に投稿 コメントを残す

ナショナル・ニュートリション・ウィーク(全国栄養週間):驚くべきコーヒーの健康的な効果

9月から始まるナショナル・ニュートリション・ウィーク(全国栄養週間)の前に、コーヒーの背景にある、あまり知られていないコーヒーの健康的な効果とそれにまつわる科学を紹介します。

あらゆる飲み物の中で、コーヒーはいつも愛おしく、平日の憂鬱さを打開し、ロマンチックなデートの雰囲気を保つために用いられています。けれども、元気にしてくれるという事実以外は見過ごされがちではありますが、コーヒーは抗酸化物質が多く含まれており、健康に良い栄養素が複数含まれているのです。

複数の研究によると、他の飲料と比較してコーヒーを飲む人は、いくつかの深刻な病気のリスクがはるかに低いといわれています。 9月から始まるナショナル・ニュートリション・ウィーク(全国栄養週間)の前に、コーヒーの背景にある、あまりよく知られていない健康的な効果とコーヒーにまつわる科学についてお伝えしましょう。これらの事実は、それがどれほど直観に反するものであるかどうかに関係なく、目覚めた時から眠りにつくまで、私たちをとりこにするのです。

うつ病と戦ってくれます

コロナの流行で、家で仕事をするほかなく、家でおこるあらゆる困難に対処する以外に行く場所もなく、やることもほとんどないため、日常を輝かせるのにコーヒーよりも優れているものはないのです。 うつ病の発症リスクを下げることから、自殺のリスクを劇的に減らすことに至るまで、コーヒーはすべてに効果があるのです。

2011年に発表されたハーバード大学の調査によると、1日につき4杯以上のコーヒーを飲んだ女性は、うつ病になるリスクが20%低いことがわかりました。別の研究によると、1日に4杯以上のコーヒーを飲んだ人は、自殺で死ぬ可能性が53%低いことがわかっています。

コーヒーを飲んで昼寝することの効果

短時間だけ寝るとき、その前にコーヒーを飲むと、アデノシンに影響を与えます。アデノシンは、睡眠を促進し、カフェインを受け取る脳の能力を高めます。 就寝前ではなく、15分から20分の短時間の昼寝をする直前に、カフェインを摂取することを専門家は提案しています。

昼寝前にコーヒーを飲むことにより、30分以上の睡眠となる徐波睡眠に陥るのを防ぐことができます。コーヒーを飲んでおこなう仮眠は、徐波睡眠中に目覚めるときに起こる眠気と方向感覚の喪失がおこる睡眠慣性を防ぎます。

また、夜間の睡眠障害を避けるために、就寝時刻の6時間以上前にコーヒーを飲んだ状態で昼寝をすることをお勧めします。 洗顔をしたり、明るい光を浴びたり、コーヒーを飲まずに昼寝をする、またはコーヒーを飲んでずっと目覚めているよりも、コーヒーを飲んでから行う昼寝は、カフェインの摂取で深い睡眠に入らない時には、目覚めたときに元気と注意力を高める効果があるのです。

ガンの発症リスクを下げます

人体で無秩序な細胞増殖をおこなうことを特徴とするガンは、世界中の人々の主要な死因です。コーヒーはこの病気の発病リスクにさえも、対抗する効力を発揮します。コーヒーを飲む人は肝臓癌と結腸直腸癌の発症リスクが低いことがわかります。これは、複数の研究で、145杯のコーヒーを飲んだ人は、結腸直腸癌のリスクが15%低く、肝臓癌のリスクが40%低いことが示されているためです。

2型糖尿病の発症リスクを減らします

2型糖尿病は、現在、世界中で数百万人に影響を及ぼしている深刻な病気ですが、コーヒーを飲む人は、いくつかの理由で2型糖尿病を発症するリスクがはるかに低くなっています。 457922人を対象とした18件もの研究調査では、毎日のコーヒーを1杯飲むことで2型糖尿病のリスクを7%低下させることに関連していることが明らかになりました。

別の研究では、2型糖尿病になるリスクが23%から50%低いことが示されています。他のいくつかの研究からは、最も大きく減少した数値は67%であったことがわかりました。

長寿に結びつきます

コーヒーを飲むことにより健康的な効果が得られることや、様々な病気にかかる発症リスクを低めるというメリットを享受している人はほとんどいません。しかし、実際、コーヒーを飲む人は早世のリスクを低く抑えていることが、20年にわたる研究によるとわかります。研究では、コーヒーを飲んだ2型糖尿病の人の死亡リスクが30%低いことが明らかになり、他のいくつかの研究では、18年から24年間コーヒーを摂取すると、女性の死亡リスクが26%低下し、男性の死亡率が20%低下することが明らかになりました。

脂肪を燃焼させ、身体能力を改善することのほかに、多くの重要な健康上の良い点を備えているコーヒーは、まさに私たちの喜びの杯だといえるでしょう。

に投稿 コメントを残す

コーヒーは高コレステロールの原因となる可能性があります

質問:夫のコレステロール値は悪い方向へと向かっていました。何年もの間、180から190mgdlの間でしたし、医者はスタチン系製剤をよく勧めていました。しかし夫と私の家族には、双方ともにスタチン系製剤によって脳機能の低下が見られた家族がいます。そのため、その薬品には頼りたくありませんでした。けれども、一度、夫のコレステロール値が202mgdlに達すると、医者はしつこく強要しました。残念ながら一度試してみた薬品はうまくいきませんでした。234mgdlにまで上がったのです。控えめに言っても医者は残念そうでした。

