に投稿 コメントを残す

コーヒーは健康に良い?悪い?

コーヒーの健康への作用とは

 

コーヒーの健康への作用は、議論されることが多々あります。

 

 

尋ねる人によりけりで、ある人は、とても健康的な飲み物であると言い、ある人は、信じられないくらい有害です、と答えます。

 

 

これまで、あなたはコーヒーについて様々なことを聞いたかもしれませんが、実際、コーヒーの利点はたくさんあります。

 
例えば、抗酸化能力高く、多くの病気のリスク減少と関係しているという事実があります。

 

 

しかし、良く知られているカフェインも含まれています。カフェインは、一部の人で問題を引き起こす可能性があり、睡眠中断、覚醒作用があります。今回は、コーヒーとその健康作用を詳細に見ていき、賛否両方を調べていきます。

 

 
コーヒー豆は若干の重要な栄養分を含有し、抗酸化能力がとても高いです。一般に飲むコーヒーの中には、豆の中の栄養分の多くが含まれており、それがコーヒー色へと変色させている要因です。

 

 

 
カップ1杯(240ml)のコーヒーは、以下の栄養素を含みます。

 
ビタミンB2(リボフラビン):RDAの11%。

ビタミンB5(パントテン酸):RDAの6%。

ビタミンB1(チアミン):RDAの2%。

ビタミンB3(ナイアシン):RDAの2%。

葉酸:RDAの1%。

マンガン:RDAの3%。

カリウム:RDAの3%。

マグネシウム:RDAの2%。

リン:RDAの1%。

 

 
RDA = アメリカ食品医薬品局(FDA)が定めた1日の推奨栄養摂取量

 

 
あまり栄養価が高いように見るかもしれませんが、掛け算して、1日にコーヒーな何倍飲むのか考えてみて下さい。

 

 

 

コーヒーを飲む量が増えれば、その栄養量は1日でかなり積み重なる可能性があるでしょう。しかし、コーヒーのより注目すべき本当の利点は、その高い抗酸化作用です。典型的な西洋型の食事を食べる平均的な人々は、実際、果物や野菜からより、コーヒーからより多くの抗酸化成分を得ているのです。

 

 

 

基本的な点:

 

 

コーヒーは少量のビタミンとミネラルを含みます。そして、コーヒーを飲む量が増えれば増えるほど、その量は増加します。
その抗酸化成分も高く含まれています。

 

 

コーヒーは、カフェインを含んでおり、カフェインは、脳機能を強化し、代謝を押し上げる覚醒作用があります。

 

 

カフェインは、世界で最も一般に消費されている精神活性物質です。清涼飲料、お茶、チョコレートは全て、カフェインを含でいますが、コーヒーが最大のカフェイン源です。

 

 

コーヒーカップ1杯のカフェインは30~300mgの間で変動する可能性がありますが、平均的カップですと、90~100mgのあたりになります。

 

 

カフェインは、既知の刺激薬ですあり、脳内で、アデノシンと呼ばれている抑制神経伝達物質(脳ホルモン)の機能をブロックします。アデノシンをブロックすることによって、カフェインは脳とノルエピネフリンとドーパミンのような他の神経伝達物質の放出においての活動を実際に増加させます。

 

 

これは疲労を減らし、注意力を増加させます。

 

 

カフェインが脳機能を短期的に押し上げる可能性を示している多数の調査が存在します。

 

 

これは気分の改善、反応時間、注意力、一般的な認識機能を含んでいます。カフェインは、カロリーの燃焼を含む代謝を3~11%増加させ、平均して11~12%運動パフォーマンスを増強さえ可能となっています。しかし、これらの影響の一部は、短期なもののようです。もし毎日コーヒーを飲むならば、カフェインに耐性ができるため、その効果、影響力は小さくなります。

 
若干の不利な面もカフェインにはあります。

 

 

 

肝心な点:

コーヒーの中の主な活性化合物は、刺激性のカフェインです。これは、エネルギー準位、脳機能、代謝率、運動パフォーマンスを短期的な押し上げを引き起こす可能性があります。コーヒーは老年期に、あなたの脳機能保護を助ける可能性があります。そして、アルツハイマー病やパーキンソン病のリスク減少につながります。アルツハイマー病は、最も一般的な神経変性疾患と痴呆の主要な原因です。研究では、コーヒーを愛飲する人々は、アルツハイマー病の発症リスクが65%低下することを示しています。

 

 

パーキンソン病は、2番目に一般的な神経変性疾患で、脳でドーパミン産生ニューロンの死滅要因となっています。

 

