に投稿 コメントを残す

コーヒーを飲むのに最適な時期はいつ?

コーヒーは世界で最も人気のある飲料の1つです。カフェインと呼ばれる非常に知られている興奮剤が含まれています。

多くの人々は、起床後すぐにこのカフェイン入りの飲料のカップに手を伸ばしますが、他の人は、数時間待った方がより有益であると考えています。

この記事では、利点を最大化し、副作用を最小限にする最適なコーヒーを飲むタイミングを説明しています。

コルチゾールとコーヒー

起床後、またはそのすぐに1杯、人によっては3杯のコーヒーを楽しむ人は多くいます。

ストレスホルモンであるコルチゾールが最大に達するので、起床直後、すぐにコーヒーを飲むとコーヒーのエネルギー効果が低下すると考えられています。

コルチゾールは、注意力と集中力を高めることができるホルモンです。 また、代謝、免疫系の応答、血圧を調整します。

ホルモンは、あなたの睡眠覚醒サイクルに特有のリズムに従います。高レベルは、起床してから3045分後にピークに達し、その日一日の残りの時間でゆっくりと低下します(2)。

 

とはいえ、コーヒーを飲むのに最適な時間は、コルチゾール値が低い、午前中から昼前であることが言われています。

午前630分頃に起きるほとんどの人にとって、この時間は午前930分から1130分の間です。

これにはいくらかの真理があるかもしれませんが、朝のコーヒーを遅らせることで、起きてすぐに飲むことと比較して、優れたエネルギー効果を観察した研究はこれまでありません。

 

朝のコーヒーを遅らせることが推奨されているもう1つの理由は、コーヒーのカフェインがコルチゾールレベルを増加させる可能性があることです。

 

コルチゾールレベルがピークに達したときにコーヒーを飲むと、このホルモンのレベルがさらに上昇する可能性があります。 長期間にわたるコルチゾール濃度の上昇は、免疫システムを損ない、健康上の問題を引き起こす可能性があります

それでも、コーヒーを飲むことによるコルチゾール上昇の健康への影響に関する長期的な研究はありません。

さらに、カフェインによって誘発されるコルチゾールの増加は、カフェインを定期的に摂取している人では減少する傾向があります

 

とはいえ、起床数時間後というよりも起き上がり直後にコーヒーを飲みたい場合でも、害はないと考えられます。

しかし、朝のコーヒーの習慣を変更したい場合は、コーヒーの摂取を数時間遅らせるとより多くのエネルギーが得られるかもしれません。

 

概要

コーヒーを飲むのに最適な時間は、ほとんどの人のコルチゾールレベルが低い午前930分〜1130分であると考えられています。 これが本当かどうかは、まだ確証が得られていません。 カフェインはコルチゾールを増やすことができますが、これの長期的な健康への影響は不明です。

 

コーヒーは運動能力を高める

 

コーヒーは、覚醒を促進し、注意力を高める能力で知られていますが、カフェインの含有量が多いため、コーヒーは運動能力を高める事でも効果的です。

 

更にコーヒーは運動前の飲料(プレワークアウトパウダー)のような

カフェイン含有サプリメントよりもはるかに安価な代替品となります。

 

カフェインが運動疲労を遅らせ、筋肉の強靭さと強さをを改善できることを示すいくつかの研究があります。

 

起床直後か、起床から数時間後にコーヒーを楽しむかどうかに大きな違いはないかもしれませんが、コーヒーからのカフェインが運動能力に与える影響は時間に依存します。

コーヒーの運動パフォーマンスへの有益な効果を最適化したい場合は、ワークアウトやスポーツイベントの3060分前に飲むのが最善です。

 

これは、体内でカフェインレベルがピークになるまでの時間なのです。

 

運動能力を改善するためのカフェインの有効量は、体重1ポンドあたり1.42.7 mg1 kgあたり36 mg)です。

150ポンド(68 kg)の人の場合、これは約200400 mgのカフェイン、または24カップ(475950 mL)のコーヒーに相当します。

 

概要

コーヒーからのカフェインの運動パフォーマンスの利点は、飲料を飲んでから3060分以内に体験できます。

不安と睡眠障害

コーヒーに含まれるカフェインは、覚醒を促進し、運動能力を高めることができますが、一部の人々には睡眠や不安の問題を引き起こす可能性もあります。

 

 

コーヒーからのカフェインの刺激効果は35時間持続し、個人差にもよりますが、摂取したカフェインの約半分は5時間後に体内に残ります。

夕食時など、就寝前にコーヒーを飲みすぎると、睡眠障害を引き起こす可能性があります。

カフェインが睡眠を崩壊させる影響を回避するために、就寝前の最低6時間はカフェインの摂取を避けることをお勧めします

睡眠障害に加えて、カフェインは一部の人々の不安を増加させる可能性があります

もしあなたが不安症状を持っているならば、コーヒーを飲むことは、それを悪化させることがあり、その場合には、消費量を減らしたり、完全にコーヒーを飲むことを避ける必要があるかもしれません。

また、コーヒーのカフェインに対して3分の1が含まれている緑茶に切り替えることもありです。

この飲料には、リラックス効果となだめる効果を兼ね備えたアミノ酸L-テアニンも含まれています。

 

概要

カフェインは就寝時刻に近づきすぎると睡眠障害を引き起こす可能性があります。 また、一部の人々の不安を高める可能性があります。

どのくらいのコーヒーが安全ですか?

健康な人は毎日最大400 mgのカフェインを消費できます—約4カップ(950 mL)のコーヒーに相当します

妊娠中および授乳中の女性に対する推奨事項は、カフェイン1日あたり300 mgであり、安全な上限は1日あたり200 mgです。

安全なカフェイン摂取のためのこれらの推奨事項は、あらゆるカフェイン源からの総量です。

一般的に他にカフェインを含む物とし、お茶、ソフトドリンク、栄養ドリンク、さらにはダークチョコレートが含まれます。

 

 

 

概要

健康な成人は1日あたり最大400 mgのカフェインを摂取できますが、妊娠中および授乳中の女性は1日あたり最大300 mgのカフェインであり、一部の報告では200mgが安全圏とうたっています。

重要な点

コーヒーは世界中で人気のある飲み物です。

コーヒーを飲むのに最適な時間は、コルチゾールのレベルが低い午前中から昼前であることが言われていますが、このトピックに関する研究は欠けています。

ワークアウトやスポーツイベントの3060分前にコーヒーを飲むと、疲労を遅らせ、筋肉の強靱さと強さを高めることができます。

コーヒーからのカフェインの刺激効果は、就寝時刻に近づきすぎると睡眠障害を引き起こし、一部の人では不安を増大させる可能性があることを覚えておいてください。

コメントを残す