレンジしてみてください。

に投稿 コメントを残す

コーヒー:体にいいの?悪いの?

コーヒーには、これまでに、多くの健康的な恩恵があるといわれてきました。しかし、コーヒーは楽しむために飲むべきであって、病気を防ぐために飲むべきではありません。

これは、新しい調査研究の主な結論のひとつであるといえます。この調査の中では、コーヒーとカフェインに関する研究の概要が述べられています。それは、長年にわたって行われてきた多くの健康に関する研究の主題だといえます。

「コーヒーを飲むことで得られる、健康に対する影響は重要だといえます。なぜなら、世界中のとても多くの人々が、これほど頻繁に飲む飲食物は、他にほとんど存在しないからです」と、この調査研究の主執筆者であるロブ・ヴァン・ダム氏は述べています。

全体的にいって、これはコーヒー好きにとって朗報であると、ヴァン・ダム氏のチームは考えました。カフェインを含むコーヒーは、いかなる病気のリスクを高めるものではないと考えられており、むしろ、さまざまな病気の確率を下げる結果に結びつくのです。中程度の量のカフェインは、一般的にいって、ほとんどの人に無害であるといえます。

しかしながら、「中程度」というのが重要です。カフェインを摂取しすぎると、睡眠が乱れ、過度な緊張を引き起こします。

「良くない副作用を引き起こすカフェイン量は、人によって大きく異なります」と、シンガポールの国立大学教授のヴァン・ダム氏は述べています。

彼は、カフェインが、眠りにつく働きに影響を及ぼしているか、また、「興奮や不安」を引き起こしているかどうかに注意してほしいと述べています。ヴァン・ダム氏は、もしこのことに注意を払えるならば、「1日のうちの摂取量や、摂取時間を調整できるでしょう」と述べます。

これはほとんどの大人に対しての助言です。しかし、妊娠中の女性は、カフェイン摂取に特に気をつけなければなりません。研究に基づき、ヴァン・ダム氏のチームは、「妊娠中の女性は、1日につき200ミリグラム以下のカフェインしか摂取してはいけない」と述べます。

これはおよそ12オンス(340グラム)のコーヒーの量です。

妊娠中ではない人々には、ヴァン・ダム氏は「その人のカフェインに対する耐性に応じて、1日につき最大58オンス(5226グラム)のコーヒーであれば良いでしょう」と述べます。

ローリ・ライト氏は、北フロリダ大学の栄養学主任であり、栄養学アカデミーの代表者です。

「カフェインが良いか悪いかについては、何年にもわたって非常に多くの議論をおこなってきました」と、この調査には関与しなかったライト氏は述べます。「だからこそ証拠に基づく研究に立ち返るのは良いことです」と語っています。

一般的に、刺激物としてのカフェインが悪く言われている一方で、カフェイン入りのコーヒーは高血圧を発症させたり、すでにある血圧の問題を悪化させたりはしないのだと、研究は明らかにしています。

実際、コーヒーを飲むことは、心臓病の発症のリスクを低めることや、他の深刻な病気を引き起こすリスクを低めることに結びつけられてきました。調査によると、2型糖尿病や、特定のガン、パーキンソン病、肝疾患や胆石も含まれています。

しかし、これらの研究は、コーヒーやカフェインが、これらの病気のリスクを低める原因になることを証明しているわけではないのですと、ライト氏は述べます。病気を防ぐために、コーヒーに頼るべきではないという調査の結論に彼女は同意しています。

「しかし、コーヒーとカフェインは、健康的なライフスタイルの一部になり得ます」とライト氏は言います。

ここで、フィルター処理されたコーヒー(たとえば、ドリップコーヒーメーカーからのコーヒー)はそうでないものよりも健康的であるのかどうかといった疑問が生じます。フィルター処理されたコーヒーでないものというと、エクスプレッソ、ボイルドコーヒー、フレンチプレスでつくったコーヒーなどが挙げられます。

ヴァン・ダム氏によると、研究からは、フィルター処理されていないコーヒーは、血液中のコレステロール値を高める可能性があることがわかっているといいます。

一方で、ライト氏は「なにをコーヒーに入れるのかこそが、フィルター処理されているか、されていないかよりも重要なことなのです」といいます。つまりコーヒーに大量の砂糖とクリームを入れることは避けるべきだというのです。

