に投稿 コメントを残す

病気の予防ではなく、喜びのためにコーヒーを飲む?

概して、研究は中程度の量のコーヒーを消費することによる健康リスクをほとんど示さない、と研究者達は主張しています。 

コーヒーは多くの潜在的な健康上の利点と結びついていますが、人々は病気の予防ではなく、喜びのためにそれを飲むべきです。

これは、最新の調査研究の主な結論の1つです。 その中で、研究者はコーヒーとカフェインに関する証拠の概要を示しています。それは長年にわたる多くの健康研究の目的です。

「世界中の多くの人々が頻繁にさらされている事もあり、他の食事要因がないこともあるので、健康へのコーヒー消費の影響は重要です」とレビューの主執筆者であるロブ・ファン・ダムは言いました。

そして全体として、彼のチームは、このニュースはコーヒー愛好家にとって良いことだと発見しました。カフェイン入りのコーヒーは病気のリスクを高めるようには見えず、代わりにさまざまな病気の確率を下げることに関連しています。 また、中程度の量のカフェインは、一般的にほとんどの人にとって安全です。

ただし、「中程度」が重要です。 カフェインが多すぎると、睡眠が妨げられたり、人々が不安になったりする可能性があります。

「嬉しくない副作用を引き起こすカフェインの量は人によって大きく異なります」とシンガポール国立大学のヴァン教授は言います。

彼は、人々がカフェインが眠りに落ちる能力に影響を与えるように思われるか、または「興奮または不安」につながるかどうかに関心を持つことを提案しました。 「そうすれば、日中の摂取量や摂取のタイミングを調整できる」とヴァン氏は語りました。

 

 

それはほとんどの大人のためのアドバイスです。 ただし、妊娠中の女性は、カフェインの摂取に特に注意する必要があります。 根拠に基づいて、ヴァンのチームは、彼女らは1200ミリグラム以下のカフェインに制限するべきであると言いました。

それは大体12オンスのコーヒーの量です。

妊娠していない人のために、ヴァン氏は、人のカフェイン耐性に応じて、1日に最大8オンスのコーヒーカップ5杯が良いかもしれないと言いました。

 

 

「カフェインが良いか悪いかについては、長年にわたってあらゆる所で議論がありました。」と評議に関与しなかったライト氏は言いました。 「証拠を元にして進めるのは良いことだ」とも言っています。

一般的に、カフェインの刺激剤としての評判が悪いにも関わらず、カフェイン入りコーヒーは高血圧を発症するリスクを高めたり、既存の血圧の問題を悪化させたりすることはないことが研究により示されています。

実際、コーヒーの消費は、心臓病やその他の深刻な状態を引き起こすリスクの低下に関連しています。 考察によると(低下させる病気の)リストには、2型糖尿病、特定の癌、パーキンソン病、肝疾患、胆石が含まれています。

しかし、これらの研究のどれも、コーヒーまたはカフェインがよりリスクを低減させる要因であることを証明していない、とライト氏は述べました。 彼女は、人々が病気を防ぐためにジャワ(産のコーヒー)に頼るべきではないという報告に賛成の立場です。

「しかし、コーヒーとカフェインは健康的なライフスタイルの一部であり得る」とライト氏は言います。

フィルター処理されたコーヒー(たとえば、ドリップコーヒーメーカーからのコーヒー)が、フィルター処理されていないコーヒーよりも健康的かどうかという疑問があります。 後者には、エスプレッソ、ボイルドコーヒー、フレンチプレスで作られたコーヒーなどが含まれます。

ヴァン氏によると、研究では、ろ過されていないコーヒーが血中コレステロール値を上げることがある、と示してます。

しかし、ライト氏は、「あなたがコーヒーに入れるものは、それ(コーヒー)が濾過されているか、濾過されていないかよりも、本当に重要なことだ」と述べた。 つまりは、コーヒーのカップに砂糖とクリームを入れるのを避けるべきなのです。

「人々が買うコーヒー飲料のいくつかは、ミルクセーキに似ています」とライト氏は言います。

「お茶、ソーダ、チョコレートなど、他にもカフェインの摂取源があります。 とはいえ、ほとんどの場合、それらには少量しか含まれていない」と ライト氏は述べた。

彼女が指摘した2つの例外は、エネルギードリンクと「ショット(カクテル)」であり、これは一杯のコーヒーと同じかそれ以上のカフェインを含んでいます。 レビューによると、これらの飲料を大量に摂取すると、血圧や動悸が急上昇する可能性があるとのことです。

カフェインは特定の薬と相互に作用する事もあります。 薬物療法について質問がある場合、薬剤師に相談するように。とライト氏は語っています。

コメントを残す