最終的に私はオンライン上で見かけ、別の解決法を見出しました。フレンチプレス・コーヒーが高血圧の原因ではないかというのです。フレンチプレスで入れることは変えませんでしたが、その後に、ペーパーフィルターを使うことにしたのです。これをはじめて6ヶ月経った現在、夫のコレステロール値は179mgdlまで下がりました。このようなちょっとした変化が効くとは、私たちは本当に驚き、感謝しています。さらに、コーヒーフィルターをつかって飲む方が、コーヒーは味が良いことがわかりました。

この簡単な変化は多くの人々を助けると思います。運動の重要性は変わりませんが、もし家でフィルターを使わずにコーヒーを飲んでいる人がいるならば、特にそのような人々にとっては、この変化を簡単に取り入れることができると思います。

回答:興味深いご報告をありがとうございます。数十年前から研究者たちによって、フィルター処理していないコーヒーはコレステロール値を上げ、対照的にフィルター処理しているコーヒーはコレステロール値を上げないことが報告されてきました(『メタボリズム』198511月)。最近の研究では、20年以上前から、人々がフィルター処理したコーヒーを飲むことで、長生きすることが明らかになっています(『ユーロピアン・ジャーナル・オブ・プリベンティブ・カーディオロジー』 2020年、422日)。1日にフィルター処理していないコーヒーを9杯飲む人は、その間に死亡する可能性が高いことがわかります。

フィルター処理してないコーヒーは、コレステロール値を上昇させる、カフェストールやカーウェオールと呼ばれる化合物を含んでいます。フィルター処理をしているコーヒーはすべてこの化合物を取り除いているのです。すばらしい働きですね。

質問:読者の一人が、MSMを摂取することで、髪質がよくなると書き込んでいました。私はそのサプリメントを購入し、驚くべきことに、服用して6日後には(1日に31グラムを摂取しました)嗅覚が戻ってきたことに気づきました。服用時にはほかのサプリメントは摂取しましせんでしたし、他の薬も服用していません。

私は嗅覚を15年前に失いました。私の医者が、骨密度が低いために、カルシトニン点鼻スプレーを処方してからです。どんな医者も私の無嗅覚症を治すことはできませんでした。「無嗅覚症と生きてください」と言われました。カルシトニン点鼻スプレーをやめても、結果は変わりませんでした。

MSMは無嗅覚症に効くといった研究を、私は見つけていません。私は看護教育の修士号をもつ、登録看護師です。インターネットや大学のデータベースを探してみましたが、何も見つかりません。けれど、回答者さんはきっと関心を持ってくださいますよね。

回答:カルシトニン点鼻スプレーを使用して、嗅覚の衰え(無嗅覚症)を訴えた人は質問者さんがはじめてではありません。けれどもあなたの発見はとてもおもしろいですね。

この非常に扱いにくい問題を解決するような、MSM(メチルスルフォニルメタン)を服用することに関する医学文献の研究はありません。この抗炎症サプリメントは安全な薬品ですので、他の方があなたの事例を再現したいと思うかもしれません。

質問:私は何年間も、家事をしているときに、血が出る小さな怪我をしたとき、家庭的な治療を行ってきました。傷口が見えなくなるまで、傷口に黒胡椒をふり、血が固まるまで放置しておくというものです。

焼いたり、傷つけたりはしないんだね。多くの人はこれを聞くとそう言います。ほとんどの小さな傷はキッチンででき、ほとんどのキッチンには黒胡椒があるでしょうから、これは簡単にできます。

血が固まったら、黒胡椒を洗い流し、傷口に消毒液をつけ、絆創膏を貼ります。 私は何年も前に叔母からこれを学びました。 それ以来、私の生活の知恵になっています。

回答:傷口に黒胡椒を振るということを初めて聞いたのは、20年前になります。イエローストーンでキャンプをしていた家族が、頭に切り傷をつくるという不運な事故に遭遇しました。出血は非常に多く、病院に行くには遠すぎました。この怪我をした人物は、黒胡椒について、彫刻仲間から話を聞いていた木彫り師でした。傷はたちまちよくなったのです。

一部の医療専門家は、黒胡椒が感染症につながる恐れがあるため、この救済策に反対しています。血が固まった後は、黒胡椒を洗い流し、抗菌剤を塗布するというあなたの選択は、感染症につながる恐れを避けるのに良いでしょう。

に投稿 コメントを残す

コーヒー:体にいいの?悪いの?

コーヒーには、これまでに、多くの健康的な恩恵があるといわれてきました。しかし、コーヒーは楽しむために飲むべきであって、病気を防ぐために飲むべきではありません。

これは、新しい調査研究の主な結論のひとつであるといえます。この調査の中では、コーヒーとカフェインに関する研究の概要が述べられています。それは、長年にわたって行われてきた多くの健康に関する研究の主題だといえます。

「コーヒーを飲むことで得られる、健康に対する影響は重要だといえます。なぜなら、世界中のとても多くの人々が、これほど頻繁に飲む飲食物は、他にほとんど存在しないからです」と、この調査研究の主執筆者であるロブ・ヴァン・ダム氏は述べています。

全体的にいって、これはコーヒー好きにとって朗報であると、ヴァン・ダム氏のチームは考えました。カフェインを含むコーヒーは、いかなる病気のリスクを高めるものではないと考えられており、むしろ、さまざまな病気の確率を下げる結果に結びつくのです。中程度の量のカフェインは、一般的にいって、ほとんどの人に無害であるといえます。

