に投稿 コメントを残す

証拠に基づく、断続的な断食(ファスティング)の利点とは?

断続的な断食は、食事と断食の期間を繰り返す食事パターンです。

 

数多くの研究は、あなたの体と脳に強力な利益をもたらすことができることを示しています。

 

断続的な断食の証拠に基づく10の健康上の利点があります。

 

 

 

1.断続的な断食の変化は、細胞、遺伝子、ホルモンの機能を変化させます

 

しばらく食べないと、あなたの体にいくつかのことが起こります。

 

例えば、体は重要な細胞修復プロセスを開始し、ホルモンレベルを変えて体脂肪蓄積を促進します。

 

断食中にあなたの体に起こる変化の一部は次のとおりです:

 

インスリン濃度:インスリンの血中濃度が有意に低下し、脂肪燃焼が促進されます。

ヒト成長ホルモン:成長ホルモンの血中濃度は5倍に上昇する。このホルモンのレベルを上げると、脂肪燃焼や筋肉増強が促進され、他にも多くの利点があります。

細胞修復:体は、細胞からの廃棄物質の除去などの重要な細胞修復プロセスを誘導します。

遺伝子発現:いくつかの遺伝子および分子には、寿命および疾患に対する防御に関連する有益な変化があります。

 

断続的な断食の利点の多くは、これらのホルモンの変化、細胞の遺伝子発現および機能に関連しています。

 

ボトムライン:

断食をすると、インスリンレベルが低下し、ヒト成長ホルモンが増加します。また、細胞は重要な細胞修復プロセスを開始し、遺伝子の発現を変更します。

 

 

 

  1. 断続的な断食はあなたが体重と腹部の脂肪を減らすことを助けてくれます。

 

断続的な断食を試みる人の多くは、体重を減らすためにやっています。

 

一般的に言えば、断続的な断食をすると、食べる食事が少なくなります。

 

あなたが他の食事の間にもっと多くを食べることによって補償しなければ、あなたはより少ないカロリーを取ることになります。

 

さらに、断続的な断食は、体重減少を促進するためにホルモン機能を高めてくれます。

 

低インスリンレベル、高成長ホルモンレベル、および増加したノルエピネフリン(ノルアドレナリン)の量はすべて、体脂肪の分解を増加させ、エネルギーの使用を容易にします。

 

このため、短期間の空腹時には実際に代謝率が3.6-14%増加し、より多くのカロリーを燃焼させることができます。

 

言い換えれば断続的な断食は、カロリー方程式の両側で働くのです。あなたの代謝率を高め(カロリーを増やします)、食べる食べ物の量を減らします(カロリーを減らします)。

 

断続的な断食は、科学文献の2014年のレビューによると、3〜24週間にわたり3〜8%の体重減少を引き起こす可能性があります。これは膨大な量です。

 

人々はまた、腹囲の4-7%を減少できました。これは、病気の原因となる腹腔内の有害な脂肪である腹部脂肪を多く減少させたことを示しています。

 

1件のレビュー調査では、断続的な断食は、連続カロリー制限よりも筋肉損失が少ないことが示されました。

 

すべてのことが考慮され、断続的な断食は信じられないほど強力な減量ツールになる可能性があります。ここでの詳細:断続的な断食が体重を減らす方法

 

ボトムライン:

断続的な断食は、代謝をわずかに増強しますので、より少ないカロリーを食べるだけでいいのです。体重を減らし脂肪を減らすのに非常に効果的なツールです。

 

 

 

3.断続的な断食はインスリン抵抗性を低下させ、2型糖尿病リスクを低下させる

 

2型糖尿病は近年非常に一般的になっています。

 

その主な特徴は、インスリン抵抗性のレベルにあります。

 

インスリン抵抗性を低下させるものは、血糖値を下げ、2型糖尿病を予防するのに役立ちます。

 

興味深いことに、断続的な断食は、インスリン抵抗性に大きな利点をもたらし、血糖値の顕著な低下をもたらすことが示されています。

 

断続的な断食に関するヒトの研究では、空腹時血糖は3〜6%低下し、空腹時インスリンは20〜31%減少しました。

 

糖尿病ラットのある研究では、糖尿病の最も重篤な合併症の1つである腎障害が断続的な断食で保護されていることも示されています。

 

これが意味することは、断続的な断食は、2型糖尿病を発症するリスクのある人々にとって非常に保護的である可能性があるということです。

 

しかし、性別にはいくつかの違いがあるかもしれません。女性の研究では、22日間の間欠断食プロトコル後に血糖コントロールが実際に悪化したことが示されました。

 

ボトムライン:

間欠的な断食は、少なくとも男性において、インスリン抵抗性を低下させ、血糖値を低下させることができます。

 

 

 

  1. 断続的な断食は体内の酸化的ストレスと炎症を軽減することができます

 

酸化的ストレスは、老化および多くの慢性疾患のためのステップの1つです。

 

それは、他の重要な分子(タンパク質やDNAのような)と反応してそれらを損傷するフリーラジカルと呼ばれる不安定な分子を含みます。

 

断続的な断食が身体の酸化ストレスに対する抵抗性を増強する可能性があるとのいくつかの研究が示されています。

 

