に投稿 コメントを残す

ドリップコーヒーVSカプチーノ:なにが違ってとどっちがいいの?

世界でも2番目に有名な飲み物であるコーヒーは、人々に元気をもたらします。コーヒー愛好家やコーヒー通の人々は、コーヒーが、元気をくれるだけでなく、たくさんの健康に良いことをもたらしてくれることを認めているでしょう。様々な研究者たちによると、コーヒーは抗酸化物質、ビタミンB2B3、マグネシウムといった栄養素がたくさん含まれているといわれています。コーヒーを飲むことで2型糖尿病のリスクを低減させるという研究結果も提出されています。それだけではありません。コーヒーは、肝疾患や心臓血管疾患の発症から守ってくれるのです。研究のなかにはコーヒーを飲むことで、脂肪が素早く燃やされ、代謝率を高めることができると明らかにしたものもあります。

コーヒーの種類

世界中でコーヒーが人気であることを踏まえると、手に入れやすい、いくつかの種類のコーヒーがあります。しかし、世界には2つのコーヒーの種類しか存在しません。それは、エスプレッソとドリップコーヒーです。残りの、人々が思い浮かべるであろう、あらゆるコーヒーの類は、エスプレッソに分類されます。エスプレッソは、沸騰させ、浸され、圧をかけてつくられます。ドリップコーヒーは醸造機やフィルターマシーンを使ってつくられます。

エスプレッソコーヒー

エスプレッソコーヒーは人気のあるコーヒーのひとつで、好みに応じて、カフェモカ、カプチーノ、フラッペ、ラテなどの名前が付けられます。すべての親しんで用いられる名前のなかで、カプチーノは最も定番なコーヒーで、簡単につくることができます。 カプチーノはイタリア語で「ちいさな帽子」を意味します。 伝統的なカプチーノは、エスプレッソを12ショット、泡状のミルクを重ねてつくります。この知識がなくても、カプチーノはつくられ、いつでも飲むことができるのです。

南インディアンコーヒー

従来のドリップコーヒーは、フィルターマシーンでコーヒーを淹れることでつくられています。 けれども、南インディアンコーヒーの醸造方法はそれとはまったく異なっていて、味は醸造方法によっても違います。南インディアンコーヒーには、ゴールドコーヒーとペーパーフィルターの2つの種類があります。 フィルター・カピ、ディグリー・コーヒー、マイソール・フィルター・コーヒーとも呼ばれます。 このコーヒーのレシピは、2つの円筒形の容器でつくられている、南インディアンコーヒーフィルターで作られています。 このフィルターでは、上の容器は穴があいており、挽いたコーヒー豆に水を注ぐと、下の容器に淹れたてのコーヒーが出てきます。 コーヒーを入れるには、約1012分かかります。 コーヒーが準備できたら、鍋で牛乳を沸騰させ、コップに注ぎ、砂糖を加えます。ミルクとコーヒーの比率は、飲みたいコーヒーの味の濃さによって異なります。

違いはなんでしょうか

カプチーノとドリップコーヒーは、想像を絶するほど、あらゆる点で異なります。 それぞれのコーヒーを醸造する方法もかなり異なっています。 カプチーノは、提供できるコーヒーにするために、わずか23分しかかからない、加圧式のコーヒーマシーンを使用します。一方、ドリップコーヒーは、準備に10分から12分程かかる、一般的なコーヒーマシーンを使用してつくられます。 他の大きな違いには、カプチーノの見た目が挙げられます。カプチーノは、滑らかに、コーヒーを泡状の温かい牛乳と混ぜてつくられます。 ドリップコーヒーは、クリーム状または泡状に盛り付けられることはなく、沸騰したミルクを、コーヒーと砂糖に好みに応じて入れます。 味も同じく異なっていて、ドリップコーヒーはカプチーノよりも酸味が弱く、ほのかなコーヒーの味がします。

ドリップコーヒーとカプチーノ、どちらがいいの?

この質問に対する答えは、自分で決めなければならないものです。結局はその人の好みによるからです。多くの人にとっては、コーヒーを作る過程も心を落ち着かせてくれるものです。ただ、より本格的なコーヒーの味を追求するならば、ドリップコーヒーが最適だといわれています。けれども、結局のところ、それはその人のコーヒーの好みによるものであり、どんなふうな点でコーヒーが好きなのかにもよります。 コーヒーの味は、コーヒー豆の品質と焙煎方法によって変わります。それ以上に、コーヒーの本来の味を引き出すには、豆の産地も重要なのです。

コメントを残す