しかしながら、「中程度」というのが重要です。カフェインを摂取しすぎると、睡眠が乱れ、過度な緊張を引き起こします。

「良くない副作用を引き起こすカフェイン量は、人によって大きく異なります」と、シンガポールの国立大学教授のヴァン・ダム氏は述べています。

彼は、カフェインが、眠りにつく働きに影響を及ぼしているか、また、「興奮や不安」を引き起こしているかどうかに注意してほしいと述べています。ヴァン・ダム氏は、もしこのことに注意を払えるならば、「1日のうちの摂取量や、摂取時間を調整できるでしょう」と述べます。

これはほとんどの大人に対しての助言です。しかし、妊娠中の女性は、カフェイン摂取に特に気をつけなければなりません。研究に基づき、ヴァン・ダム氏のチームは、「妊娠中の女性は、1日につき200ミリグラム以下のカフェインしか摂取してはいけない」と述べます。

これはおよそ12オンス(340グラム)のコーヒーの量です。

妊娠中ではない人々には、ヴァン・ダム氏は「その人のカフェインに対する耐性に応じて、1日につき最大58オンス(5226グラム)のコーヒーであれば良いでしょう」と述べます。

ローリ・ライト氏は、北フロリダ大学の栄養学主任であり、栄養学アカデミーの代表者です。

「カフェインが良いか悪いかについては、何年にもわたって非常に多くの議論をおこなってきました」と、この調査には関与しなかったライト氏は述べます。「だからこそ証拠に基づく研究に立ち返るのは良いことです」と語っています。

一般的に、刺激物としてのカフェインが悪く言われている一方で、カフェイン入りのコーヒーは高血圧を発症させたり、すでにある血圧の問題を悪化させたりはしないのだと、研究は明らかにしています。

実際、コーヒーを飲むことは、心臓病の発症のリスクを低めることや、他の深刻な病気を引き起こすリスクを低めることに結びつけられてきました。調査によると、2型糖尿病や、特定のガン、パーキンソン病、肝疾患や胆石も含まれています。

しかし、これらの研究は、コーヒーやカフェインが、これらの病気のリスクを低める原因になることを証明しているわけではないのですと、ライト氏は述べます。病気を防ぐために、コーヒーに頼るべきではないという調査の結論に彼女は同意しています。

「しかし、コーヒーとカフェインは、健康的なライフスタイルの一部になり得ます」とライト氏は言います。

ここで、フィルター処理されたコーヒー(たとえば、ドリップコーヒーメーカーからのコーヒー)はそうでないものよりも健康的であるのかどうかといった疑問が生じます。フィルター処理されたコーヒーでないものというと、エクスプレッソ、ボイルドコーヒー、フレンチプレスでつくったコーヒーなどが挙げられます。

ヴァン・ダム氏によると、研究からは、フィルター処理されていないコーヒーは、血液中のコレステロール値を高める可能性があることがわかっているといいます。

一方で、ライト氏は「なにをコーヒーに入れるのかこそが、フィルター処理されているか、されていないかよりも重要なことなのです」といいます。つまりコーヒーに大量の砂糖とクリームを入れることは避けるべきだというのです。

「人々が手に取るコーヒードリンクのいくつかには、コーヒーというよりもミルクシェイクに近いものがあります」とライト氏は述べます。

他にもカフェインを摂取できる飲食物には、お茶、ソーダ、チョコレートが含まれています。けれどもほとんどの場合、それらに含まれるカフェイン量は微量です、とライト氏はいいます。

ライト氏が注意するべきだと述べるのは、2つの例外であり、それはエナジードリンクと「ショット」です。これらは一杯のコーヒーと同様あるいはそれ以上のカフェインを含みます。調査によると、これらの飲料を大量に摂取すると、血圧の急上昇や心臓の急な動悸を引き起こしうるのです。

カフェインはまた特定の薬品に関与する可能性もあります。もし投与されている薬について疑問を感じるのであれば、薬剤師に相談することもできますと、ライト氏は述べています。

に投稿 コメントを残す

コーヒーを飲むのに最適な時期はいつ?

コーヒーは世界で最も人気のある飲料の1つです。カフェインと呼ばれる非常に知られている興奮剤が含まれています。

多くの人々は、起床後すぐにこのカフェイン入りの飲料のカップに手を伸ばしますが、他の人は、数時間待った方がより有益であると考えています。

この記事では、利点を最大化し、副作用を最小限にする最適なコーヒーを飲むタイミングを説明しています。

コルチゾールとコーヒー

起床後、またはそのすぐに1杯、人によっては3杯のコーヒーを楽しむ人は多くいます。

ストレスホルモンであるコルチゾールが最大に達するので、起床直後、すぐにコーヒーを飲むとコーヒーのエネルギー効果が低下すると考えられています。

コルチゾールは、注意力と集中力を高めることができるホルモンです。 また、代謝、免疫系の応答、血圧を調整します。

ホルモンは、あなたの睡眠覚醒サイクルに特有のリズムに従います。高レベルは、起床してから3045分後にピークに達し、その日一日の残りの時間でゆっくりと低下します(2)。

 

