に投稿 コメントを残す

オーストラリアのコーヒー文化

世界中のコーヒーが集まる

 

 

オーストラリア人は、世界中で見ても。コーヒー愛好家の特に多い国の一つといえます。
オーストラリアは、世界のほとんどの国から、コーヒー豆を輸入し、受け入れています。
さらに、オーストラリアのコーヒー文化は都市の中心部、トレンディなビーチサイドの休暇のための保養地に縛られているわけでは無く、多数の国の町、ワイン産地、と関係しています。
コーヒーは、1788 年に、最初の艦隊に積まれて持って来られました。品質に関しては疑問符の残るものでしたが、1950年台に質の良いエスプレッソ コーヒーが導入されるまで続いていました。
これは主としてヨーロッパからの移民の影響が大きく、イタリア、ギリシャ、フランス、トルコ、オーストリア、ハンガリーなど、いつも自宅でコーヒーを楽しんでいた家族たちの影響ですが、彼らにするとオーストラリアで、常に近所のカフェで、人気のエスプレッソやラテを見つけることは簡単ではなかったようです。

 

 

 

コーヒーの消費量は劇的に増加

 

 

過去数十年、コーヒーの消費量は劇的に増加し、現在、オーストラリア人一人当たりの年間コーヒー消費量は2.9 kg。50年前はわずか0.6 kgでしたから、その増加ぶりが分かります。

 

 

カフェの大規模なオープンもありますが、屋外の飲食に最適な気候で、ショッピング モール、ビーチ、公園、路上のカフェ、テーブルでコーヒーを楽しむことができるのも一因となっているようです。

 

 

コメントを残す