「人々が手に取るコーヒードリンクのいくつかには、コーヒーというよりもミルクシェイクに近いものがあります」とライト氏は述べます。

他にもカフェインを摂取できる飲食物には、お茶、ソーダ、チョコレートが含まれています。けれどもほとんどの場合、それらに含まれるカフェイン量は微量です、とライト氏はいいます。

ライト氏が注意するべきだと述べるのは、2つの例外であり、それはエナジードリンクと「ショット」です。これらは一杯のコーヒーと同様あるいはそれ以上のカフェインを含みます。調査によると、これらの飲料を大量に摂取すると、血圧の急上昇や心臓の急な動悸を引き起こしうるのです。

カフェインはまた特定の薬品に関与する可能性もあります。もし投与されている薬について疑問を感じるのであれば、薬剤師に相談することもできますと、ライト氏は述べています。

に投稿 コメントを残す

コーヒーを飲むのに最適な時期はいつ?

コーヒーは世界で最も人気のある飲料の1つです。カフェインと呼ばれる非常に知られている興奮剤が含まれています。

多くの人々は、起床後すぐにこのカフェイン入りの飲料のカップに手を伸ばしますが、他の人は、数時間待った方がより有益であると考えています。

この記事では、利点を最大化し、副作用を最小限にする最適なコーヒーを飲むタイミングを説明しています。

コルチゾールとコーヒー

起床後、またはそのすぐに1杯、人によっては3杯のコーヒーを楽しむ人は多くいます。

ストレスホルモンであるコルチゾールが最大に達するので、起床直後、すぐにコーヒーを飲むとコーヒーのエネルギー効果が低下すると考えられています。

コルチゾールは、注意力と集中力を高めることができるホルモンです。 また、代謝、免疫系の応答、血圧を調整します。

ホルモンは、あなたの睡眠覚醒サイクルに特有のリズムに従います。高レベルは、起床してから3045分後にピークに達し、その日一日の残りの時間でゆっくりと低下します(2)。

 

とはいえ、コーヒーを飲むのに最適な時間は、コルチゾール値が低い、午前中から昼前であることが言われています。

午前630分頃に起きるほとんどの人にとって、この時間は午前930分から1130分の間です。

これにはいくらかの真理があるかもしれませんが、朝のコーヒーを遅らせることで、起きてすぐに飲むことと比較して、優れたエネルギー効果を観察した研究はこれまでありません。

 

朝のコーヒーを遅らせることが推奨されているもう1つの理由は、コーヒーのカフェインがコルチゾールレベルを増加させる可能性があることです。

 

コルチゾールレベルがピークに達したときにコーヒーを飲むと、このホルモンのレベルがさらに上昇する可能性があります。 長期間にわたるコルチゾール濃度の上昇は、免疫システムを損ない、健康上の問題を引き起こす可能性があります

それでも、コーヒーを飲むことによるコルチゾール上昇の健康への影響に関する長期的な研究はありません。

さらに、カフェインによって誘発されるコルチゾールの増加は、カフェインを定期的に摂取している人では減少する傾向があります

 

とはいえ、起床数時間後というよりも起き上がり直後にコーヒーを飲みたい場合でも、害はないと考えられます。

しかし、朝のコーヒーの習慣を変更したい場合は、コーヒーの摂取を数時間遅らせるとより多くのエネルギーが得られるかもしれません。

 

概要

コーヒーを飲むのに最適な時間は、ほとんどの人のコルチゾールレベルが低い午前930分〜1130分であると考えられています。 これが本当かどうかは、まだ確証が得られていません。 カフェインはコルチゾールを増やすことができますが、これの長期的な健康への影響は不明です。

 

コーヒーは運動能力を高める

 

コーヒーは、覚醒を促進し、注意力を高める能力で知られていますが、カフェインの含有量が多いため、コーヒーは運動能力を高める事でも効果的です。

 

更にコーヒーは運動前の飲料(プレワークアウトパウダー)のような

カフェイン含有サプリメントよりもはるかに安価な代替品となります。

 

