に投稿 コメントを残す

コロナ時代のコーヒー

国内の雇用者たちは、細心の注意を払いながら従業員たちを職場に呼び出しはじめています。経営者たちは、コロナウイルスの拡大によって生じた損害を補う機会を得ました。しかし、経営者は、お客様とお客様に接する従業員たちの信頼を得るためにも、職場のコーヒー・サービスを安全に管理しなければなりません。従業員、特にお客様と面会する役割を担う人は、適切な働き方を学ぶことから始めなければなりません。

「自分たちの職場の休憩室では、すべての従業員が、現場で予想されることに対応できるようにしています。そして彼らと常にチェックし合っています」とシアトル・メトロポリタン・エリアのポトゴールド・サービスで、海外の販売やマーケティングを行っているブレイク・ジョーンズ氏はいいます。「お客様に接するとき、従業員は必ず、グローブ、フェイスマスク、消毒液といったコロナ対策グッズを身に付けています。道具や備品は清潔な状態にし、ソーシャル・ディスタンスを必ずとるようにしています」

従業員が確実にコーヒー・サービスを利用できるよう、休憩室では、サービスの利用者と協力して、安全面に関する注意書きをわかりやすい位置においています。そうすることで、経営者は、職場のコーヒー・サービスの運営に関するあらゆる不便さをなくすよう努めることができます。

「職場や休憩室ではソーシャル・ディスタンスを確実に守るよう、サービス利用者にお伝えしてきました。機器を使用する際は、確実に一度に一人だけが使うようにしてきました」とジョーンズ氏はいいます。「洗浄液、手の消毒液、コロナ対策グッズは、幅広く準備しており、職場全体で使用するよう勧めています。マドラーなどの用具は個別に包装され、利用者が休憩室で使われても安全なものにしています。」

コロナウイルスの影響により、休憩室から使い捨てプラスチックをなくそうとする動きは、なくなるには至らなかったとしても、中断されるようになりました。長期的な最適解ではないでしょうが、プラスチックの袋にくるまれた製品は、利用者の安心につながります。

「安全のためには共用よりも使い捨て品のほうが望ましいです。クリームや砂糖の入った共用の容器は用いず、小包装された物を使うことになります」と食堂の最高情報責任者であり、最高戦略責任者任のマイク・コフィー氏は述べています。「小包装されたコップやマドラーが必要とされています。コロナ以前は、持続可能な資源や、持ち運びができる水筒が注目されていました。いまでは、ウイルスの得体のしれなさや恐れから、プラスチック包装されたものが浸透しています」。

しかし、包装されていない物も、数少ない場においては安全に用いられることもあります。

「包装されていない物を使うときでも、コップを検出して飲み物を入れる自動センサーを用いるといった安全な使い道もあります」とコフィー氏は述べます。「多くのメーカーでは、空のポットにコーヒーを入れるシステムとして、職場のコーヒースペースの容器にはハンドル付きの機械が導入されているのです」

利用者が機械に特定の容器を入れる際にその容器に触れてしまう場合がある一方で、豆を容器に入れる機械の中には、触らなくても使用できるものもあります。

「基本的に、QRコードを読み取ると、機械のバックエンドからURLを読み込み、携帯で操作できるようになります」とコフィー氏はいいます。

カフェクション|エヴォカの、ソフィア・タッチレス・ソリューションは、IOTテクノロジーによって、一切触れることなく、コーヒーを入れることができる製品を提供しています。

「コーヒー産業や利用者がより安全に用いることができる代替法を、ソフィア・タッチレス・ソリューションは提供します」とカフェクション|エヴォカのCEOであるフランソワ・バロン氏はいいます。「より清潔で安全な代替法への関心が高まってきたなかで、画面つきのカフェクション製造機に導入できるようなタッチレス機能をつくりたいという考えが生まれてきました。ソフィア・タッチレス・ソリューションでは、OCSの経営者によって安全なコーヒーを入れる環境をつくりだすことに成功しました」。

多くの場合、OCSの経営者は、15分以内の簡単なソフトウェア・アップデートを行うことで、タッチレス機能を使用可能になると、バロン氏は加えていいます。

メーカーでは、触れずにコーヒー以外の飲み物も入れることのできる方法を、職場に導入することを提案しています。ペプシコでは、最近、環境に優しく、モバイル対応のドリンクウォーターサーバーの新作、ソーダ・ストリーム・プロフェッショナルは秋の販売が発表されました。このウォーターサーバーでは、モバイル・アプリを使用することで、自分の好みの味付けや、炭酸の量、温度の調節ができます。ユーザーは水分摂取量を記録することができたり、お気に入りの味付けをアプリに登録できたり、どれほどペットボトルを節約できたかを知ることができます。

「ビジネスが再開するにつれて、人々の健康と地球環境保全の結びつきについて、広く検討されるようになりました」ペプシコのグローバル・フードサービス統括技術企画官である、アジール・リヴァーズは述べます。「安心感やセルフサービスによる個人化のシステムをともないつつ、利用者には、多様性を提供することを望む経営者にとっては、これは興味深い挑戦になるでしょう。これこそが、コロナ以後の世界において、経営者に理想的な選択肢のひとつとして、ソーダ・ストリーム・プロフェッショナルが機能する理由なのです。ソーダ・ストリーム・プロフェッショナルによって、これまでのウォーターサーバーは、デジタル・インターフェースやモバイルアプリとの連携を通じて、すべてが人々の好みにカスタマイズされる新たな体験を提供するようになるのです」。

リヴァーズは「ソーダ・ストリーム・プロフェッショナルによって、一度も機械に手を触れることなく、100種類以上の味付けの組み合わせの飲み物を楽しむことができる」と述べています。

「スマートフォンを使用すると、自分好みの飲み物を登録することができ、さらに一回のタップでマイボトルに飲み物を入れることもできます」とリヴァーズは続けて言います。「マイボトルには、特別なQRコードを搭載することで、お気に入りの飲み物や、これまで飲んだ飲み物を確認することができます。アプリをもっていない方にも使っていただけるよう、ソーダ・ストリーム・プロフェッショナルは画面選択をほんの数回だけ必要とします。また注ぎ口は、手で栓をひねることなくボトルに飲み物を入れられるようにしています」。

ジョーンズは、ポトゴールドは、OCSの利用者のためにタッチレス機能を搭載し、この分野の新技術に常に注意を払っているといいます。

「現在も十分設備は整っており、タッチレス機能を搭載した多くの機会が職場には設置されています——これは間違いなく、業界のターニングポイントだといえるでしょう。準備が整い、待ち遠しくもあります」とジョーンズ氏は述べます。「これらの機器を生産していメーカーにいち早く気づき、お客様にお伝えしたことで、お客様からは、多くの関心と優れたフィードバックをいただけました」。

コロナの流行によって在宅勤務がおこなわれたときは、OCSの経営者たちは多くの場合、利用者の低減を経験しました。しかし、職場に人々が訪れる限り、コーヒーを飲むことが期待されるという強い確信がここには見られます。

「この分野におけるコーヒーは、少し従来とは異なるものになるでしょう。しかし、それは必要なことだと考えています」とコフィー氏は述べる。「人々はコーヒーを必要としているのです」。

コメントを残す