さらに、断続的な断食は、あらゆる種類の一般的な疾患の別の主要な原因である炎症と戦うのに役立つことが研究によって示されている。

 

結論:断続的な断食は、体内の酸化的損傷や炎症を軽減することができるという研究結果があります。これは、高齢化と多数の病気の発症に対して利点があるはずです。

 

 

 

5.断続的な断食は、心臓の健康にとって有益な場合があります

 

現在、心臓病は世界最大のキラーです。

 

様々な健康マーカー(いわゆる「危険因子」)が、心疾患のリスクの増加または減少のいずれかと関連していることが知られています。

断続的な断食は、血圧、総コレステロールおよびLDLコレステロール、血中トリグリセリド、炎症マーカーおよび血糖値を含む多数の異なる危険因子を改善することが示されています。

しかし、これは動物の研究に基づいています。心臓の健康への影響は、勧告がなされる前に、ヒトにおいてさらに研究される必要です。

結論:研究によると、断続的な断食は、血圧、コレステロール値、トリグリセリドおよび炎症マーカーなどの心疾患の多数の危険因子を改善することができることが示されています。

 

 

 

6.断続的な断食により様々な細胞修復プロセスが誘導される

 

私たちが断食すると、体内の細胞はオートファジー(autophagy)と呼ばれる細胞の「廃棄物除去」プロセスを開始します。

これは、細胞が時間をかけて細胞内に蓄積する壊れた機能不全のタンパク質を分解し代謝することを含みます。

増加した作用は、癌およびアルツハイマー病を含むいくつかの疾患に対する防御を提供しえるものです。

 

結論:絶食は、オートファジー(autophagy)と呼ばれる代謝経路を引き起こし、細胞から無駄な物質を除去します。

 

 

 

7.断続的な断食ががん予防に役立つかもしれません

 

がんは、制御不能な細胞の増殖を特徴とするひどい病気です。

 

絶食は、がんのリスクを低下させるかもしれない代謝にいくつかの有益な効果を有することが示されている。

 

ヒトの研究が必要であるにもかかわらず、動物実験の有望な証拠によれば、断続的な断食はがんを予防するのに役立つ可能性があります。

 

がん患者についてのいくつかの証拠があり、絶食が化学療法の様々な副作用を減少させることが示されています。

 

結論:断続的な断食は、動物研究でがんを予防するのに役立つことが示されています。ヒトのある論文では、化学療法による副作用を減らすことができることを示しました。

 

 

 

8.断続的な断食はあなたの脳に良いのです

 

身体に良いことは、しばしば脳にも良いことになります。

断続的な断食は、脳の健康にとって重要で様々な代謝機能を改善する。

 

これには、酸化ストレスの減少、炎症の減少、血糖値の低下およびインスリン抵抗性が含まれる。

 

ラットのいくつかの研究は、断続的な断食が新しい神経細胞の成長を増加させる可能性があることを示しており、これは脳機能に有益であるはずです。

 

これはまた、脳由来神経栄養因子(BDNF)と呼ばれる脳ホルモンのレベルを上昇させ、その欠乏はうつ病および他の様々な脳の問題に関与しています。

 

動物研究では、断続的な断食は脳卒中による脳の損傷を防ぐことが示されています。

 

結論:断続的な断食は脳の健康に重要な利点をもたらすかもしれません。それは新しいニューロンの成長を増加させ、脳を損傷から保護することができます。

 

 

 

9.断続的な断食はアルツハイマー病の予防に役立つことがあります。

 

アルツハイマー病は世界で最も一般的な神経変性疾患です。

 

アルツハイマー病の治療法はありませんので、最初にアルツハイマー病が現れないようにすることが重要です。

 

ラットの研究は、間欠的な断食がアルツハイマー病の発症を遅らせるか、またはその重症度を低下させる可能性があることを示しています。

 

一連の症例報告では、毎日の短期間の断食を含む生活習慣介入が、10人の患者のうち9人(39人)においてアルツハイマー病を有意に改善することができました。

 

また動物実験では、空腹時にパーキンソン病やハンチントン病などの他の神経変性疾患を予防できる可能性が示唆されています。

 

しかし、より多くの研究が必要です。

 

結論:動物の研究は、断続的な断食がアルツハイマー病のような神経変性疾患を防御している可能性があることを示唆しています。

 

 

 

  1. 断続的な断食はあなたの寿命を延ばし、あなたがより長く生きるのを助けます

 

断続的な断食の最もエキサイティングなアプリケーションの1つは、寿命を延ばす能力かもしれないということです。

 

ラットの研究では、断続的な断食は、連続カロリー制限と同様の方法で寿命が延びることが示されています。

 

これらの研究の一部では、その効果は非常に劇的でした。そのうちの1つでは、一日おきに断食したラットは、断食されていないラットよりも83%長く生存していました。

 

これは人間では証明されていませんが、断続的な断食は、アンチエイジング群衆の間で非常に一般的になっています。

 

代謝や健康マーカーのすべての種類の既知の利点を考えると、断続的な断食はあなたがより長く健康的な生活を送るのに役立つことが理にかなっています。

 

 

コメントを残す