カフェインが運動疲労を遅らせ、筋肉の強靭さと強さをを改善できることを示すいくつかの研究があります。

 

起床直後か、起床から数時間後にコーヒーを楽しむかどうかに大きな違いはないかもしれませんが、コーヒーからのカフェインが運動能力に与える影響は時間に依存します。

コーヒーの運動パフォーマンスへの有益な効果を最適化したい場合は、ワークアウトやスポーツイベントの3060分前に飲むのが最善です。

 

これは、体内でカフェインレベルがピークになるまでの時間なのです。

 

運動能力を改善するためのカフェインの有効量は、体重1ポンドあたり1.42.7 mg1 kgあたり36 mg)です。

150ポンド(68 kg)の人の場合、これは約200400 mgのカフェイン、または24カップ(475950 mL)のコーヒーに相当します。

 

概要

コーヒーからのカフェインの運動パフォーマンスの利点は、飲料を飲んでから3060分以内に体験できます。

不安と睡眠障害

コーヒーに含まれるカフェインは、覚醒を促進し、運動能力を高めることができますが、一部の人々には睡眠や不安の問題を引き起こす可能性もあります。

 

 

コーヒーからのカフェインの刺激効果は35時間持続し、個人差にもよりますが、摂取したカフェインの約半分は5時間後に体内に残ります。

夕食時など、就寝前にコーヒーを飲みすぎると、睡眠障害を引き起こす可能性があります。

カフェインが睡眠を崩壊させる影響を回避するために、就寝前の最低6時間はカフェインの摂取を避けることをお勧めします

睡眠障害に加えて、カフェインは一部の人々の不安を増加させる可能性があります

もしあなたが不安症状を持っているならば、コーヒーを飲むことは、それを悪化させることがあり、その場合には、消費量を減らしたり、完全にコーヒーを飲むことを避ける必要があるかもしれません。

また、コーヒーのカフェインに対して3分の1が含まれている緑茶に切り替えることもありです。

この飲料には、リラックス効果となだめる効果を兼ね備えたアミノ酸L-テアニンも含まれています。

 

概要

カフェインは就寝時刻に近づきすぎると睡眠障害を引き起こす可能性があります。 また、一部の人々の不安を高める可能性があります。

どのくらいのコーヒーが安全ですか?

健康な人は毎日最大400 mgのカフェインを消費できます—約4カップ(950 mL)のコーヒーに相当します

妊娠中および授乳中の女性に対する推奨事項は、カフェイン1日あたり300 mgであり、安全な上限は1日あたり200 mgです。

安全なカフェイン摂取のためのこれらの推奨事項は、あらゆるカフェイン源からの総量です。

一般的に他にカフェインを含む物とし、お茶、ソフトドリンク、栄養ドリンク、さらにはダークチョコレートが含まれます。

 

 

 

概要

健康な成人は1日あたり最大400 mgのカフェインを摂取できますが、妊娠中および授乳中の女性は1日あたり最大300 mgのカフェインであり、一部の報告では200mgが安全圏とうたっています。

重要な点

コーヒーは世界中で人気のある飲み物です。

コーヒーを飲むのに最適な時間は、コルチゾールのレベルが低い午前中から昼前であることが言われていますが、このトピックに関する研究は欠けています。

ワークアウトやスポーツイベントの3060分前にコーヒーを飲むと、疲労を遅らせ、筋肉の強靱さと強さを高めることができます。

コーヒーからのカフェインの刺激効果は、就寝時刻に近づきすぎると睡眠障害を引き起こし、一部の人では不安を増大させる可能性があることを覚えておいてください。

に投稿 コメントを残す

スイマーがコーヒーを飲むことの利点とは?

