に投稿 コメントを残す

コーヒーはどのようにして脳を保護し、記憶をサポートするのか?

コーヒーを飲むことがエネルギーレベル、消化、さらには運動能力に影響を与えることは誰しも知っています。 これらの物理的影響は一般に即効性ですが、コーヒーの消費も脳の健康に長期的な影響を及ぼします。 さまざまな研究機関が、コーヒーが記憶機能をサポートし、認知症などの神経変性疾患を低下させる可能性があることを示唆しています。

 

コーヒーと脳の健康。

2017年にBoukje van Gelder氏とその同僚は、コーヒーが認知機能低下から守ったかどうかを確認するために10年以上研究してきた676人の高齢男性について報告しました。 彼らは、コーヒーを飲んだ男性は飲まなかった男性よりも認知機能低下が少ないことを発見しました。

1日に3杯のコーヒーを飲んだ人に最大の効果が見られました。3杯に対し、多い、少ないに関しては、劇的な効果は見られませんでした。

2009年の別の研究では、Marjo Eskelinenと彼女の同僚は、コーヒーが認知に役立つかどうかを確認するために21年以上追跡してきた人々のグループについて報告しました。 彼らは、中年期のコーヒーを飲む人は、コーヒーを飲まなかった人や12杯まで飲んだ人と比較して、認知症とアルツハイマー病のリスクが晩年に低いことを発見しました。 認知症のリスクが最も低いのは、1日に35杯のコーヒーを飲んだ人でした。

コーヒーが脳をサポートする3つの方法。

コーヒーが脳を保護する方法はいくつかあります。 これらはほんの一部です:

  •  

カフェイン:カフェインはセロトニンとアセチルコリンを増加させます。これらは脳を刺激し、血液脳関門を安定させるのに役立ちます。

  •  

ポリフェノール:コーヒーに含まれるポリフェノールは、フリーラジカルや、脳血管の閉塞による組織の損傷を防いでくれます。

  •  

トリゴネリン:コーヒー豆には高濃度のトリゴネリンが含まれており、抗酸化物質を活性化して脳血管の保護してくれます。

他の物よりも良いコーヒーはありますか?

利点にもかかわらず、コーヒーのすべての物質が役立つわけではありません。 ろ過されていないコーヒーには、ジテルペンと呼ばれる天然油が含まれており、LDLコレステロール値を上昇させます。 これらは潜在的に脳内の動脈壁の肥厚と硬化を引き起こす可能性があります(ただし、有用な抗炎症作用があります)。

コーヒー豆を焙煎すると形成される化学物質であるアクリルアミドは、神経伝達を阻害し、ドーパミンニューロンを破壊し、酸化ストレスを増加させる可能性があります。 コーヒー中のアクリルアミドの量は変動する可能性がありますが、一般的には、暗く(深く)焙煎した物や、新鮮なコーヒー豆は、量が最も少なくなります。

 

結論。

コーヒーにはさまざまな化学物質が含まれているため、コーヒーが認知症を防ぐことができるかどうか、研究者は断定できません。 ただし、適度に摂取すると、悪いどころか、より良い効果があります。 さらに、それは人生の後半に利点があるかもしれません。

124杯、または1日あたりカフェイン400 mg未満をお勧めします。深く焙煎した挽きたてのコーヒー豆を飲むと、不要な化学物質を減らすことができます。

コメントを残す