とはいえ、コーヒーを飲むのに最適な時間は、コルチゾール値が低い、午前中から昼前であることが言われています。

午前630分頃に起きるほとんどの人にとって、この時間は午前930分から1130分の間です。

これにはいくらかの真理があるかもしれませんが、朝のコーヒーを遅らせることで、起きてすぐに飲むことと比較して、優れたエネルギー効果を観察した研究はこれまでありません。

 

朝のコーヒーを遅らせることが推奨されているもう1つの理由は、コーヒーのカフェインがコルチゾールレベルを増加させる可能性があることです。

 

コルチゾールレベルがピークに達したときにコーヒーを飲むと、このホルモンのレベルがさらに上昇する可能性があります。 長期間にわたるコルチゾール濃度の上昇は、免疫システムを損ない、健康上の問題を引き起こす可能性があります

それでも、コーヒーを飲むことによるコルチゾール上昇の健康への影響に関する長期的な研究はありません。

さらに、カフェインによって誘発されるコルチゾールの増加は、カフェインを定期的に摂取している人では減少する傾向があります

 

とはいえ、起床数時間後というよりも起き上がり直後にコーヒーを飲みたい場合でも、害はないと考えられます。

しかし、朝のコーヒーの習慣を変更したい場合は、コーヒーの摂取を数時間遅らせるとより多くのエネルギーが得られるかもしれません。

 

概要

コーヒーを飲むのに最適な時間は、ほとんどの人のコルチゾールレベルが低い午前930分〜1130分であると考えられています。 これが本当かどうかは、まだ確証が得られていません。 カフェインはコルチゾールを増やすことができますが、これの長期的な健康への影響は不明です。

 

コーヒーは運動能力を高める

 

コーヒーは、覚醒を促進し、注意力を高める能力で知られていますが、カフェインの含有量が多いため、コーヒーは運動能力を高める事でも効果的です。

 

更にコーヒーは運動前の飲料(プレワークアウトパウダー)のような

カフェイン含有サプリメントよりもはるかに安価な代替品となります。

 

カフェインが運動疲労を遅らせ、筋肉の強靭さと強さをを改善できることを示すいくつかの研究があります。

 

起床直後か、起床から数時間後にコーヒーを楽しむかどうかに大きな違いはないかもしれませんが、コーヒーからのカフェインが運動能力に与える影響は時間に依存します。

コーヒーの運動パフォーマンスへの有益な効果を最適化したい場合は、ワークアウトやスポーツイベントの3060分前に飲むのが最善です。

 

これは、体内でカフェインレベルがピークになるまでの時間なのです。

 

運動能力を改善するためのカフェインの有効量は、体重1ポンドあたり1.42.7 mg1 kgあたり36 mg)です。

150ポンド(68 kg)の人の場合、これは約200400 mgのカフェイン、または24カップ(475950 mL)のコーヒーに相当します。

 

概要

コーヒーからのカフェインの運動パフォーマンスの利点は、飲料を飲んでから3060分以内に体験できます。

不安と睡眠障害

コーヒーに含まれるカフェインは、覚醒を促進し、運動能力を高めることができますが、一部の人々には睡眠や不安の問題を引き起こす可能性もあります。

 

 

コーヒーからのカフェインの刺激効果は35時間持続し、個人差にもよりますが、摂取したカフェインの約半分は5時間後に体内に残ります。

夕食時など、就寝前にコーヒーを飲みすぎると、睡眠障害を引き起こす可能性があります。

カフェインが睡眠を崩壊させる影響を回避するために、就寝前の最低6時間はカフェインの摂取を避けることをお勧めします

睡眠障害に加えて、カフェインは一部の人々の不安を増加させる可能性があります

もしあなたが不安症状を持っているならば、コーヒーを飲むことは、それを悪化させることがあり、その場合には、消費量を減らしたり、完全にコーヒーを飲むことを避ける必要があるかもしれません。

また、コーヒーのカフェインに対して3分の1が含まれている緑茶に切り替えることもありです。

この飲料には、リラックス効果となだめる効果を兼ね備えたアミノ酸L-テアニンも含まれています。

 

概要

カフェインは就寝時刻に近づきすぎると睡眠障害を引き起こす可能性があります。 また、一部の人々の不安を高める可能性があります。

どのくらいのコーヒーが安全ですか?

健康な人は毎日最大400 mgのカフェインを消費できます—約4カップ(950 mL)のコーヒーに相当します

妊娠中および授乳中の女性に対する推奨事項は、カフェイン1日あたり300 mgであり、安全な上限は1日あたり200 mgです。

安全なカフェイン摂取のためのこれらの推奨事項は、あらゆるカフェイン源からの総量です。

一般的に他にカフェインを含む物とし、お茶、ソフトドリンク、栄養ドリンク、さらにはダークチョコレートが含まれます。

 

 

 

概要

健康な成人は1日あたり最大400 mgのカフェインを摂取できますが、妊娠中および授乳中の女性は1日あたり最大300 mgのカフェインであり、一部の報告では200mgが安全圏とうたっています。

重要な点

コーヒーは世界中で人気のある飲み物です。

コーヒーを飲むのに最適な時間は、コルチゾールのレベルが低い午前中から昼前であることが言われていますが、このトピックに関する研究は欠けています。

ワークアウトやスポーツイベントの3060分前にコーヒーを飲むと、疲労を遅らせ、筋肉の強靱さと強さを高めることができます。

コーヒーからのカフェインの刺激効果は、就寝時刻に近づきすぎると睡眠障害を引き起こし、一部の人では不安を増大させる可能性があることを覚えておいてください。

に投稿 コメントを残す

スイマーがコーヒーを飲むことの利点とは?

