に投稿 コメントを残す

コーヒーはあなたの健康に良いか?科学的見解

何年もの間、コーヒーは不健康な嗜好品であり、発がんの可能性もあるとさえ見なされてきました。しかし最近の研究では、コーヒーは発がん性物質ではなく、適度に飲用しさせすれば、より健康的な効果を得られると、ニューヨークタイムズのマックキーンは報告しています。

コーヒーは発がん性があると考えられていました。

コーヒーの悪評の一部は、それが発ガン性物質であるという疑念から生じました。コーヒー豆を焙煎すると、化学物質であるアクリルアミドが生成されます。これは、米国癌協会(ACS)によると、動物の飲料水に一定量で入れたときに、マウスとラットの癌のリスクを高めることが示されています。「人々が食品にさらされるレベルよりも1,000から10,000倍高い。」その疑念は2010年に訴訟になり、カリフォルニアのコーヒー業界に焙煎プロセスからアクリルアミドを排除し、飲料に警告ラベルを含めるように働きかけました。

 

しかし、公衆衛生の専門家は動物実験の結果を人間に外挿法によって推定することに対して警告を発しており、最近の研究ではコーヒーが実際にいくつかの癌を発症するリスクを減らす可能性があることさえ示唆しています。その結果、2016年の世界保健機関は、「発がん性の可能性がある物質」のリストからコーヒーを削除し、「コーヒーを飲むことによる発がん性の影響に関する決定的な証拠はない」と述べています。

 

コーヒーはどのようにして悪評を覆したのか。

 

マックキーンの報告によると、WHOが「発ガン性物質の可能性あり」リストからコーヒーを削除したのとほぼ同時に、この飲み物のイメージが米国の食事ガイドラインから大きく躍進したとのことです。2015年にHHSは、健康的な食事の一部として初めて適度なコーヒーを飲むことを推奨する食事ガイドラインを発表しました。

 

マックキーンの報告によると、コーヒーに関するこれまでの研究では、コーヒーを大量に飲む人は喫煙者でもあるかどうかなどのライフスタイルの要因は考慮されていませんでした。それが行われると、それはコーヒーが実際にあなたにとって良い物だと示すはずです。

 

National Cancer Instituteの研究員であるエリカ ロフトフィールドによれば、「コーヒーが死亡リスクの低下と関連しているという証拠はかなり一貫しています」。

 

BMJ 2017年の1つのレビューでは、ほとんどの場合、コーヒーは健康上の利益に関連しており、害にはならないことがわかりました。そのレビューのために、研究者らは他の200件以上の研究レビューを検討し、適度なコーヒー消費が心血管疾患の発生率の低下とすべての原因による早期死亡に関連していることを発見しました。

とはいえ、エジンバラ大学の教授であり、BMJ研究の共著者でもあるジョサン ファローフィールド氏は、コーヒーの健康効果に関する研究の多くは観察的であり、したがって因果関係ではなく相関であると警告しました。「コーヒーが健康上の利点の原因であるかどうかは、はっきりとはわからない」と彼は言います。「これらの発見は、コーヒーを飲む人に存在する他の要因や行動が原因である可能性があります。」

 

節度を覚えること。

 

また、最近の研究ではコーヒーの消費量と健康との関連が指摘されていますが、科学者たちはカフェインを過剰ではなく適度に摂取することを覚えておくことが重要であると述べています。

HHSの食事ガイドラインによると、1日あたり400ミリグラムを超えるカフェインがどのように人の健康に影響を与えるかについてはあまり研究されていませんが、カフェインの高用量がカフェイン中毒を引き起こし、震え、緊張、そして 不整脈になるとされています。

マックキーンは、カフェインの消費を制限することは特定の人たちにとって特に重要であると報告しています。 たとえば、一部の医療提供者は、カフェインが胎盤から胎児に移動する可能性があるため、妊娠中の母親がカフェインの消費量を1200ミリグラム以下に制限することを推奨しています。 とはいえ、アメリカ産科婦人科学会によると、妊娠中に消費しても安全な量のカフェインについて調査研究中です。

 

マックキーン氏は、コーヒーを飲むときに注意すべきもう1つのグループは、カフェインをゆっくりと代謝する人々であると報告しています。イタリアのカターニア大学で人間栄養学の助教授を務めるグロッソによれば、一部の人々はカフェインの代謝を遅らせ、コーヒーは数杯飲ませるが、カフェイン摂取は1杯しか可能でない遺伝的変異を持っている。

 

しかし、平均的な人にとって、適度にコーヒーを飲んでも心配はないと医師たちは言う、とマックキーン氏は報告している。NYUスクールオブメディシンの消化器専門医で臨床准教授のソフィー バルゾラ氏は、「コーヒーから人を奪うことは残酷のようだ」と述べています

コメントを残す