に投稿 コメントを残す

コーヒーは脳に良いのか?

コーヒーの成分
コーヒーと脳
脳の機能
記憶
疲労
アルツハイマー病のリスク
パーキンソン病のリスク
結論

コーヒーは世界で最も人気のある飲み物の1つです。この朝の飲み物(または一部の人にとっては午後の気分転換)は、その高いカフェイン含有量で、最も疲れた目でも元気づけます。

コーヒーの人気を考慮すると、その即効性および長期的な健康への影響を含む、数多くの研究が行われています。

実際、適度なコーヒー摂取は、糖尿病前症状や肝疾患のリスク低減など、健康上の利点と関連付けられています。

研究者はまた、カフェインが脳に及ぼす影響についても調査しており、認知機能の健康に関しては非常に期待される結果が出ています。

コーヒーの主要な活性成分


コーヒーには、潜在的に強力な健康上の利点に寄与する何百もの生体活性化合物が含まれています。

これらの化合物の多くは抗酸化物質であり、細胞内で有害なフリーラジカルによるダメージと戦います。

以下はコーヒーの最も重要な活性成分です。

カフェイン

コーヒーの主要な活性成分で、中枢神経系を刺激します。
クロロゲン酸。これらのポリフェノール抗酸化物質は、血糖代謝や高血圧などの生物学的経路に利益をもたらす可能性があります。

カフェストールとカホエオール

コーヒーの天然油に存在し、これらの化合物は濾過されていないコーヒーに高濃度で含まれています。

トリゴネリン

このアルカロイド化合物は高温で不安定であり、焙煎中にナイアシン(ビタミンB3)としても知られるニコチン酸を形成します。

ただし、コーヒーの一杯に含まれるこれらの物質の量は異なる可能性があります。

要約


コーヒーは健康な飲み物であり、カフェイン、クロロゲン酸、トリゴネリン、カフェストール、カホエオールなど、何百もの生体活性化合物が含まれています。

コーヒーは脳にどのように影響するか?


カフェインは中枢神経系(CNS)にいくつかの方法で影響を及ぼします。

その効果は主に、カフェインがアデノシン受容体と相互作用する方法に由来すると考えられています。

アデノシンは脳内の神経伝達物質で、睡眠を促進します。

脳のニューロンには、アデノシンが結合できる特定の受容体があります。それが受容体に結合すると、ニューロンの発火の傾向を抑制します。これにより神経活動が遅くなります。

アデノシンは通常、日中に蓄積し、寝る時間になると眠くなる原因となります。

カフェインとアデノシンは似た分子構造を持っています。したがって、脳にカフェインが存在すると、カフェインはアデノシンと同じ受容体に結合するため競合します。

ただし、カフェインはアデノシンと同様にニューロンの発火を遅らせることはありません。代わりに、アデノシンによる神経活動の遅延を防ぎます。

カフェインは中枢神経系の刺激を促進し、あなたを警戒状態にさせます。

要約
カフェインはコーヒーが脳機能を高める主要な理由です。この刺激物質は、脳内の睡眠を促進する抑制性神経伝達物質であるアデノシンをブロックします。

カフェインが脳機能を高める方法


カフェインは静息状態の脳エントロピーを増加させる可能性があります。

脳エントロピーは脳機能に不可欠であり、高いレベルは高い情報処理能力を示します。静息状態の脳エントロピーの増加は、より高い情報処理能力を示唆します。

カフェインはまた、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなど他の神経伝達物質の放出を促進することで中枢神経系を刺激します。

カフェインは、気分、反応時間、警戒心、注意力、学習、一般的な精神機能など、脳機能のさまざまな側面を向上させるかもしれません。

ただし、時間が経つにつれてカフェインに対する耐性ができる可能性があります。つまり、以前と同じ効果を得るためには、以前よりも多くのコーヒーを摂取する必要があるかもしれません。

ただし、必ずしも「多いほど良い」というわけではありません。

実際、食品医薬品局(FDA)は、健康な成人は潜在的に危険な副作用を避けるために1日に約4〜5杯(400ミリグラム)のコーヒーしか摂取すべきでないと述べています。

また、妊娠しようとしている、妊娠中、授乳中、カフェインに敏感な方、薬物を服用している方、または基礎疾患を持っている方は、医療専門家と相談することを検討するべきです。

共に、適切なカフェインの摂取量を決定できます。

要約
カフェインは気分、反応時間、学習、警戒心などを向上させるかもしれないいくつかの神経伝達物質に変化をもたらす。ただし、時間の経過とともにカフェインに対する耐性ができる可能性があります。

カフェインと記憶


コーヒーとカフェインは記憶にも影響を及ぼす可能性がありますが、これに関する研究はまだ混在しており、さらなる研究が必要です。

一部の研究では、カフェインが短期および長期の記憶に著しい正の効果を持つ可能性があると示唆しています。

他の研究では、記憶には影響がないと報告するものもあり、カフェインが記憶課題のパフォーマンスを損なうことさえ見つかった研究もあります。

ある研究では、参加者が一連の画像を学習した後にカフェインの錠剤を摂取した場合、画像を24時間後に認識する能力が強化されました。

また、カフェインはこれらの記憶を忘れられにくくし、プラセボグループと比較してより耐久性のあるものに見えました。

要約
一部の研究では、カフェインが短期記憶を改善する可能性がある一方、他の研究では効果がないとされています。長期記憶への影響についてはさらなる調査が必要です。

コーヒーと疲労または眠気


人々がコーヒーを飲む主な理由は、より元気になり、目を覚ますためです。そのため、研究がカフェインが疲労感を抑制する可能性を示しても驚くことではありません。

ただし、そのエネルギーブーストはある一定の時間しか持続せず、それから再びコーヒーが必要に感じることがあるでしょう。

ただし、夕方や夜遅くに大量のカフェインを摂取しないように注意してください。なぜなら、それは夜間の睡眠を妨げる可能性があるからです。

コーヒーを飲んで眠りの質が低下する場合、それは逆の効果をもたらす可能性があります。疲労感を軽減する代わりに、睡眠を妨げ、全体的な脳機能を損なう可能性があります。

要約
人々は疲労感や眠気を打破するためにしばしばコーヒーを利用します。ただし、遅い時間に摂取すると、カフェインが夜間の睡眠の質を低下させ、結果的に疲労感を増加させる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です