スイマーにとってコーヒーを飲むことの利点

コーヒ。読者がそれが好きか嫌いかどうかは別として、 コーヒーの強力な効果で生き生きする人もいれば、独特の味わいでうんざりする人もいます。

コーヒーの主要な刺激化学物質であるカフェインは、それを摂取する人々にいくつかの利点を提供します。 飲用者は、覚醒の気分、気分の改善、エネルギーの増加を言っています。 驚いたことに、カフェインもスポーツのパフォーマンスを向上させることが示されています。

スイマーにとって、プールの潜在的な利点を見落としてはいけません。 泳ぐ前の準備にコーヒーとカフェインを加えるとパフォーマンスが向上する理由をいくつか紹介します。

 

耐性

国際スポーツ栄養学会は、問題に関する公式の立場から、持久系アスリートにとってのカフェインの利点を強調しています。 彼らは、特にタイムトライアルのパフォーマンスのために、カフェインが持続的な高出力運動中の持久力を高めることに注目しています。 カフェインのこれらの利点は、水泳をする人に直接当てはまります。特にその水泳選手とは、常に24時間体制で活動する極度の持久系アスリートです。

より多くの研究は、カフェインが持久力を高めることができることを示しています。 自転車競技をする人にカフェインを与えると、疲労に達するまでの乗車時間を28%向上させました。自転車競技者はスイマーに似ており、これらの種のアスリートは信じられないほどの心肺機能と持久力を維持し続けています。

低用量のカフェインでさえ、パフォーマンス向上効果をもたらします。 国際スポーツ栄養学会は以下のことを認めています「カフェインは訓練されたアスリートのスポーツパフォーマンスを高めるために、低用量から中程度の用量で摂取した場合に効果的であり、全体的に高用量で摂取した場合にパフォーマンスがさらに向上することはありません。」 つまり、コーヒーを1杯飲むだけでパフォーマンスが向上する事を示唆しています。

 

 

エネルギー

コーヒーとカフェインはあなたを目覚めさせる能力で知られています。 このよく知られたエネルギーの増加は、カフェインがあなたの体を通して働き始めたときに感じられます。 カフェインが血流に入ると、体は心拍数と血圧を上げることによって反応します。

エネルギーの発動は、体からアドレナリンと呼ばれるホルモンが放出されることで発生します。このトリガー化学物質の放出は、「fight or flight(戦うか逃げるか)」反応を引き起こし、何に直面しても良いようにあなたの体は準備します。

 

ほとんどのスイマーが知っているように、アドレナリンは水泳の大記録の準備をするための鍵となるものです。 アドレナリンは通常、大勢の観客や大きな瞬間のために急上昇しますが、コーヒーを飲むと、体のアドレナリン反応も良くなります。 これは、環境が競技会ほど誇大状況ではない練習時に特に役立ちます。 カフェインのエネルギー上昇特性を利用すると、次の次元の大きな練習をしたり、次のレベルで泳ぐことができます。

 

 

健康

カフェインは、コーヒー以外の原材料にも含まれています。 たとえば、エナジードリンク、お茶、ソーダには、さまざまなレベルのカフェインが含まれています。 ただし、これらすべての原因が健康であるとは限りません。 カフェインの多くの供給源はとんでもない量の糖分を含んでいます。 コーラの1本のボトルには、アメリカ心臓学会が、1日に推奨する砂糖の摂取量ほぼ2倍の量があります。

 

コーヒー自体は砂糖がなく、カロリーがゼロなので、多くの砂糖が豊富なカフェイン物質よりもはるかに健康的です。 さらに、コーヒーには抗酸化物質が豊富に含まれており、酸化ストレスを軽減します。 概して、カフェイン摂取に関しては、コーヒーはより健康的な選択肢の1つです。

 

試合前でも、練習前でも、水泳選手は、コーヒーのパフォーマンス向上の利点を最大限に活用するべきです。

に投稿 コメントを残す

コーヒーはあなたの健康に良いか?科学的見解

何年もの間、コーヒーは不健康な嗜好品であり、発がんの可能性もあるとさえ見なされてきました。しかし最近の研究では、コーヒーは発がん性物質ではなく、適度に飲用しさせすれば、より健康的な効果を得られると、ニューヨークタイムズのマックキーンは報告しています。

コーヒーは発がん性があると考えられていました。

コーヒーの悪評の一部は、それが発ガン性物質であるという疑念から生じました。コーヒー豆を焙煎すると、化学物質であるアクリルアミドが生成されます。これは、米国癌協会(ACS)によると、動物の飲料水に一定量で入れたときに、マウスとラットの癌のリスクを高めることが示されています。「人々が食品にさらされるレベルよりも1,000から10,000倍高い。」その疑念は2010年に訴訟になり、カリフォルニアのコーヒー業界に焙煎プロセスからアクリルアミドを排除し、飲料に警告ラベルを含めるように働きかけました。

 

しかし、公衆衛生の専門家は動物実験の結果を人間に外挿法によって推定することに対して警告を発しており、最近の研究ではコーヒーが実際にいくつかの癌を発症するリスクを減らす可能性があることさえ示唆しています。その結果、2016年の世界保健機関は、「発がん性の可能性がある物質」のリストからコーヒーを削除し、「コーヒーを飲むことによる発がん性の影響に関する決定的な証拠はない」と述べています。

 

コーヒーはどのようにして悪評を覆したのか。

 

