に投稿 コメントを残す

コーヒーフルーツとは?コーヒーフルーツについて説明します

コーヒー豆はよく世間に知られていますが、コーヒーフルーツはそれほど知られていません。

コーヒーフルーツはコーヒー豆と同じ植物に由来し、従来では、コーヒーの製造工程で廃棄されていました。

しかし、最近では、健康志向の人々の間で再び見直され、サプリメント、ジュース、ハーブティーなどに入れられる流行の新しいスーパーフードとして、もてはやされています。

この記事では、コーヒーフルーツの栄養と健康に良い点や、普段の食事に取り入れる一般的な方法を説明していきます。

コーヒーフルーツは果実です

コーヒーフルーツは、コーヒー植物からできる核果です。

多くの場合、コーヒーチェリーやコーヒーベリーなどの他の名前で呼ばれています。

典型的なコーヒーフルーツは小さく、緑色です。熟すにつれて、濃い赤色や紫色の色合いに変わっていきます。コーヒー豆はコーヒーフルーツの内部に包まれており、分類上では種子と呼ばれます。

コーヒーの製造過程ではコーヒー豆は取り置かれますが、コーヒーフルーツは通常、廃棄されます。

しかし、その健康に良い影響があるという新たな研究が登場したことにより、コーヒーフルーツは、人気のサプリメントや飲み物の材料として注目を集めています。

要約

コーヒーフルーツはコーヒー植物の果実です。かつてはコーヒーの製造中に廃棄されていましたが、現在はサプリメントやドリンクに使用されています。

コーヒーフルーツの良い点

コーヒーフルーツはいくつかの健康に良いことと関係しています。

抗酸化物質が豊富に含まれています

コーヒーフルーツには、健康に良い抗酸化物質とポリフェノールが含まれています。

抗酸化物質は、フリーラジカルと呼ばれる、有害な活性酸素を打ち消す力があります。フリーラジカルが消去されないと、細胞の損傷や慢性疾患の原因になり得ます。

特に、コーヒーフルーツにはルチン、クロロゲン酸、プロトカテク酸、没食子酸などの抗酸化物質が豊富に含まれています。

20人のアスリートを対象としたある小規模な研究では、1日あたり800mgのコーヒーフルーツエキスを4週間摂取すると、身体の抗酸化体質が改善されることがわかっています。

同様に、試験管と動物を用いた以前の研究では、コーヒーフルーツエキスが免疫機能を改善し、ガン細胞の成長を遅らせる可能性があることが示されています。それはおそらくコーヒーフルーツに抗酸化物質の含有量が高いためです。

コーヒーフルーツの抗酸化物質が健康にどのように影響するかについては、さらに研究が必要であると留意しておく必要があります。

また、処理方法によって、コーヒーフルーツ製品の抗酸化物質の含有量は、大きく変化する可能性があることも注意すべきです。たとえば、ある試験管を用いた研究では、コーヒーフルーツエキスの抗酸化の働きは、粉末状のものよりも最大で25倍高いことが示されています。

脳の健康を保つ

将来性のある研究では、コーヒーフルーツが脳機能を保ち、老化の兆しを遅くする効果があることを示しています。

たとえば、ゆるやかに精神的衰えが見られた71人の高齢者を対象としたある研究では、コーヒーフルーツエキスを28日間摂取することで、反応速度が大幅に短縮されたことが判明しました。

他の小規模におこなわれた研究では、100mgのコーヒーフルーツエキスを摂取すると、脳由来神経栄養因子(BDNF)(脳内の神経細胞の生存と成長に不可欠なタンパク質の一種)の値が、2時間以内に143%増加したと示されています。

さらに15件の研究調査によると、アルツハイマー病の人々はBDNFの値が低い傾向がありことがわかっています。つまり、コーヒーフルーツエキスには、BDNF値の管理や治療に役立つ可能性があるのです。