スイマーにとってコーヒーを飲むことの利点

コーヒ。読者がそれが好きか嫌いかどうかは別として、 コーヒーの強力な効果で生き生きする人もいれば、独特の味わいでうんざりする人もいます。

コーヒーの主要な刺激化学物質であるカフェインは、それを摂取する人々にいくつかの利点を提供します。 飲用者は、覚醒の気分、気分の改善、エネルギーの増加を言っています。 驚いたことに、カフェインもスポーツのパフォーマンスを向上させることが示されています。

スイマーにとって、プールの潜在的な利点を見落としてはいけません。 泳ぐ前の準備にコーヒーとカフェインを加えるとパフォーマンスが向上する理由をいくつか紹介します。

 

耐性

国際スポーツ栄養学会は、問題に関する公式の立場から、持久系アスリートにとってのカフェインの利点を強調しています。 彼らは、特にタイムトライアルのパフォーマンスのために、カフェインが持続的な高出力運動中の持久力を高めることに注目しています。 カフェインのこれらの利点は、水泳をする人に直接当てはまります。特にその水泳選手とは、常に24時間体制で活動する極度の持久系アスリートです。

より多くの研究は、カフェインが持久力を高めることができることを示しています。 自転車競技をする人にカフェインを与えると、疲労に達するまでの乗車時間を28%向上させました。自転車競技者はスイマーに似ており、これらの種のアスリートは信じられないほどの心肺機能と持久力を維持し続けています。

低用量のカフェインでさえ、パフォーマンス向上効果をもたらします。 国際スポーツ栄養学会は以下のことを認めています「カフェインは訓練されたアスリートのスポーツパフォーマンスを高めるために、低用量から中程度の用量で摂取した場合に効果的であり、全体的に高用量で摂取した場合にパフォーマンスがさらに向上することはありません。」 つまり、コーヒーを1杯飲むだけでパフォーマンスが向上する事を示唆しています。

 

 

エネルギー

コーヒーとカフェインはあなたを目覚めさせる能力で知られています。 このよく知られたエネルギーの増加は、カフェインがあなたの体を通して働き始めたときに感じられます。 カフェインが血流に入ると、体は心拍数と血圧を上げることによって反応します。

エネルギーの発動は、体からアドレナリンと呼ばれるホルモンが放出されることで発生します。このトリガー化学物質の放出は、「fight or flight(戦うか逃げるか)」反応を引き起こし、何に直面しても良いようにあなたの体は準備します。

 

ほとんどのスイマーが知っているように、アドレナリンは水泳の大記録の準備をするための鍵となるものです。 アドレナリンは通常、大勢の観客や大きな瞬間のために急上昇しますが、コーヒーを飲むと、体のアドレナリン反応も良くなります。 これは、環境が競技会ほど誇大状況ではない練習時に特に役立ちます。 カフェインのエネルギー上昇特性を利用すると、次の次元の大きな練習をしたり、次のレベルで泳ぐことができます。

 

 

健康

カフェインは、コーヒー以外の原材料にも含まれています。 たとえば、エナジードリンク、お茶、ソーダには、さまざまなレベルのカフェインが含まれています。 ただし、これらすべての原因が健康であるとは限りません。 カフェインの多くの供給源はとんでもない量の糖分を含んでいます。 コーラの1本のボトルには、アメリカ心臓学会が、1日に推奨する砂糖の摂取量ほぼ2倍の量があります。

 

コーヒー自体は砂糖がなく、カロリーがゼロなので、多くの砂糖が豊富なカフェイン物質よりもはるかに健康的です。 さらに、コーヒーには抗酸化物質が豊富に含まれており、酸化ストレスを軽減します。 概して、カフェイン摂取に関しては、コーヒーはより健康的な選択肢の1つです。

 

試合前でも、練習前でも、水泳選手は、コーヒーのパフォーマンス向上の利点を最大限に活用するべきです。

に投稿 コメントを残す

コーヒーはあなたの健康に良いか?科学的見解

何年もの間、コーヒーは不健康な嗜好品であり、発がんの可能性もあるとさえ見なされてきました。しかし最近の研究では、コーヒーは発がん性物質ではなく、適度に飲用しさせすれば、より健康的な効果を得られると、ニューヨークタイムズのマックキーンは報告しています。