マックキーンの報告によると、WHOが「発ガン性物質の可能性あり」リストからコーヒーを削除したのとほぼ同時に、この飲み物のイメージが米国の食事ガイドラインから大きく躍進したとのことです。2015年にHHSは、健康的な食事の一部として初めて適度なコーヒーを飲むことを推奨する食事ガイドラインを発表しました。

 

マックキーンの報告によると、コーヒーに関するこれまでの研究では、コーヒーを大量に飲む人は喫煙者でもあるかどうかなどのライフスタイルの要因は考慮されていませんでした。それが行われると、それはコーヒーが実際にあなたにとって良い物だと示すはずです。

 

National Cancer Instituteの研究員であるエリカ ロフトフィールドによれば、「コーヒーが死亡リスクの低下と関連しているという証拠はかなり一貫しています」。

 

BMJ 2017年の1つのレビューでは、ほとんどの場合、コーヒーは健康上の利益に関連しており、害にはならないことがわかりました。そのレビューのために、研究者らは他の200件以上の研究レビューを検討し、適度なコーヒー消費が心血管疾患の発生率の低下とすべての原因による早期死亡に関連していることを発見しました。

とはいえ、エジンバラ大学の教授であり、BMJ研究の共著者でもあるジョサン ファローフィールド氏は、コーヒーの健康効果に関する研究の多くは観察的であり、したがって因果関係ではなく相関であると警告しました。「コーヒーが健康上の利点の原因であるかどうかは、はっきりとはわからない」と彼は言います。「これらの発見は、コーヒーを飲む人に存在する他の要因や行動が原因である可能性があります。」

 

節度を覚えること。

 

また、最近の研究ではコーヒーの消費量と健康との関連が指摘されていますが、科学者たちはカフェインを過剰ではなく適度に摂取することを覚えておくことが重要であると述べています。

HHSの食事ガイドラインによると、1日あたり400ミリグラムを超えるカフェインがどのように人の健康に影響を与えるかについてはあまり研究されていませんが、カフェインの高用量がカフェイン中毒を引き起こし、震え、緊張、そして 不整脈になるとされています。

マックキーンは、カフェインの消費を制限することは特定の人たちにとって特に重要であると報告しています。 たとえば、一部の医療提供者は、カフェインが胎盤から胎児に移動する可能性があるため、妊娠中の母親がカフェインの消費量を1200ミリグラム以下に制限することを推奨しています。 とはいえ、アメリカ産科婦人科学会によると、妊娠中に消費しても安全な量のカフェインについて調査研究中です。

 

マックキーン氏は、コーヒーを飲むときに注意すべきもう1つのグループは、カフェインをゆっくりと代謝する人々であると報告しています。イタリアのカターニア大学で人間栄養学の助教授を務めるグロッソによれば、一部の人々はカフェインの代謝を遅らせ、コーヒーは数杯飲ませるが、カフェイン摂取は1杯しか可能でない遺伝的変異を持っている。

 

しかし、平均的な人にとって、適度にコーヒーを飲んでも心配はないと医師たちは言う、とマックキーン氏は報告している。NYUスクールオブメディシンの消化器専門医で臨床准教授のソフィー バルゾラ氏は、「コーヒーから人を奪うことは残酷のようだ」と述べています

に投稿 コメントを残す

コーヒーはどのようにして脳を保護し、記憶をサポートするのか?

コーヒーを飲むことがエネルギーレベル、消化、さらには運動能力に影響を与えることは誰しも知っています。 これらの物理的影響は一般に即効性ですが、コーヒーの消費も脳の健康に長期的な影響を及ぼします。 さまざまな研究機関が、コーヒーが記憶機能をサポートし、認知症などの神経変性疾患を低下させる可能性があることを示唆しています。

 

コーヒーと脳の健康。

2017年にBoukje van Gelder氏とその同僚は、コーヒーが認知機能低下から守ったかどうかを確認するために10年以上研究してきた676人の高齢男性について報告しました。 彼らは、コーヒーを飲んだ男性は飲まなかった男性よりも認知機能低下が少ないことを発見しました。

1日に3杯のコーヒーを飲んだ人に最大の効果が見られました。3杯に対し、多い、少ないに関しては、劇的な効果は見られませんでした。

2009年の別の研究では、Marjo Eskelinenと彼女の同僚は、コーヒーが認知に役立つかどうかを確認するために21年以上追跡してきた人々のグループについて報告しました。 彼らは、中年期のコーヒーを飲む人は、コーヒーを飲まなかった人や12杯まで飲んだ人と比較して、認知症とアルツハイマー病のリスクが晩年に低いことを発見しました。 認知症のリスクが最も低いのは、1日に35杯のコーヒーを飲んだ人でした。

コーヒーが脳をサポートする3つの方法。

コーヒーが脳を保護する方法はいくつかあります。 これらはほんの一部です:

  •  

カフェイン:カフェインはセロトニンとアセチルコリンを増加させます。これらは脳を刺激し、血液脳関門を安定させるのに役立ちます。

  •  

ポリフェノール:コーヒーに含まれるポリフェノールは、フリーラジカルや、脳血管の閉塞による組織の損傷を防いでくれます。

  •  

トリゴネリン:コーヒー豆には高濃度のトリゴネリンが含まれており、抗酸化物質を活性化して脳血管の保護してくれます。

他の物よりも良いコーヒーはありますか?

