に投稿 コメントを残す

ナショナル・ニュートリション・ウィーク(全国栄養週間):驚くべきコーヒーの健康的な効果

9月から始まるナショナル・ニュートリション・ウィーク(全国栄養週間)の前に、コーヒーの背景にある、あまり知られていないコーヒーの健康的な効果とそれにまつわる科学を紹介します。

あらゆる飲み物の中で、コーヒーはいつも愛おしく、平日の憂鬱さを打開し、ロマンチックなデートの雰囲気を保つために用いられています。けれども、元気にしてくれるという事実以外は見過ごされがちではありますが、コーヒーは抗酸化物質が多く含まれており、健康に良い栄養素が複数含まれているのです。

複数の研究によると、他の飲料と比較してコーヒーを飲む人は、いくつかの深刻な病気のリスクがはるかに低いといわれています。 9月から始まるナショナル・ニュートリション・ウィーク(全国栄養週間)の前に、コーヒーの背景にある、あまりよく知られていない健康的な効果とコーヒーにまつわる科学についてお伝えしましょう。これらの事実は、それがどれほど直観に反するものであるかどうかに関係なく、目覚めた時から眠りにつくまで、私たちをとりこにするのです。

うつ病と戦ってくれます

コロナの流行で、家で仕事をするほかなく、家でおこるあらゆる困難に対処する以外に行く場所もなく、やることもほとんどないため、日常を輝かせるのにコーヒーよりも優れているものはないのです。 うつ病の発症リスクを下げることから、自殺のリスクを劇的に減らすことに至るまで、コーヒーはすべてに効果があるのです。

2011年に発表されたハーバード大学の調査によると、1日につき4杯以上のコーヒーを飲んだ女性は、うつ病になるリスクが20%低いことがわかりました。別の研究によると、1日に4杯以上のコーヒーを飲んだ人は、自殺で死ぬ可能性が53%低いことがわかっています。

コーヒーを飲んで昼寝することの効果

短時間だけ寝るとき、その前にコーヒーを飲むと、アデノシンに影響を与えます。アデノシンは、睡眠を促進し、カフェインを受け取る脳の能力を高めます。 就寝前ではなく、15分から20分の短時間の昼寝をする直前に、カフェインを摂取することを専門家は提案しています。

昼寝前にコーヒーを飲むことにより、30分以上の睡眠となる徐波睡眠に陥るのを防ぐことができます。コーヒーを飲んでおこなう仮眠は、徐波睡眠中に目覚めるときに起こる眠気と方向感覚の喪失がおこる睡眠慣性を防ぎます。

また、夜間の睡眠障害を避けるために、就寝時刻の6時間以上前にコーヒーを飲んだ状態で昼寝をすることをお勧めします。 洗顔をしたり、明るい光を浴びたり、コーヒーを飲まずに昼寝をする、またはコーヒーを飲んでずっと目覚めているよりも、コーヒーを飲んでから行う昼寝は、カフェインの摂取で深い睡眠に入らない時には、目覚めたときに元気と注意力を高める効果があるのです。

ガンの発症リスクを下げます

人体で無秩序な細胞増殖をおこなうことを特徴とするガンは、世界中の人々の主要な死因です。コーヒーはこの病気の発病リスクにさえも、対抗する効力を発揮します。コーヒーを飲む人は肝臓癌と結腸直腸癌の発症リスクが低いことがわかります。これは、複数の研究で、145杯のコーヒーを飲んだ人は、結腸直腸癌のリスクが15%低く、肝臓癌のリスクが40%低いことが示されているためです。

2型糖尿病の発症リスクを減らします

2型糖尿病は、現在、世界中で数百万人に影響を及ぼしている深刻な病気ですが、コーヒーを飲む人は、いくつかの理由で2型糖尿病を発症するリスクがはるかに低くなっています。 457922人を対象とした18件もの研究調査では、毎日のコーヒーを1杯飲むことで2型糖尿病のリスクを7%低下させることに関連していることが明らかになりました。

別の研究では、2型糖尿病になるリスクが23%から50%低いことが示されています。他のいくつかの研究からは、最も大きく減少した数値は67%であったことがわかりました。

長寿に結びつきます

コーヒーを飲むことにより健康的な効果が得られることや、様々な病気にかかる発症リスクを低めるというメリットを享受している人はほとんどいません。しかし、実際、コーヒーを飲む人は早世のリスクを低く抑えていることが、20年にわたる研究によるとわかります。研究では、コーヒーを飲んだ2型糖尿病の人の死亡リスクが30%低いことが明らかになり、他のいくつかの研究では、18年から24年間コーヒーを摂取すると、女性の死亡リスクが26%低下し、男性の死亡率が20%低下することが明らかになりました。

脂肪を燃焼させ、身体能力を改善することのほかに、多くの重要な健康上の良い点を備えているコーヒーは、まさに私たちの喜びの杯だといえるでしょう。

コメントを残す