コーヒーは発がん性があると考えられていました。

コーヒーの悪評の一部は、それが発ガン性物質であるという疑念から生じました。コーヒー豆を焙煎すると、化学物質であるアクリルアミドが生成されます。これは、米国癌協会(ACS)によると、動物の飲料水に一定量で入れたときに、マウスとラットの癌のリスクを高めることが示されています。「人々が食品にさらされるレベルよりも1,000から10,000倍高い。」その疑念は2010年に訴訟になり、カリフォルニアのコーヒー業界に焙煎プロセスからアクリルアミドを排除し、飲料に警告ラベルを含めるように働きかけました。

 

しかし、公衆衛生の専門家は動物実験の結果を人間に外挿法によって推定することに対して警告を発しており、最近の研究ではコーヒーが実際にいくつかの癌を発症するリスクを減らす可能性があることさえ示唆しています。その結果、2016年の世界保健機関は、「発がん性の可能性がある物質」のリストからコーヒーを削除し、「コーヒーを飲むことによる発がん性の影響に関する決定的な証拠はない」と述べています。

 

コーヒーはどのようにして悪評を覆したのか。

 

マックキーンの報告によると、WHOが「発ガン性物質の可能性あり」リストからコーヒーを削除したのとほぼ同時に、この飲み物のイメージが米国の食事ガイドラインから大きく躍進したとのことです。2015年にHHSは、健康的な食事の一部として初めて適度なコーヒーを飲むことを推奨する食事ガイドラインを発表しました。

 

マックキーンの報告によると、コーヒーに関するこれまでの研究では、コーヒーを大量に飲む人は喫煙者でもあるかどうかなどのライフスタイルの要因は考慮されていませんでした。それが行われると、それはコーヒーが実際にあなたにとって良い物だと示すはずです。

 

National Cancer Instituteの研究員であるエリカ ロフトフィールドによれば、「コーヒーが死亡リスクの低下と関連しているという証拠はかなり一貫しています」。

 

BMJ 2017年の1つのレビューでは、ほとんどの場合、コーヒーは健康上の利益に関連しており、害にはならないことがわかりました。そのレビューのために、研究者らは他の200件以上の研究レビューを検討し、適度なコーヒー消費が心血管疾患の発生率の低下とすべての原因による早期死亡に関連していることを発見しました。

とはいえ、エジンバラ大学の教授であり、BMJ研究の共著者でもあるジョサン ファローフィールド氏は、コーヒーの健康効果に関する研究の多くは観察的であり、したがって因果関係ではなく相関であると警告しました。「コーヒーが健康上の利点の原因であるかどうかは、はっきりとはわからない」と彼は言います。「これらの発見は、コーヒーを飲む人に存在する他の要因や行動が原因である可能性があります。」

 

節度を覚えること。

 

また、最近の研究ではコーヒーの消費量と健康との関連が指摘されていますが、科学者たちはカフェインを過剰ではなく適度に摂取することを覚えておくことが重要であると述べています。

HHSの食事ガイドラインによると、1日あたり400ミリグラムを超えるカフェインがどのように人の健康に影響を与えるかについてはあまり研究されていませんが、カフェインの高用量がカフェイン中毒を引き起こし、震え、緊張、そして 不整脈になるとされています。

マックキーンは、カフェインの消費を制限することは特定の人たちにとって特に重要であると報告しています。 たとえば、一部の医療提供者は、カフェインが胎盤から胎児に移動する可能性があるため、妊娠中の母親がカフェインの消費量を1200ミリグラム以下に制限することを推奨しています。 とはいえ、アメリカ産科婦人科学会によると、妊娠中に消費しても安全な量のカフェインについて調査研究中です。

 

マックキーン氏は、コーヒーを飲むときに注意すべきもう1つのグループは、カフェインをゆっくりと代謝する人々であると報告しています。イタリアのカターニア大学で人間栄養学の助教授を務めるグロッソによれば、一部の人々はカフェインの代謝を遅らせ、コーヒーは数杯飲ませるが、カフェイン摂取は1杯しか可能でない遺伝的変異を持っている。

 

しかし、平均的な人にとって、適度にコーヒーを飲んでも心配はないと医師たちは言う、とマックキーン氏は報告している。NYUスクールオブメディシンの消化器専門医で臨床准教授のソフィー バルゾラ氏は、「コーヒーから人を奪うことは残酷のようだ」と述べています