に投稿 コメントを残す

なぜ断続的断食は、便秘を引き起こし、そしてお通じの問題を引き起こすのか。 理由は予測よりも簡単

断続的断食(IF)は体と健康にとてつもない変化を引き起こす。減量から良い眠りまで。しかし誰も本当に、便秘のようなお通じの問題を警鐘しない。そう。時によっては断続的断食は腸の運動の乱れを引き起こす。

便秘とは断続的断食の副作用だけで起こされる物ではない。中によっては下痢のような違う作用を受ける人もいる。

 

イライラしないでお通じの問題が起きても。「断続的断食(IF)を始めて、腸の動きが変わったとき、そこには明白な理由がある」と医学博士の シンシア博士は言っています。 シンシア博士 はブルックリンの胃腸科医連合に所属する胃腸科専門の医師です。

彼女は続けて説明します。「お通じの詰まりと腸の動きは正にあなたが口に入れた物とそうでないものに影響を受けています。」

断続的断食によって腸の動きが変化する理由を知るために読み進めてみて下さい。そして シンシア博士の腸内がスムーズに動く秘訣を読んでみて下さい。

なぜ断続的断食によって便秘を起こす人がいるのでしょうか?

食事の変化は腸の動きを簡単に変えてしまいます。 シンシア博士は強調します。断続的断食に関して言えば、脱水症状と食物繊維不足の結果として我々は便秘に苦しんでしまいます。

考えてみて下さい。ウィンドウイーティングが減ったことにより、食べる量が減ったならば、腸の動きを正常に保つために必要な十分な栄養素、特に食物繊維を摂取することが出来ません。食物繊維は、お通じに嵩を与え、消化管の食物の通りを流れやすくすることにより、消化器系の機能を正常に保つ働きをするのです。なので、十分な量が得られなければ、トイレが赤くなるという良くない結果を引き起こすのです。

十分な水やその他流動食を取らなかった場合、同様のことが起こります。もし十分な水和物を取らなければ、お通じの流れはとても大変な物になります。ですので食事中に十分な液があれば、食物繊維しか効果的でないのです。

もしあなたがより刺激の強いOMAD式ダイエットのような断続的断食を実践したならば、より水分を摂取する機会は減ってしまいます。水分摂取量が少なくなると、便秘になるリスクはかなり上がります「断食の期間が長くなれば、水分を取る量は減ります」と シンシア博士は言っています。加えて食べ物も同様に水分を保有していることを忘れてはなりません。

シンシア博士は、便秘とは一般に一週間で三周期の腸の動きが低減していることを言います。または3日それ以上腸の動きが無きことです。便はあっても便秘症状を抱えることがあります。と シンシア博士は言います。「便の状態というのは、固さ、大きさ、乾燥度合いを考慮し、さらには通過するまでの伸び縮みが必要です。これらの尺度が便秘を決めるのです」

正反対の症状、下痢を抱えたら。

あなたがもし食事を変えて、便の量が減ったと気にするならば、本当にそうかもしれません。「断食単独で下痢を起こすことはありません。」彼女は言います。下痢には沢山の理由があると言われています。「最も共通して明白な理由は、ラクトース不耐性とある特定の薬物治療です」

「なのである明白な説明が、あなたの食事に関し新しい説明を加えたかもしれません。つまり普段の食事などに対し、付耐性を持っているのに気づかなかったと言うこと。他方で、甲状腺疾患、過敏性腸症候群、小児脂肪便症や結腸の感染、または新しく行った投薬療法のような物で、下痢を引き起こす理由が存在しているか考えなければならない。」と シンシア博士は言っています。

もしあなたが下痢の症状を抱え、改善が見られなければ医師に相談してください。

断続的断食中に腸を正常な動きを保つためにはどうすれば良いでしょうか?

 

シンシア博士はそれをシンプルに述べています。「非断食期間により多くの水とより多くの食物繊維を摂取することで、断続的断食期間中の便秘を解消することが出来ます」以下に端的に纏めたアドバイスを書きます。

 

 

・食物繊維の量を増やしましょう。 シンシア博士は、活動的な人は1日に25~30グラムの食物繊維が必要と推奨しています。十分な量の食物繊維は、お通じに十分な大きさを持たせ、通過させやすくします、そして本当にスムーズに通過するのです。スィートポテトから芽キャベツまで、食物繊維を多く含む食物が沢山あります。食事に加えてみて下さい。

 

・十分な水を飲むこと。「日常の水の摂取は、3リットル~4リットルを進めます。」と シンシア博士は言っています。「水と食物繊維を加えることは、便単独で動くことを手助けしてくれる秘訣です」

 

・コーヒーを飲むこと。コーヒーは消費後、4分程度で腸の動きに働きかけをします。「信じるかどうかは別として、その動作のメカニズムは完全に解明されていません」 シンシア博士は言います。「私たちが知っていることは、コーヒーは結腸中の受容体に刺激を与え、作用します。そしてですので、カフェインそれ自体は悪者ではないのです」朝にコーヒーを飲んでみて下さい(たとえ無糖であれ、ゼロカロリーであれ、断食を続けるため)

 

・より活動的に。「肉体的運動は、腸の運動を刺激します」と シンシア博士は述べています。また シンシア博士は、加えて「座って動かない生活は便秘の原因になる」と説明しています。「腸の運動の増加は、結腸に滞在する便の時間を短くし、その時間が短くなることは便から吸い取られる水分の量が減ることを意味する」と説明します。つまり、便の乾燥と固さが抑えられ、通過しやすくなるのです。「どんなエクササイズも腸の運動を刺激するのに有効です。ですので、有酸素運動は最も効果的かもしれません。何故かと言いますと、血流が、胃腸器系管を含めた各臓器に行き渡るからです。」

コメントを残す