 

コーヒーを飲む人は、パーキンソン病でもリスクが32~60%低下しています。人々がよりコーヒーを飲むほど、そのリスクは低下しています。

 

肝心な点:

いくつかの調査では、コーヒーを飲む人には老年期に痴呆、アルツハイマー病、パーキンソン病になるリスクが非常に低くなっていることを示しています。コーヒーを飲む人には、2型糖尿病のリスクが非常に低くなっています。

 

 

2型糖尿病は、インシュリンの影響に対する抵抗により、高血糖によって特徴づけられます。2型糖尿病は、非常に普通の病気です。最近20~30年間で10倍に増加し、現在3億人以上が悩んでいます。面白いことに、コーヒーを飲む人は、これら病気になるリスクがかなり減少しているようで、いくつかの調査では、コーヒーを飲む人は糖尿病患者になるリスクが23~67%低下していることが示されています。457,922人が参加した18の研究を考察した大規模なチェック研究において、1日1杯のコーヒーは、タイプ2糖尿病について、7%のリスク減少が関係づけられています。

 

 

肝心な点:

多数の調査は、コーヒーを飲む人にはタイプ2糖尿病になる危険性が低下することが示されていました。

 
コーヒーを飲む人は、肝疾患のリスクが低下しています。

 
肝臓は、体で何百もの異なる機能がある信じられないほど重要な器官です。肝臓は、過剰なアルコールとフルクトースの摂取量のような、現代にありがちな刺激物に、非常に敏感です。肝障害の末期は、肝硬変と呼ばれていています。

 

 

1日4杯以上のコーヒーを飲む人は、最も強い影響力を与え、肝硬変になるリスク低下率が84%にまで達しています。肝がんも、一般的なものです。世界中のガン死因の第2位。コーヒーを飲んでいる人々は、肝がんのリスク低下率が40%にまで達しています。

 

 

肝心な点:

 

 

コーヒーを飲む人には、肝硬変と肝がんのリスクがかなり低下しています。より多くコーヒーを飲むほど、リスクが低下しています。コーヒーを飲む人々は、ウツと自殺のリスクがかなり低下しています。ウツは、信じられないほど一般的な問題です。ウツは世界で最も普通の精神病で、生活の質が著しく低下します。2011年から始まっているハーヴァードの一つの研究では、最も多くのコーヒーを飲んだ人々は、ウツになるリスクが20%低下していることが分かりました。

 

 

3つの研究を見直した1つのレビューでは、1日当たり4杯以上のコーヒーを飲んだ人々は、自殺率が53%低下するとの事でした。

 

 

肝心な点:

 

 

研究では、コーヒーを飲む人々にはウツのリスクが低下し、自殺率も低下することを示しているようです。いくつかの調査では、コーヒーを飲む人は、より長く生きることが示されています。コーヒーを飲む人には、多くの一般的で、致命的な病気、そして自殺リスクが低下するとすると、コーヒーは、より長く生きる事をサポートしてくれることを意味するでしょう。実は、これを裏付ける正当な証拠があります。2012年にニューイングランド・ジャーナル・オヴ・メディシンで発表さた調査では、50~71才、402,260人の個々の習慣をチェックしました。

 

 

この研究において、コーヒーを飲んだ人々は、12~13年の研究期間に死亡する確率が、非常に低下していました。

 

 

コーヒーと死亡率の関係

 
スイートスポットは1日に4~5杯であるようで、男性で12%、女性で16%、死亡率が低下しました。

 

 

本ページでは、コーヒーが、どのようにあなたをより長生きさせる可能性があるかということについて、理解する手助けとなります。

 

 

肝心な点:

 

いくつかの調査では、コーヒーを飲む人は、より長生きであることを示しました。多くの病気リスク低下が見られていることから、長生きであるという事実については、完全に筋が通ります。最も強い影響力を持つレベルは、1日にコーヒー4~5杯であるようです。

 

 

ただ、カフェインは不安を引き起こす可能性があり、睡眠を妨げる可能性があります。悪い点に言及することなく、良い点についてだけ話すのは、正しい事ではありません。実際、個人の体質などにもよりますが、若干の重要なネガティブ面も、コーヒーにあります。あまりに大量にカフェインを取りすぎると、神經過敏、不安、動悸、パニック発作を悪化させる可能性があります。カフェインに敏感で、刺激を受けやすい傾向があるのであれば、コーヒーを飲むべきではありません。

 

 

