に投稿 コメントを残す

イタリアのコーヒー文化

悪魔の飲み物

 

コーヒーは赤道気候で育つもので、イタリア原産のものはありません。ここではコーヒー豆の潜在的な香りを高めるための準備方法をご紹介します。
コーヒーは、約 800万袋が毎年輸入され、イタリア文化のとって不可欠な存在とっています。イタリア人は、萌香鍋、カフェ、レストランがあれば、自宅でも職場でも、エスプレッソ コーヒー メーカーで作られるコーヒーを、様々な場所で飲みます。
ヴェネツィアで、1570年にコーヒーの取引開始し、1683年にサン ・ マルコ広場で最初のコーヒー店が開設されました。

さまざまな教会のメンバーはコーヒーを「悪魔の飲み物」と命名し、導入に反対しました。

ところが、教皇クレメンス8世は、コーヒー1杯を飲んだ後「このような美味しい飲み物は、非信奉者によってだけ飲まれています。我々はこの飲み物に祝福を与えることで、キリストの飲み物とし、サタンを打ち負かしましょう。」と言いました。

このことで、コーヒーはイタリア中に広がり、エレガントなコーヒーショップにも、謙虚な家庭的施設にも、芸術家、政治家、作家にも広まり、好まれることになりました。

エスプレッソ コーヒーメーカーの発明

イタリア語で「エスプレッソ」という用語は「即席で作られた」を意味します。この方法は、カフェやレストランでのコーヒー準備時間を短縮する方法として完成したもの。
エスプレッソ コーヒー メーカーの最初のプロトタイプは 1855 年までさかのぼり、パリ万国博覧会で発表されたものです。数年後、1901年にミラノ出身のエンジニア、ルイージ ベゼラ(Luigi Bezzera)が、最初の蒸気エスプレッソ コーヒー メーカーを作成します。ベゼラの研究とラ ・ パヴォーニやトリノのビクトリア オーデュイノを含む、多くのイタリア企業の先端テクノロジー技術の進歩によるものです。

1948 年にアキレス ガジア (Achille Gaggia)が、香りの良い、コンパクト高圧抽出システムを紹介し、これが、現在、我々がよく知っているエスプレッソマシーンです。

1940年代と1950年代初頭の間、エスプレッソ コーヒー メーカーの製造業者は彼らの生産を工業規模に拡大。1949 年には、よく知られている建築家のジオ ・ ポンティにはラ ・ パヴォーニで制作された、水平釜で最初のエスプレッソ システムが設計されています。この発明が、コーヒー メーカーの美学の分岐点を示したとも言えます。

コーヒーメーカーは、さらに進化して 1961年ファエマ(Faema)によりE-61 コーヒー メーカーが準備されました。その熱サイフォン システムのおかげでコーヒー メーカーが長い間稼働していなくても、一定温度を維持することができるようになりました。

自家製コーヒー: モカ・ポット

アルフォンソ ビアレッティによって 1933 年に発明された、モカ・コーヒー・ポットは、長年にわたってそのデザインを変更されていません。それはもともと「モカ ・ エクスプレス」という名前で、ベークライトのハンドルとともに、4つのアルミニウム製メインパートから成りたっています。現在のモカ・コーヒー・ポットは、鋼から作られていますが、アルミニウム製のものも、まだまったく同じ方法で動作します。

エスプレッソ システムとモカ・コーヒー・ポットは、イタリア人の準備方法やコーヒーのの味方に革命をもたらしたらしました。

そして、その後、コーヒー メーカーは進化を続け、常に完璧なエスプレッソを目指し続けています。

コメントを残す