に投稿 コメントを残す

コーヒーは体に良くないの?適度な摂取を心がければ、コーヒーにはたくさんの健康に良い点があるんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ピックアップ注目!!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆オーガニック(有機栽培)コーヒー
https://coffeeeee.net/product-category/coffee-categories/organic/

◆ハーブティー
https://coffeeeee.net/product-tag/%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc/

 

コーヒーは多くの健康的に良い点があります。しかし、同様に少数のリスクも伴います。

・コーヒーは、適度な摂取を心がけるならば、体に悪いわけではありません。

・コーヒーはたくさんの健康に良いことがあります。元気になったり、必要な栄養が含まれていたり、心臓病や、2型糖尿病のような長期にわたる病気のリスクを低減させたりもします。

・しかしながら、コーヒーを大量に摂取したり、コーヒーにたくさん砂糖を入れて飲むならば、コーヒーは体に害をもたらす可能性があります。この記事では、適量かどうかを知る手がかりを紹介します。

・この記事は、かかりつけ医であり、テキサス・A&M・カレッジ・オブ・メディシンの臨床助教授であるジェイソン・R・マックナイト氏(MD,MS)によって医学的に記されました。

アメリカ人のうち、およそ49%の大人が、コーヒーを日常的に飲んでいます。では、コーヒーは健康に良いのでしょうか、悪いのでしょうか。研究によると、摂取量に応じて、良い点と悪い点の可能性が指摘されています。

この記事では、コーヒーを飲むことについて、知っておくべき利点とリスクを紹介します。また、コーヒーの優れた効果を得るために、どの程度の量を摂取すれば良いのかも紹介します。

コーヒーを飲むことで、元気になり、集中力を高めます

コーヒーは集中力や注意力を高めます。朝の気怠さから目覚めさせ、コーヒーを飲むことで元気を得ます。コーヒーにはカフェインが含まれているからです。このカフェインは、向精神薬のひとつです。中枢神経系を刺激し、注意力、集中力、幸福感を感じるように気分を変化させます。この効果は通常、約4時間持続します。

参考に、8オンス(226グラム)のコーヒー中には、約133ミリグラムのカフェインが含まれています。同量のお茶の中には、わずか53ミリグラムのカフェインしか含まれておらず、12オンス(340グラム)のソフトドリンク中には、わずか65ミリグラムのカフェインしか含まれていません。

コーヒーは偏頭痛の痛みをやわらげます

偏頭痛の発症時には、脳内の血管が拡張し、血流が増加します。コーヒー中のカフェインは血管を縮小させ、脳内の血管を狭くすることで、血流を低下させ、痛みを和らげます。

頭痛の治療法の多くにカフェインが使用されているのは、そのためです。たとえば、市販薬のエキセドリンやBCパウダー、処方箋医薬品のフィオリセットがそれにあたります。

コーヒーは長期にわたる健康を支えます

ジャーナル・ディベート・ケアが2006年に発表した研究では、デカフェであるかどうかにはかかわらず、コーヒーを飲むことで、中年からより若い年齢の女性の2型糖尿病の発症リスクが低くなったと示されています。これらの結果からは、インスリン値を一定に保つことに関して有益であるのは、カフェインだけには限らないということがわかります。

「コーヒーは、老化防止剤や微量栄養素が含まれているために、心臓発作や脳卒中を引き起こす循環器疾患のリスクを減らすとも考えられています」と、キュレーティブ・ニュートゥリションのオーナーであり、プライベート・ニュートゥリション・カウンセリング・プラクティスであるキャロル・パディソン(RDN,LD)氏は述べます。

コーヒーには、日常的に摂取されるべき他の栄養素の大部分は含まれていない一方で、以下のビタミンやミネラルが含まれています。

・ナイアシン 1杯のコーヒーには約0.5ミリグラムのナイアシンが含まれています。肌を健康にし、消化を助ける作用のあるビタミンB群の仲間です。

・カリウム 1杯のコーヒーには約16ミリグラムのカリウムが含まれています。心臓の動悸を正常に保ち、筋肉と神経系の働きを助けます。

・マグネシウム 1杯のコーヒーに約7ミリグラムのマグネシウムが含まれています。重要な 調節酵素であり、骨を強くし、心臓を健康に保ちます。

コーヒー飲料の中には不健康な材料が含まれていることもあります

しかし、どのようにコーヒーを飲むのかが重要です。「コーヒーは健康に役立ち得ます。ただし、砂糖を大量に入れたり、むやみに摂取しない限りにおいては、です」と、パディソン氏はいいます。「健康を害さないためにブラック・コーヒーを飲まなければならないというわけではありません。かれども、どのようにコーヒーに味を加えるかには注意を払わなければなりません」。

スターバックスのような人気のコーヒー店では、多くのドリンクに液状の砂糖が大量に含まれています。その代表的な例がホワイト・チョコレート・モカです。430カロリーのラージサイズのドリンクで、53グラムの砂糖と18グラムの油分が含まれています。

摂取のしすぎは健康を害する場合もあります

コーヒーによって受ける影響は人によって異なります。刺激物としてのコーヒーの効果に著しく耐性を示す人もいれば、たった1杯で神経が過敏になる人もいます。

もしコーヒーに対して耐性が低いと感じるのであれば、通常よりも多くコーヒーを飲むと、次のような体の症状があらわれるでしょう。

・頭痛

・心臓の動悸

・神経過敏

・不眠症

・お腹の不調

・いらいらする

コーヒーをどのくらい飲めば良いのでしょうか

コーヒーを飲むことで健康的な恩恵を受け、リスクを最小限にするためにも、1日につき48オンス(226グラム)以下の量のコーヒーを飲むべきだと、マヨ・クリニックは奨励しています。これはカフェイン400グラムに相当します。

しかしながら、アメリカン・アカデミー・オブ・ペディアトリックスによると、12歳から18歳の青少年は、1日につき1杯のコーヒーしか飲んではいけないとしています。加えて、妊娠中の女性は、1日につきカフェイン量の摂取は2杯未満に留めなければならないとしています。

重要なこと

全体的に、コーヒーを飲むことで自分自身がどのように感じるのかに注意を払うことが重要です。ある人はコーヒーの効果にとても敏感でしょう。日常的にカフェイン入りの飲料を飲むのに慣れていない人は特にです。けれども、毎日48オンス(226グラム)以下の量を飲むように注意するのであれば、コーヒーは多くの健康的な恩恵をもたらしてくれるでしょう。

コメントを残す