もう一つの不必要な副作用は、カフェインが睡眠を妨げる可能性があるということです。コーヒーがあなたの睡眠の質を低下させるのであれば、遅い時間、例えば午後2時以後のコーヒーを避けてみてください。カフェインは若干の利尿作用と血圧上昇作用もあります。これは通常定期的な摂取で無くなります。しかし、1~2mm/Hgの血圧増加は、継続するかもしれません。

 

 

肝心な点:

 

カフェインは、いろいろな負の影響、例えば不安を引き起こしたり、睡眠を中断することのような性質を持っている可能性があります。

 

 

しかし、これは大いに個人に依存します。カフェインには中毒性があります。一つの問題がカフェイン、これには多くの人に中毒性があります。

 

 

人々が定期的にカフェインを摂取すると、耐性ができてきます。すると、同じ量では作用が弱くなり、同じ作用を得るには、より多くの用量が必要になります。

 

 

カフェインを控えると、頭痛、疲労、意識の低下、短気のような禁断症状がでます。これは、2~3日間続く可能性があります。

 

 

肝心な点:

 

カフェインは、中毒性のある物質です。耐性ができ、禁断症状である頭痛、疲労、短気は、研究で十分に裏付けられています。

 

 

レギュラーコーヒーとカフェイン抜きコーヒーの違い

 

 

一部の人は、レギュラーコーヒーの代わりにカフェイン抜きのコーヒーを選びます。

 

 

カフェイン抜きのコーヒーは通常、コーヒー豆を溶解力のある化学製品できれいにすることに作られています。

 

 

これがされるたびに、カフェインの数パーセントは溶媒に溶解し、大部分のカフェインが除去されるまで、このプロセスが繰り返されます。

 

 

しかし、カフェイン抜きのコーヒーでさえ、若干のカフェイン(レギュラーコーヒーより非常に少ない)を含むことを心にとめておくことは、重要です。

 

 

残念なことに、レギュラーコーヒーの健康効果の全てが、カフェイン抜きのコーヒーにあてはまるというわけではありません。

 
たとえば、いくつかの研究では、カフェイン抜きのコーヒーを飲む人々では、タイプ2型糖尿病、パーキンソン病、肝疾患のリスク縮小が見られませんでした。

 

 

肝心な点:

 

カフェイン抜きのコーヒーは、カフェインを溶媒を使ってコーヒー豆から引き抜くことによって作られます。

 
カフェイン抜きのコーヒーが、レギュラーのコーヒーと同じ健康効果の全てを持っているというわけではありません。

 

 

健康効果を最大にするために心に留めておくべき事

 

あなたがコーヒーから得る有益な健康効果を最大限に引き出すためにできるいくつかの事があります。

 

 

最も重要なものは、コーヒー自体に不健康な他のどんなものも加えない事。これは、砂糖、他の人工、科学的なクリーマーも含みます。

 

 

もう一つの重要なものは、濾紙でコーヒーをいれることです。濾過されてないコーヒー、例えばトルコやフランスのプレス)は、コレステロールを含み、コレステロール値を上昇させること可能性があります。

 

 

また、スターバックスのような場所のコーヒー飲料のいくつかは、何百ものカロリーと、一杯の砂糖を含んでいる可能性も心に留めておいて下さい。これらの飲物は、健康でありません。肝心な点:砂糖または化学物質を含んだクリーマーを、あなたのコーヒーに入れないことは、重要です。濾紙で利用することは、コレステロールを上げる合成物を取り除くことができます。

 

 

あなたは、コーヒーを飲まなければならないか?

 
確実にコーヒー摂取を避けるか、しっかりと制限したい人々は一部います。特に妊婦は注意が必要です。不安問題、高血圧、不眠症のある人々も、症状が悪化するかどうか観察するために、しばらくコーヒーを制限をしてみる必要があるでしょう。

 

 

ゆっくりカフェインを代謝する人々にとっては、コーヒーを飲むことで心臓発作のリスクが増加したという証拠も存在します。

 
全てを眺めてみて、平均的な人にとって、コーヒーが健康に重要で有益な影響を及ぼす可能性がある事は明白なようです。

 

 

もし、あなたがコーヒーを飲まないのであれば、以上の健康への恩恵があったとしてもコーヒーを飲み始める説得力のある理由とはならないかもしれません。

 

 

ネガティブな面も、同様にあるからです。

 

 

しかし、あなたがコーヒーをすでに飲んでいる、そして、それを楽しんでいるのであれば、その恩恵は、ネガティブな面をはるかに上回るでしょう。

 

 

 

コメントを残す