利点にもかかわらず、コーヒーのすべての物質が役立つわけではありません。 ろ過されていないコーヒーには、ジテルペンと呼ばれる天然油が含まれており、LDLコレステロール値を上昇させます。 これらは潜在的に脳内の動脈壁の肥厚と硬化を引き起こす可能性があります(ただし、有用な抗炎症作用があります)。

コーヒー豆を焙煎すると形成される化学物質であるアクリルアミドは、神経伝達を阻害し、ドーパミンニューロンを破壊し、酸化ストレスを増加させる可能性があります。 コーヒー中のアクリルアミドの量は変動する可能性がありますが、一般的には、暗く(深く)焙煎した物や、新鮮なコーヒー豆は、量が最も少なくなります。

 

結論。

コーヒーにはさまざまな化学物質が含まれているため、コーヒーが認知症を防ぐことができるかどうか、研究者は断定できません。 ただし、適度に摂取すると、悪いどころか、より良い効果があります。 さらに、それは人生の後半に利点があるかもしれません。

124杯、または1日あたりカフェイン400 mg未満をお勧めします。深く焙煎した挽きたてのコーヒー豆を飲むと、不要な化学物質を減らすことができます。

に投稿 コメントを残す

病気の予防ではなく、喜びのためにコーヒーを飲む?

概して、研究は中程度の量のコーヒーを消費することによる健康リスクをほとんど示さない、と研究者達は主張しています。 

コーヒーは多くの潜在的な健康上の利点と結びついていますが、人々は病気の予防ではなく、喜びのためにそれを飲むべきです。

これは、最新の調査研究の主な結論の1つです。 その中で、研究者はコーヒーとカフェインに関する証拠の概要を示しています。それは長年にわたる多くの健康研究の目的です。

「世界中の多くの人々が頻繁にさらされている事もあり、他の食事要因がないこともあるので、健康へのコーヒー消費の影響は重要です」とレビューの主執筆者であるロブ・ファン・ダムは言いました。

そして全体として、彼のチームは、このニュースはコーヒー愛好家にとって良いことだと発見しました。カフェイン入りのコーヒーは病気のリスクを高めるようには見えず、代わりにさまざまな病気の確率を下げることに関連しています。 また、中程度の量のカフェインは、一般的にほとんどの人にとって安全です。

ただし、「中程度」が重要です。 カフェインが多すぎると、睡眠が妨げられたり、人々が不安になったりする可能性があります。

「嬉しくない副作用を引き起こすカフェインの量は人によって大きく異なります」とシンガポール国立大学のヴァン教授は言います。

彼は、人々がカフェインが眠りに落ちる能力に影響を与えるように思われるか、または「興奮または不安」につながるかどうかに関心を持つことを提案しました。 「そうすれば、日中の摂取量や摂取のタイミングを調整できる」とヴァン氏は語りました。

 

 

それはほとんどの大人のためのアドバイスです。 ただし、妊娠中の女性は、カフェインの摂取に特に注意する必要があります。 根拠に基づいて、ヴァンのチームは、彼女らは1200ミリグラム以下のカフェインに制限するべきであると言いました。

それは大体12オンスのコーヒーの量です。

妊娠していない人のために、ヴァン氏は、人のカフェイン耐性に応じて、1日に最大8オンスのコーヒーカップ5杯が良いかもしれないと言いました。

 

 

「カフェインが良いか悪いかについては、長年にわたってあらゆる所で議論がありました。」と評議に関与しなかったライト氏は言いました。 「証拠を元にして進めるのは良いことだ」とも言っています。

一般的に、カフェインの刺激剤としての評判が悪いにも関わらず、カフェイン入りコーヒーは高血圧を発症するリスクを高めたり、既存の血圧の問題を悪化させたりすることはないことが研究により示されています。

実際、コーヒーの消費は、心臓病やその他の深刻な状態を引き起こすリスクの低下に関連しています。 考察によると(低下させる病気の)リストには、2型糖尿病、特定の癌、パーキンソン病、肝疾患、胆石が含まれています。

しかし、これらの研究のどれも、コーヒーまたはカフェインがよりリスクを低減させる要因であることを証明していない、とライト氏は述べました。 彼女は、人々が病気を防ぐためにジャワ(産のコーヒー)に頼るべきではないという報告に賛成の立場です。

「しかし、コーヒーとカフェインは健康的なライフスタイルの一部であり得る」とライト氏は言います。

フィルター処理されたコーヒー(たとえば、ドリップコーヒーメーカーからのコーヒー)が、フィルター処理されていないコーヒーよりも健康的かどうかという疑問があります。 後者には、エスプレッソ、ボイルドコーヒー、フレンチプレスで作られたコーヒーなどが含まれます。

ヴァン氏によると、研究では、ろ過されていないコーヒーが血中コレステロール値を上げることがある、と示してます。

しかし、ライト氏は、「あなたがコーヒーに入れるものは、それ(コーヒー)が濾過されているか、濾過されていないかよりも、本当に重要なことだ」と述べた。 つまりは、コーヒーのカップに砂糖とクリームを入れるのを避けるべきなのです。

「人々が買うコーヒー飲料のいくつかは、ミルクセーキに似ています」とライト氏は言います。

「お茶、ソーダ、チョコレートなど、他にもカフェインの摂取源があります。 とはいえ、ほとんどの場合、それらには少量しか含まれていない」と ライト氏は述べた。

彼女が指摘した2つの例外は、エネルギードリンクと「ショット(カクテル)」であり、これは一杯のコーヒーと同じかそれ以上のカフェインを含んでいます。 レビューによると、これらの飲料を大量に摂取すると、血圧や動悸が急上昇する可能性があるとのことです。

カフェインは特定の薬と相互に作用する事もあります。 薬物療法について質問がある場合、薬剤師に相談するように。とライト氏は語っています。

に投稿 コメントを残す

コーヒーから得ることができる5つの驚くべき健康上の利点とは?