けれども、コーヒフルーツが脳の健康にもたらす良い点をより深く理解するためには、今後も引き続き研究が必要です。

脂肪の減少の促進

脂肪の減少に関する研究は数が限られていますが、いくつかの研究では、コーヒーとその成分が脂肪の減少を促進する効果があることを示しています。

たとえば、ある試験管を用いた研究によると、コーヒーフルーツエキスは、脂肪細胞の分解を促進する一方で、新しい脂肪細胞の生成を抑制しました。

コーヒーフルーツはクロロゲン酸も豊富です。クロロゲン酸は、減量を促進し、脂肪燃焼を促進する能力があると研究されてきました。

高脂肪食を食べさせたマウスによる、6週間にわたっておこなわれた研究では、クロロゲン酸は体重と脂肪の増加を防ぎました。

同様に、超過体重の150人を対象とした12週間の研究では、クロロゲン酸を豊富に含むコーヒーを飲む人々と、対照的にコーヒーを飲まなかった人々とは比較して、前者の方が体脂肪と腹部脂肪の両方が大幅に減少したのです。

ただし、現在の研究において高濃度のコーヒーフルーツエキスの効果を認めているのは、試験管および動物による研究にほぼ限定されていることは注意すべきです。コーヒーフルーツの摂取が、人の体重と脂肪の減少にどのように影響するかを判断するには、最終的にさらに多くの研究が必要なのです。

要約

コーヒー果実は抗酸化物質が豊富で、脳の健康を保ち、脂肪を減少させる効果があります。 けれども、人に与える影響についてはさらなる研究が必要です。

コーヒーフルーツの短所について

コーヒーフルーツを長期的に摂取することの、安全性に関する研究はまだ数少ない状況ですが、適度に摂取すれば、一般的に安全であると考えられています。

ある動物実験では、コーヒーフルーツの忍容性は良好であり、比較的多く摂取してもラットに投与した場合に悪影響はありませんでした。

コーヒーフルーツにはカフェインが含まれていることは留意しなければなりません。ほとんどの製品には1食分あたり約5mgから約20mgのカフェインが含まれていますが、 製品や投与量、形態によってその正確な量は異なります。

これは、通常1杯あたりのコーヒー中に含まれる、約96mgのカフェイン(240 mL)よりも大幅に少ない量です。 ただし、カフェインに敏感な人や、摂取量を制限している人にとっては、これは考慮すべき重要な点です。

要約

適量を摂取するのであれば、コーヒーフルーツは一般的に安全といえます。ただしコーヒーフルーツを使用した各飲食物には少量のカフェインが含まれていることに注意してください。

用途

コーヒーフルーツは、健康志向店や薬局で広く入手できます。液体、錠剤、およびカプセルといった形態のものを見つけることができるでしょう。

コーヒーフルーツはまた、脳の健康を改善し、エネルギーを高めるといわれているサプリメントに含まれています。従来では、他のフルーツエキスのブレンドと同様に加えられてきました。

研究によると、1日あたり100mgから800mgの量が安全で、忍容性が高いことが示されています。ただし、これらのサプリメントの公式推奨用量は、現在のところ存在しません。

また、コーヒーフルーツはブレンドジュースなどの飲み物に含まれていることもあり、コーヒーフルーツの乾燥した皮から抽出されるハーブティーの一種であるコーヒーチェリーティー(カスカラとも呼ばれます)の製造にも使用されています。

さらに、一部のスキンケア製品にもコーヒーフルーツはふくまれており、局所的に塗布して炎症を軽減し、肌の質感を改善する効果があります。ただし、コーヒーフルーツが肌の健康にどのように影響するかを確かめるには、さらに研究が必要です。

もともとの健康状態に支障がある場合や、または薬を服用している場合は、コーヒーフルーツを服用する前に、必ず医療関係者に相談してください。

要約

コーヒーフルーツはサプリメントの形で広く入手できます。ジュースやハーブティーなど、多くの飲み物にも含まれ、スキンケア製品に含まれていることもあります。

重要なこと

コーヒーフルーツはコーヒー植物の果実です。

研究によると、抗酸化物質が豊富で、脳機能を保ち、脂肪の減少にも働きかけます。

それは多様な形で摂取することができます。多くの場合はサプリメントとして提供され、あるいはハーブティーやジュースに含まれています。

けれども、コーヒーフルーツを摂取することの安全性と、長期的な健康への影響に関する研究は数が限られているため、これらのサプリメントを服用する前には、必ず医療関係者に相談してください。

コメントを残す