朝、コーヒーを飲むのは好きですか?しかし健康面でその効果を心配しているのでは?もう心配しないで構いません。コーヒーはいくつか健康面に関し、不利な点がありますが、各種リスクを気にしなくて良いほどのとても良い面があります。

あなたがコーヒーから得ることができるたくさんの健康上の利点があります。知ればきっと実行しますよ。

 

1.コーヒーは心臓病を防ぐのに効果があります。

コーヒー豆の挽き方を勉強したとき、心臓への弊害を防ぐ効果も合わせて勉強したのではないでしょうか。コーヒーは炎症を防ぎ、その事が心臓病へのリスク低減に向けて働きかけてくれます。動脈へのダメージを防ぐことでリスクを下げ、その事が心血管系全体へのダメージを下げてくれます。

2.コーヒーはあなたの癌のリスクを下げるかもしれません

コーヒーの抗酸化物質の数が多いことは、癌の予防という点でかなり大きな利点があります。 いくつかの研究は、コーヒーが一部の人々の肝臓癌、黒色腫、および子宮癌のリスクを減らすことを記録しました。

コーヒーに含まれているものが健康上で良いということを明確に証明することはできませんが、健康上の利点がないということではありません!

 

 

 

3.コーヒーは糖尿病の予防に役立つ

糖尿病のリスクが心配ですか? まあ、コーヒーはその脅威をかわすのを助けるかもしれません。 カフェイン入りのコーヒー1杯あたりの糖尿病のリスクが79%低下することが示されている研究もあります。

ただし、これはブラックコーヒーにのみ当てはまります。砂糖、牛乳、スプレンダ、またはクリームをコーヒーに追加すると、朝のコーヒーの健康効果が低下する可能性があります。

 

 

4.コーヒーはあなたを幸せにします

コーヒーが多くの人々のグループのうつ病の率を下げるのに働きかけたという研究もあります。 これは特にカフェイン入りのコーヒーを飲む女性によって示されました。

コーヒーには、フェルラ酸を含むいくつかの異なる酸が含まれています。フェルラ酸は、うつ病を悪化させると考えられている神経細胞の炎症を軽減すると考えられています。 基本的に、コーヒーは、あなたが幸せを獲得し、幸せであり続けるのを手助けしてくれます。そうでない時と比較して。

 

 

5.たくさんのコーヒーを飲むと、多発性硬化症のリスクが減るかもしれません。

あなたが大量のコーヒーを飲んでいるなら、あなたにとってより良い健康上の利点があるかもしれません。最近のいくつかの研究では、1日に少なくとも4杯のコーヒーを飲むと、多発性硬化症を発症する可能性が低くなることが示されています。

それだけではありません。コーヒーを飲むと、アルツハイマー病や認知症を引き起こす他の病気のリスクが低下するという証拠もあります。あなたの老後まであなたを健康に保つことができるコーヒーにはたくさんの健康上の利点があります!

 

 

 

コーヒーから得られる健康上の利点を過小評価することはできません

コーヒーは間違いなくあなたの健康に良い影響を与えます。ただし、コーヒーを飲むことがすべての人に推奨されるわけではないことに注意してください。過去にコーヒーを飲む習慣がなければ、医師に相談してみてください。

コーヒーがなくなるまで、お気に入りのブレンドを楽しむ時、気にしてみて下さい。

他の同様のトピックについて詳しく知りたいですか?私たちの他のブログのいくつかをチェックしてください!

に投稿 コメントを残す

コーヒーを淹れる最も健康的な方法は何か?

コーヒーを飲むことは、体重増加の減少、毎日の平均血圧の低下、糖尿病や心血管疾患のリスクの低下など、多くの健康上の利点に関連しています。

しかし、どの醸造方法があなたのカップから最大限に活用するのに役立ちますか?

欧州予防心学誌が発表した調査によると、挽いたコーヒー豆を沸騰させ、水を飲むだけでなく、コーヒーをフィルタリングすることは、特に高齢者にとって健康に適していることがわかりました。

研究者は、約20年間追跡された50万人以上の健康的なコーヒー飲み手(20〜79歳)の調査回答を分析しました。

コーヒー、特にろ過コーヒーを1~4杯飲んだ60歳未満の人は、動脈疾患と死亡率が低かった。
濾過されたコーヒーを飲む人の死亡率は60歳以上の人々に持続したが、1日に5杯以上飲んだ人では失われた。

この研究は観察的なものであり、ろ過されたコーヒーがろ過されていないコーヒーよりも健康的であることを証明するものではありませんが、理にかなっています。

フィルターなしのコーヒーにはジテルペン、コレステロールを上げることができる化合物が含まれ、研究者は、フィルタリングされていないコーヒーのカップは、濾過されたコーヒーのカップよりも30倍多くのディテルペンが含まれていると言います。

だから、そのコーヒーフィルターを使用し、まれにフランスのプレスやトルコのフィルタリングされていないコーヒーを保存し、平均して1日あたり5杯未満にコーヒー摂取量を制限することを検討してください。